この記事では「与太を飛ばす」について解説する。

端的に言えば与太を飛ばすの意味は「いいかげんなでたらめを言うこと」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は日本文学部卒の現役WEBライター、ヒマワリを呼んです。一緒に「与太を飛ばす」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ヒマワリ

今回の記事を担当するのは、日本文学科卒で現役ライターのヒマワリ。専攻は近代文学だが、古典からマンガまで幅広く読んでいる。受験生家庭教師の経験を生かして、「与太を飛ばす」についてわかりやすく丁寧に説明していく。

「与太を飛ばす」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

与太を飛ばす」は「よたをとばす」と読みます。あまり、耳慣れない慣用句ですが、小説や、映画などのセリフで聞いた事があるでしょう。簡単に言うと「ふざけて嘘をつく」ことですが、「与太」とは一体なんのことでしょうか。それでは早速「与太を飛ばす」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「与太を飛ばす」の意味は?

まず初めに「与太を飛ばす」の正確な意味を辞書からの引用で確かめてみましょう。「与太を飛ばす」には、次のような意味があります。

1.でたらめを言う。ふざけてくだらないことを言う。よたる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「与太を飛ばす」

上記の通り、「与太を飛ばす」は、ふざけてでたらめを言う、と言う意味です。「与太」には、愚かで役に立たないことや、いいかげん、でたらめ、と言う意味があります。「飛ばす」は「野次を飛ばす」などに使われるのと同じ意味で、遠慮なく言う、強く言う、と言う意味です。つまり「与太を飛ばす」は、いいかげんなことをベラベラと喋る様子を表している慣用句なのですね。そして、辞典からの引用にある通り、でたらめを言うことを「与太」を用いて「よたる」と言うこともあります。

また、同じ「与太」を用いた表現で、「与太話」がありますが、これは「いいかげんなでたらめの話」と言う意味です。併せて覚えておきましょう。

「与太を飛ばす」の語源は?

次に「与太を飛ばす」の語源を確認しておきましょう。

実は、「与太」の由来は、古典落語にあります。古典落語には「与太郎(よたろう)」と言う名前の登場人物がおり、色々な落語に登場します。この「与太郎」は、間抜けな愚か者、と言う設定のキャラクターで、いつも失敗ばかりをして、観客の笑いを取る人物なのです。この落語用語が一般の人々に広まって、馬鹿げたこと、でたらめなこと、を「与太」と言う言葉で表現するようになったと考えられています。

\次のページで「「与太を飛ばす」の使い方・例文」を解説!/

「与太を飛ばす」の使い方・例文

それでは、「与太を飛ばす」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.図書館で一緒に調べ物をしただけで、人気者の彼女とデートしただなんて、とんだ与太を飛ばしたもんだね。
2.子どもが学校でカレーを10回おかわりしたと与太を飛ばしているが、馬鹿馬鹿しくて怒る気持ちにもならない。
3.祖父は、釣り仲間と集まって冗談を言ったり、自分がどれだけ大きな魚を釣ったか与太を飛ばし合うのが最近の楽しみらしい。

例文のように、「与太を飛ばす」は、真偽もわからないようなでたらめを言うことに使いますが、ニュアンスとしては、ふざけて言う、という意味合いで良く使われるでしょう。冗談やくだらない話をすると言う意味でも用いられます。語源が「与太郎」と言う、おもしろおかしい登場人物から来ていますから、コミカルな印象があるのかも知れませんね。子どもが言うことなど、悪意のないでたらめに対して使うにはピッタリの表現でしょう。

「与太を飛ばす」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「与太を飛ばす」の類義語には「でたらめを言う」や「ほらを吹く」などが挙げられます。

その1「でたらめを言う」

でたらめ」は良く使われる言葉ですから、意味を知っている人がほとんでしょう。根拠がないいいかげんなこと、と言う意味ですね。漢字では「出鱈目」と書きます。実は、この漢字には意味はなく、当て字なのですが、字面の面白さのせいか、良く漢字表記で使われていますから覚えておきましょう。

「でたらめ」とは、サイコロの目に由来した言葉です。博打などで、サイコロの目は出たところ勝負であるところから、行きあたりばったりでいいかげん、なことを「でたらめ」と言うようになったと考えられています。

\次のページで「その2「ほらを吹く」」を解説!/

その2「ほらを吹く」

ほらを吹く」と言うことばも、聞いたことがある人がほとんどでしょう。しかし、「ほら」が何を指すのかを知っている人は少ないかも知れませんね。

実は「ほら」とは「法螺貝(ほらがい)」の事です。法螺貝を楽器として吹いているのを聞いたことがあるでしょうか。法螺貝は吹いてみると見た目以上に大きな音がします。このことから、大げさに作り話をすることを「ほらを吹く」と表現するようになったと言うわけです。

「与太を飛ばす」の対義語は?

「与太を飛ばす」の対義語に決まった言葉はありませんが、反対に近い意味を持つ言葉には「実のある話」が挙げられます。

「実のある話」

「実のある話」は「みのあるはなし」と読みますね。「」には色々な意味がありますが、ここでは内容が備わっている、と言う意味で用いられています。つまり、内容がしっかりしていて、成果のある話、と言うことです。

「与太を飛ばす」は、でたらめでばかばかしい話という意味ですから、「実のある話をする」と表現すると対義語としてふさわしいでしょう。

「与太郎」と「与太者」は違う?

image by iStockphoto

さて、「与太郎」と非常に似ている蔑称に「与太者」と言う言葉があります。両者は良く似ていますが、意味が全く違うので説明しましょう。

「与太郎」は語源の項目で説明した通り、愚か者、うそつき、と言う意味ですね。対して「与太郎」は、ゆすり、たかりや用心棒をして世渡りをしている小悪党のことを指す隠語なのです。簡単に言えば、ならず者やくざ者。今で言えば不良と言うことですね。「与太者」も「与太郎」と同じく、小説などでしばしば用いられる表現ですから併せて覚えておきましょう。

「与太を飛ばす」を使いこなそう

この記事では「与太を飛ばす」の意味・使い方・類語などを説明しました。実際の日常会話で使うことはなかなかないかも知れませんね。しかし、小説や、テレビの時代劇などでは目にしたり、聞いたりすることがあるかも知れません。「与太」を使った表現は、「与太を飛ばす」の他にも、間抜けな者と言う意味の「与太郎」、ならず者を表す「与太者」。ほかにも「与太を飛ばす」と同じ意味で「よたる」とも言います。参考までに覚えておいてくださいね。

" /> 【慣用句】「与太を飛ばす」の意味や使い方は?例文や類語を日本文学部卒Webライターがわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

【慣用句】「与太を飛ばす」の意味や使い方は?例文や類語を日本文学部卒Webライターがわかりやすく解説!

この記事では「与太を飛ばす」について解説する。

端的に言えば与太を飛ばすの意味は「いいかげんなでたらめを言うこと」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は日本文学部卒の現役WEBライター、ヒマワリを呼んです。一緒に「与太を飛ばす」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ヒマワリ

今回の記事を担当するのは、日本文学科卒で現役ライターのヒマワリ。専攻は近代文学だが、古典からマンガまで幅広く読んでいる。受験生家庭教師の経験を生かして、「与太を飛ばす」についてわかりやすく丁寧に説明していく。

「与太を飛ばす」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

与太を飛ばす」は「よたをとばす」と読みます。あまり、耳慣れない慣用句ですが、小説や、映画などのセリフで聞いた事があるでしょう。簡単に言うと「ふざけて嘘をつく」ことですが、「与太」とは一体なんのことでしょうか。それでは早速「与太を飛ばす」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「与太を飛ばす」の意味は?

まず初めに「与太を飛ばす」の正確な意味を辞書からの引用で確かめてみましょう。「与太を飛ばす」には、次のような意味があります。

1.でたらめを言う。ふざけてくだらないことを言う。よたる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「与太を飛ばす」

上記の通り、「与太を飛ばす」は、ふざけてでたらめを言う、と言う意味です。「与太」には、愚かで役に立たないことや、いいかげん、でたらめ、と言う意味があります。「飛ばす」は「野次を飛ばす」などに使われるのと同じ意味で、遠慮なく言う、強く言う、と言う意味です。つまり「与太を飛ばす」は、いいかげんなことをベラベラと喋る様子を表している慣用句なのですね。そして、辞典からの引用にある通り、でたらめを言うことを「与太」を用いて「よたる」と言うこともあります。

また、同じ「与太」を用いた表現で、「与太話」がありますが、これは「いいかげんなでたらめの話」と言う意味です。併せて覚えておきましょう。

「与太を飛ばす」の語源は?

次に「与太を飛ばす」の語源を確認しておきましょう。

実は、「与太」の由来は、古典落語にあります。古典落語には「与太郎(よたろう)」と言う名前の登場人物がおり、色々な落語に登場します。この「与太郎」は、間抜けな愚か者、と言う設定のキャラクターで、いつも失敗ばかりをして、観客の笑いを取る人物なのです。この落語用語が一般の人々に広まって、馬鹿げたこと、でたらめなこと、を「与太」と言う言葉で表現するようになったと考えられています。

\次のページで「「与太を飛ばす」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: