国語言葉の意味

【慣用句】「目くじらを立てる」の意味や使い方は?例文や類語を日本文学部卒Webライターがわかりやすく解説!

この記事では「目くじらを立てる」について解説する。

端的に言えば目くじらを立てるの意味は「人のささいな欠点を責めたてること」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は日本文学部卒の現役WEBライター、ヒマワリを呼んです。一緒に「目くじらを立てる」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ヒマワリ

今回の記事を担当するのは、日本文学科卒で現役ライターのヒマワリ。専攻は近代文学だが、古典からマンガまで幅広く読んでいる。受験生家庭教師の経験を生かして、「目くじらを立てる」についてわかりやすく丁寧に説明していく。

「目くじらを立てる」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

目くじらを立てる」(めくじらをたてる)は、日常会話でもよく耳にする慣用句ですね。「目」を用いた慣用句はとても多いですが、「目くじら」とは一体なんのことでしょうか。それでは早速「目くじらを立てる」の意味や語源・使い方を見ていきます。

「目くじらを立てる」の意味は?

まず初めに「目くじらを立てる」の正確な意味を辞書からの引用で確かめてみましょう。「目くじらを立てる」には、次のような意味があります。

1.目をつりあげて人のあらさがしをする。他人の欠点を取り立てて非難する。目角 (めかど) を立てる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「目くじらを立てる」

2.目に角を立てて他人の欠点を探し出す。

出典:新明解国語辞典(三省堂)「目くじらを立てる」

上記の通り、「目くじらを立てる」は、相手の失敗や欠点をあらさがししたり、それを非難したりすることを言います。辞書の引用に記述されている「目角(めかど)を立てる」と言うのは、怒って鋭い目つきでにらみつける、と言う意味です。つまり、「目くじらを立てる」とは、怖い表情をして非難する様子を表しているのですね。

また、ニュアンスとしては小さな失敗やミスを必要以上に責めたてる、と言う意味合いですから、ただ叱っている、怒っているのとは少し違いますので注意しましょう。

「目くじらを立てる」の語源は?

次に「目くじらを立てる」の語源を確認しておきましょう。「目くじら」とは一体なんのことでしょうか。字面から考えると動物の鯨(クジラ)に関係があるかと思いがちですが、実は鯨とは全くの無関係なのです。

「目くじら」とは、古語の「くじり/くじら」から由来した言葉と考えられています。「くじり」は、「口」と「尻」とが合わさった言葉で、物の両端、物の隅(すみ)と言う意味を持っていました。日本海側の方言では現在でも、物の隅っこのことを「すまくじら」と言うようです。つまり、「目くじら」は目の端、目尻のことを指しているのですね。このことから、目尻を吊り上げて怒っている様子を「目くじらを立てる」と言うようになったのです。

\次のページで「「目くじらを立てる」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: