国語言葉の意味

【慣用句】「花より団子」の意味や使い方は?例文や類語を雑学大好きwebライターがわかりやすく解説!

「花より団子」の対義語は?

さらに「花より団子」の対義語も見ていきましょう。

「馬子にも衣装」「武士は食わねど高楊枝」

馬子にも衣装」(まごにもいしょう)とは、「取るに足らない者でも外見を整えると立派に見えること」という意味の慣用句です。外観や見栄を重視するという点では、実利を重視する「花より団子」とは対極にあると言えるでしょう。

見栄を張るという意味では、「武士は食わねど高楊枝」(ぶしはくわねどたかようじ)という慣用句も同じと言えます。「食うに困る武士でも体面を重んじる」という意味があり、武士の「清貧」や「やせ我慢」を表した言葉です。

「花より団子」の英訳は?

image by iStockphoto

では、「花より団子」に英訳はあるのでしょうか。

「Pudding before praise.」「Bread is better than the songs of birds.」

英語にも「花より団子」に相当する慣用句があり、中には食べ物が入ったものもあります。ここでは2つ紹介しましょう。

Pudding before praise.」は、直訳すると「ほめ言葉よりプディング」となります。ほめてくれるよりもプリンを食べさせてくれ、ということです。

Bread is better than the songs of birds.」も、中学英語レベルで訳せるのではないでしょうか。「鳥の歌よりもパンがいい」となります。「the songs of birds」が「花」、「bread」が「団子」と同じです。

「花より団子」を使いこなそう

この記事では「花より団子」の意味・使い方・類語などを説明しました。

桜の花が咲く時期はほんのわずかですので、せっかくの桜そっちのけで飲み食いする人をもったいないと思いたくもなります。しかし、人にはそれぞれの価値観がありますので、とやかく言う必要はないのかもしれません。若いうちは花に興味が持てなくても、年齢を重ねればいやでも花の美しさに目を奪われるようになるでしょう。花にも団子にも、両方に良さを感じられるようになりたいものです。

1 2 3
Share: