国語言葉の意味

【慣用句】「花より団子」の意味や使い方は?例文や類語を雑学大好きwebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「花より団子」について解説する。

端的に言えば花より団子の意味は「実利を取ること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国立大で国語学を学んだライターのタケルを呼んだ。言葉の解説を得意としていて、大学時代はクイズサークルに所属していたので雑学にも詳しい。一緒に「花より団子」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/タケル

某国立大で日本語学を専攻。「花より団子」というよりは、「花より酒」だ。もしくは「花より猫」かもしれない。

「花より団子」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「花より団子」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「花より団子」の意味は?

「花より団子」には、次のような意味があります。

風流より実利のほうをとること。外観よりも実質を尊ぶことのたとえ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「花(はな)より団子(だんご)」

花より団子」とは、「風流より実利を取ること」という意味の慣用句です。「花(をめでること)」が「風流」、「団子(を食べること)」が「実利」を意味します。

「花より団子」の語源は?

次に「花より団子」の語源を確認しておきましょう。

今でこそ花見といえば桜を見ながら宴会というイメージですが、日本で花見が始まったとされる奈良時代では、主に貴族が梅の花を鑑賞するものでした。当時の和歌でも花といえば梅を指します。それが平安時代になると、花見の対象が梅から桜へと移りました。時代はさらに進み、安土桃山時代には豊臣秀吉により醍醐の花見が催され、それは名だたる武将など数千人が集う豪華絢爛なものでした。そこで振る舞われた団子こそが花見団子の始まりです(諸説あり)。江戸時代になれば庶民にも花見の文化が広まり、今に至ります。

花見というものが、もとは花が咲くのを見て和歌を詠んだりしたものから、時代とともに団子目当てに楽しむものへと変化しました。今は団子というよりも、お弁当やお酒なのかもしれません。そのような風流よりも飲み食いといった実益を優先したり、風流を楽しめない人を揶揄したりする例えとして、「花より団子」という言葉が使われるようになりました。

次のページを読む
1 2 3
Share: