国語言葉の意味

「もがく」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「もがく」について解説する。

端的に言えばもがくの意味は「もだえ苦しみ、手足を動かす、いらだつ」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。
放送局の制作現場の最前線で10年の経験を積んだsinpeito88を呼んだ。一緒に「もがく」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/sinpeito88

放送局の現場で10年間、ニュース原稿などを日々執筆。より正確な情報を届けられるよう言葉の探求を続けている。

「もがく」の意味・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「もがく」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「もがく」の意味は?

「もがく」には、次のような意味があります。

1.もだえ苦しんで手足をやたらに動かす。あがく。

2.事態をなんとかしようとあせる。いらだつ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「もがく」

まず「もがく」には「もだえ苦しんで、手足をやたらに動かす」という意味があります。例えば、泳ぐのが苦手な人が海やプールに投げ出されてしまったようなときに、きれいな動きではなく手足を動かして何とか溺れないようにしようとするような状態です。自分の力で打開するには難しいような、厳しい状態を表しています。

そして、もう一つが「事態を何とかしようとあせる」という意味です。一つ目の意味では、身体的に厳しい状況にあることがうかがえますが、もう一つは精神的、社会的に追い込まれた状況を打開しようとして奔走するような状況を表しています。

どちらにしても、厳しい状況に追い込まれた中で何とかしようと必死な状況です。

「もがく」の使い方・例文

「もがく」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: