この記事では「井の中の蛙大海を知らず」について解説する。

端的に言えば井の中の蛙大海を知らずの意味は「非常に見識が狭い」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は、ロシアで2年間日本語教師として働いた大学院生ライターの「むかいひろき」を呼んです。一緒に「井の中の蛙大海を知らず」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/むかいひろき

ロシアの大学で2年間日本語教師として働いた経験を持つ大学院生。その経験を武器に「言葉」について分かりやすく解説していく。

「井の中の蛙大海を知らず」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「井の中の蛙大海を知らず」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「井の中の蛙大海を知らず」の意味は?

「井の中の蛙大海を知らず」には、次のような意味があります。

自分の狭い知識や考えにとらわれて、他の広い世界のあることを知らないで得々としているさまをいう。井蛙(せいあ)。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「井(い)の中の蛙(かわず)大海(たいかい)を知(し)らず」

井の中の蛙大海を知らず」にはいくつかの読み方がありますが、「いのなかのかわず たいかいをしらず」が最も一般的です。「蛙(かわず)」はカエルのことを指します。

井戸の中にいるカエルは、その井戸の中がこの世の全てだと思っていて、外に大きな海が存在していることを知りません。そこから「自分の狭い知識や経験にとらわれ、他に広い世界があるのを知らないで得意げになっている」という意味のことわざとしての意味が生まれました。

「井の中の蛙大海を知らず」をすべて言うと長いため、短縮された「井の中の蛙」という形で使用されることも多いです。その場合も意味は「井の中の蛙大海を知らず」と変わりません。

「井の中の蛙大海を知らず」の語源は?

次に「井の中の蛙大海を知らず」の語源を確認しておきましょう。

このことわざは中国からやってた漢籍(中国で著された書籍)が由来だと考えられています。平安時代の終わりごろに編纂された、漢籍から故事成語をまとめた『世俗諺文』に「井底の蛙(カへル)」という項目があり、現代と同じ意味が解説されているそうです。そして由来となった漢籍は、中国の古代の思想家である壮子(そうし)(紀元前369年頃~紀元前286年頃)が著した『荘子』だとされています。その『荘子』の「秋水編」に記載されている「井蛙不可以語於海者、拘於虚也」が、「井の中の蛙大海を知らず」のことではないかと考えられているそうです。

ちなみに、「井の中の蛙大海を知らず」に一文加わった「井の中の蛙大海を知らず、されど空の青さを知る」というポジティブな意味のことわざも存在します。こちらは『荘子』には書かれておらず、日本で新たに誕生したものだと考えられていますね。

\次のページで「「井の中の蛙大海を知らず」の使い方・例文」を解説!/

「井の中の蛙大海を知らず」の使い方・例文

「井の中の蛙大海を知らず」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.県大会で優勝して調子に乗っていたが、井の中の蛙大海を知らずだった。全国大会の1回戦でボコボコに負けてしまった。
2.これぐらいのレベルで威張っていたらだめだよ。井の中の蛙大海を知らず。君より上手な人は世の中にたくさんいるんだ。
3.小学生の頃は井の中の蛙大海を知らずだった。自分より頭のいい同級生がいるなんて想像したことがなかった。でもたくさんいた。

「井の中の蛙大海を知らず」は「自分の狭い知識や経験にとらわれ、他に広い世界があるのを知らないで得意げになっている」という意味ですが、例文でもまさにその意味で使用されていますね。それぞれのニュアンスを確認していきましょう。

例文1では、「県大会で優勝して調子に乗っていたが、全国にはもっと強い人間がたくさんいることを知らなかった」というニュアンスで「井の中の蛙大海を知らず」が使用されています。

例文2では、「これくらいのレベルで威張って調子に乗るなんて、世の中にもっと上手な人がいることを知らないんだな」というニュアンスで「井の中の蛙大海を知らず」が使用されていますね。

例文3では、「小学生の頃は自分が同級生の中で一番頭がいいと思っていた。でも世の中にはもっと頭のいい同級生がいた」というニュアンスで「井の中の蛙大海を知らず」が使用されています。

「井の中の蛙大海を知らず」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「井の中の蛙大海を知らず」の類義語といえることわざがいくつかあります。「針の穴から天を覗く」と「夏の虫氷を笑う」です。意味などを確認していきましょう。

その1「針の穴から天を覗く」

針の穴から天を覗く」は「自分の狭い見識をもとに、大きな事柄について勝手な推測をすること」という意味です。自分の周りの小さな世界だけを知っていて、その外側の大きな世界を知らないという意味合いが共通しているため、類義語といえるでしょう。

「井の中の蛙大海を知らず」との違いは、「井の中の蛙大海を知らず」が「ほかに広い世界があるのを知らないで得意げになっている」ことを表すのに対し、「針の穴から天を覗く」は「大きなことや広い世界のことについて勝手な推測をする」点ですね。前半は似ていますが、後半はやや意味合いが違う表現といえるでしょう。

また、1文字違いの「鍵の穴から天を覗く」も「針の穴から天を覗く」と同様の意味を表します。

例文を見てみましょう。

\次のページで「その2「夏の虫氷を笑う」」を解説!/

・コロナ禍を踏まえた新製品の開発について部内でミーティングを行っていたが、社長がまた割り込んで、針の穴から天を覗くような批判意見を言ってきて困った。社長は最新の動向を全く知らずに意見をするために部内全員が困り果てている。
・この問題に関する政治ジャーナリストの意見は針の穴から天を覗くようなものだ。そんな常識が通じるのは昭和までなのに…。

その2「夏の虫氷を笑う」

夏の虫氷を笑う」は「見識の狭いものが尊大ぶること」という意味のことわざです。「夏に生きる虫は冬の氷を知らない」ことから先述の意味が生まれました。「自分の狭い知識や経験にとらわれ、他に広い世界があるのを知らないで得意げになっている」という意味の「井の中の蛙大海を知らず」と同じ意味ですね。

「井の中の蛙大海を知らず」と同じような場面で同じ意味で使用されるため、特に違いはありません。ただ、「井の中の蛙大海を知らず」のほうが世間でよく知られていることわざと言えるでしょう。

例文を見てみましょう。

・若いうちは進路に関係なくいろんな分野の勉強をしろ。夏の虫氷を笑うのようなおじさん・おばさんになってしまうからな。自分の得意なこと以外何も知らないような人間にはなるなよ。

「井の中の蛙大海を知らず」の対義語は?

「井の中の蛙大海を知らず」には対義語はありません。同様に今回ご紹介した類義語「針の穴から天を覗く」と「夏の虫氷を笑う」にも対義語はありませんね。

「井の中の蛙大海を知らず」の英訳は?

image by iStockphoto

「井の中の蛙大海を知らず」の英語表現は「The frog in the well knows nothing of the great ocean」です。意味などを確認していきましょう。

「The frog in the well knows nothing of the great ocean」

The frog in the well knows nothing of the great ocean」は見てのとおり、「井の中の蛙大海を知らず」をそのまま英語に訳した言葉となっています。古代の中国で生まれた故事成語が日本でことわざとなり、さらには英語圏まで広がっているとは驚きですね。

\次のページで「「井の中の蛙大海を知らず」を使いこなそう」を解説!/

「井の中の蛙大海を知らず」を使いこなそう

この記事では「井の中の蛙大海を知らず」の意味・使い方・類語などを説明しました。

「井の中の蛙大海を知らず」は「自分の狭い知識や経験にとらわれ、他に広い世界があるのを知らないで得意げになっている」という意味のことわざです。もともとは古代中国で生まれた故事成語でしたが、遅くとも平安時代には日本に伝わっていたようですね。

そして、ことわざ「井の中の蛙大海を知らず」はさらに海を越え、英語圏でも同じ意味でそのまま訳された「The frog in the well knows nothing of the great ocean」という言葉が存在しています。井戸の中しか知らないカエルを表した言葉が、海を越えて様々な言語で使用されているのはとても面白い現象ですね。

" /> 【ことわざ】「井の中の蛙大海を知らず」の意味や使い方は?例文や類語を日本語教師の大学院生がわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

【ことわざ】「井の中の蛙大海を知らず」の意味や使い方は?例文や類語を日本語教師の大学院生がわかりやすく解説!

この記事では「井の中の蛙大海を知らず」について解説する。

端的に言えば井の中の蛙大海を知らずの意味は「非常に見識が狭い」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は、ロシアで2年間日本語教師として働いた大学院生ライターの「むかいひろき」を呼んです。一緒に「井の中の蛙大海を知らず」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/むかいひろき

ロシアの大学で2年間日本語教師として働いた経験を持つ大学院生。その経験を武器に「言葉」について分かりやすく解説していく。

「井の中の蛙大海を知らず」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「井の中の蛙大海を知らず」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「井の中の蛙大海を知らず」の意味は?

「井の中の蛙大海を知らず」には、次のような意味があります。

自分の狭い知識や考えにとらわれて、他の広い世界のあることを知らないで得々としているさまをいう。井蛙(せいあ)。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「井(い)の中の蛙(かわず)大海(たいかい)を知(し)らず」

井の中の蛙大海を知らず」にはいくつかの読み方がありますが、「いのなかのかわず たいかいをしらず」が最も一般的です。「蛙(かわず)」はカエルのことを指します。

井戸の中にいるカエルは、その井戸の中がこの世の全てだと思っていて、外に大きな海が存在していることを知りません。そこから「自分の狭い知識や経験にとらわれ、他に広い世界があるのを知らないで得意げになっている」という意味のことわざとしての意味が生まれました。

「井の中の蛙大海を知らず」をすべて言うと長いため、短縮された「井の中の蛙」という形で使用されることも多いです。その場合も意味は「井の中の蛙大海を知らず」と変わりません。

「井の中の蛙大海を知らず」の語源は?

次に「井の中の蛙大海を知らず」の語源を確認しておきましょう。

このことわざは中国からやってた漢籍(中国で著された書籍)が由来だと考えられています。平安時代の終わりごろに編纂された、漢籍から故事成語をまとめた『世俗諺文』に「井底の蛙(カへル)」という項目があり、現代と同じ意味が解説されているそうです。そして由来となった漢籍は、中国の古代の思想家である壮子(そうし)(紀元前369年頃~紀元前286年頃)が著した『荘子』だとされています。その『荘子』の「秋水編」に記載されている「井蛙不可以語於海者、拘於虚也」が、「井の中の蛙大海を知らず」のことではないかと考えられているそうです。

ちなみに、「井の中の蛙大海を知らず」に一文加わった「井の中の蛙大海を知らず、されど空の青さを知る」というポジティブな意味のことわざも存在します。こちらは『荘子』には書かれておらず、日本で新たに誕生したものだと考えられていますね。

\次のページで「「井の中の蛙大海を知らず」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: