突然ですが、「摩天楼」と聞いてなにを思い浮かべる?

俺は『名探偵コナン』が頭をよぎるが、俺と同じように「漫画やアニメで聞いたことがある」ってやつも多いでしょう。俺はコナンのイメージから、「摩天楼」は高くてシャレた建物のことでしょうと思っているが、それにしてもなんでこんな不思議な呼び方になったのでしょうな?

「摩天楼」の意味を説明してもらうために、都会の街並みと高いところが好きなライターであるぷーやんを呼んです。意味だけではなく、語源や使われ方についても話してもらうぞ。

ライター/ぷーやん

webライター歴6年。鍛えられた語彙と文章力は本業でも発揮され、社内ルールの書き換え担当に。田舎暮らしだが都会が好き。仕事などで都市にいくと、5駅分くらいなら在来線には乗らずに歩くらしい。

「摩天楼」の意味は“高い建物”のこと?

image by iStockphoto

桜木先生のように、「摩天楼」のことをなんとなく高い建物だと思っている方は多いのではないでしょうか?しかし言葉の理解があやふやなままでは、いざ使おうと思ったときに不安がつきまとうもの。まずは「摩天楼」の意味と語源をみていきましょう。

辞典にみる「摩天楼」

まずは「摩天楼」が辞典でどう説明されているかを紹介します。

《skyscraper》先端が天をもこするかと思われるほどの高層建築。摩天閣。

出典:デジタル大辞泉(小学館)  「摩天楼」

辞典にある通り、「摩天楼」が高い建物であるという理解は正解です。それでは次に、この言葉を使った例文を示します。

・道に迷ったら、地域を象徴する摩天楼を目印にして方角を確認するといい。
・都心には摩天楼群が林立しており、その夜景は息を飲むほどに美しい。

「摩天楼」は遠くからでも見えることが多く、道しるべに使えることも。また、昼間の都会のビル群は無機質に見えますが、夜の闇の中で照らされると命が吹き込まれたように感じられる不思議なギャップがありますね。

さて「摩天楼」の意味がわかったところで、1つ腑に落ちると今度は「なぜこんな名前がついたのか?」「“高い”とは、具体的に何m以上?」などの1歩進んだ疑問が浮かんでくるもの。高さについては次節の類義語の中で出てきますので、語源からご紹介します。

\次のページで「「摩天楼」の語源」を解説!/

「摩天楼」の語源

「摩天楼」の3文字を1つずつ分解してみてみましょう。「摩」は「摩擦」にも使われる字で、「こする」という意味。次に「天」は「空」のことです。最後に「楼」は「高い建物」を意味します。実は「楼」だけで高い建物なのですね。「摩天」で高さをさらに強調し、「空をこすりそうなほどに高い建物」という意味になります。

「摩天楼」は英語で「skyscraper」ですが、この直訳も「空をこするもの」です。この一致は英語が先にあって、日本語の当て字をしたとは言い切れないのだそうな。

この言葉を古くさかのぼってみると、イタリア語では13世紀に背の高い男性を「空をこするような」という表現があるとのこと。さらに中国語では3世紀前半の書物に、「空にも届く」という意味合いの文脈で「摩天」という文字が使われています。

「摩天楼」の類義語

世界各地で高い建物の例え言葉に使われる「摩天楼」。日本語ではどのような類義語があるのでしょうか?

「(超)高層建築」:一定の高さ以上の建築物

日本では、高層建築物を定義するものが主に4つあります。それは、「都市計画法」「長寿社会対応住宅設計指針」「消防法および電波法」「建築基準法」。これらを総括すると日本の高層建築は、「6階以上か、高さ31m以上60m未満」です。60m以上になると「超高層建築物」と呼ぶのが適切でしょう。

「高閣」:高くて立派な建物

「高閣」は「高くて立派な建物」のほか、高いところにある棚にも使われる言葉です。相手の住まいやその住人を尊ぶ表現としても使われます。

「高楼」:高く造った建物

「大きな家」を意味する「大廈」と合わさって「大廈高楼」という4字熟語にも。意味は、「高くて大きい立派な家」です。

世界の「摩天楼」3選

image by iStockphoto

「天をこする」と比喩される建物「摩天楼」。世界にはどれほどの高さのものがあるのでしょうか?2022年3月時点でのTop3を見てみましょう。

\次のページで「「ブルジュ・ハリファ」:アラブ首長国連邦」を解説!/

「ブルジュ・ハリファ」:アラブ首長国連邦

第1位はアラブ首長国連邦の都市ドバイにある、「ブルジュ・ハリファ」です。163階建て(人が入れるのは159階まで)のビル先端までの高さは、なんと828m。2010年1月にオープンしたこの建物は、石油に依存した経済からの脱却を図るため、観光や娯楽のプロジェクトとして国を挙げて企画されました。その内部はホテル・マンション・オフィス・スカイロビーからなる巨大な複合施設です。

「上海タワー」:中国

第2位は中国上海の「上海タワー(中国名:上海中心)」。127階建て・高さ632m。塔を取り巻く2重のガラスカーテンは、エネルギー効率も考えられて建造されました。このガラスにより2重の外壁を持つことになり、冷暖房効率を上昇させているほか、建物にかかる風圧を抑制して建築資材を削減できたとのこと。内部はホテル・レストラン・展望台・オフィスなどの複合施設です。

「アブラージュ・アル・ベイト・タワーズ」:サウジアラビア

第3位はサウジアラビアのメッカにある「アブラージュ・アル・ベイト・タワーズ」。この建物は7つの超高層ビルからなり、一番高いホテル棟の「メッカ・ロイヤル・クロックタワー。ホテル」は、120階建てで高さ601mを誇ります。ホテル棟の上部にある時計は直径が46mもあり、25㎞先からでも見ることができるとか。

ビルの内部には4フロアにわたる巨大なショッピングモールがあるほか、会議場とヘリポートも設置されているため、国際会議場にも利用可能。ホテルには10万人ものキャパがあり、巡礼で各国からメッカを訪れるイスラム教徒にもお馴染みです。

世界一になる予定の「ジッダ・タワー」:サウジアラビア

現在サウジアラビアで建設中の「ジッダ・タワー」は、完成すれば1,000mを超えて世界一の超高層ビルになる予定。しかし2011年に建設計画が始まって以降、工事の一時中断もあり2022年3月時点でも完成には至っていません。

日本の「摩天楼」は?

世界TOP3の「摩天楼」を紹介しました。察しのいい方は、「あれ?スカイツリーは?」と思われたかもしれませんね。スカイツリーは「超高層ビル」ではないため、先述のランキングには入っていません。それなら、日本で「摩天楼」と呼べる建物はないのでしょうか?

日本では超高層ビルは建てられない?

「超高層ビル」の具体的な高さの定義はあいまいですが、日本でも100m以上のビルは建築可能です。横浜ランドマークタワー(70階建て・296m)やサンシャイン60(60階建て・240m)などがこれにあたります。ちなみにスカイツリーは高さ634mの電波塔です。

日本で超高層ビルが建造されにくい理由は、耐震構造・地盤の強さ・建設費用・航空法による規制などがあります。なかでもこれまでの建造物については、航空法による規制が大きいようです。

\次のページで「日本一高い建物は「あべのはるかす」」を解説!/

日本一高い建物は「あべのはるかす」

2022年3月時点で、大阪の「あべのはるかす」が日本一の「摩天楼」。地上60階建てで高さは300m。内部はホテル・百貨店・展望台・オフィス・美術館からなる複合施設です。建物中央部分には円柱形の吹き抜けがあり、自然光と風を建物内部へ効率的に取り込み可能。また、ホテルやレストランから出る生ごみを燃料にしたバイオガス発電を実施して、オフィスの照明を賄っています。

「摩天楼」の光と影

image by iStockphoto

「摩天楼」は下から見ればその大きさに圧倒され、建物を登れば広大なパノラマを望むことができます。観光スポットにもなり、その地域を象徴するシンボルになるでしょう。都心などの要となる地域において、高い建物は土地の有効利用という実利的な側面もあります。

しかし光が強ければ、しばしば影も濃くなるもの。「摩天楼」は都市の発展を象徴するものと捉えられるため、為政者や実業家による自分の実績づくりが目的となるケースも。

高層ビルの建設は足元の経済の実態に見合ったものでないと、加熱しすぎた不動産バブルが崩壊したときに単なる不良債権になってしまいかねません。繁栄を極めるはずだったビル群が廃墟となってしまうのは、とてもさみしいものがあります。

摩天楼は人類の発展と経済力の象徴

この記事では「摩天楼」について実例の紹介をしつつ解説しました。「摩天楼」のような巨大なビルを建てるには、緻密な設計と確実な建造技術が不可欠です。日本のような土地が広大ではない場所ではなおのこと「摩天楼」の存在は技術力を象徴するものでしょう。

経済が発展のさなかにあるときには活気に満ちあふれ、豊かさと技術を誇示する目的もあって「摩天楼」がいくつも建設される傾向があります。そういった国や地域の歴史に思いをはせながら「摩天楼」を眺めるのもオツなものです。

" /> 「摩天楼」の意味って?スカイツリーは「摩天楼」?言葉の語源や使い方を高いところが大好きなwebライターがわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

「摩天楼」の意味って?スカイツリーは「摩天楼」?言葉の語源や使い方を高いところが大好きなwebライターがわかりやすく解説!

突然ですが、「摩天楼」と聞いてなにを思い浮かべる?

俺は『名探偵コナン』が頭をよぎるが、俺と同じように「漫画やアニメで聞いたことがある」ってやつも多いでしょう。俺はコナンのイメージから、「摩天楼」は高くてシャレた建物のことでしょうと思っているが、それにしてもなんでこんな不思議な呼び方になったのでしょうな?

「摩天楼」の意味を説明してもらうために、都会の街並みと高いところが好きなライターであるぷーやんを呼んです。意味だけではなく、語源や使われ方についても話してもらうぞ。

ライター/ぷーやん

webライター歴6年。鍛えられた語彙と文章力は本業でも発揮され、社内ルールの書き換え担当に。田舎暮らしだが都会が好き。仕事などで都市にいくと、5駅分くらいなら在来線には乗らずに歩くらしい。

「摩天楼」の意味は“高い建物”のこと?

image by iStockphoto

桜木先生のように、「摩天楼」のことをなんとなく高い建物だと思っている方は多いのではないでしょうか?しかし言葉の理解があやふやなままでは、いざ使おうと思ったときに不安がつきまとうもの。まずは「摩天楼」の意味と語源をみていきましょう。

辞典にみる「摩天楼」

まずは「摩天楼」が辞典でどう説明されているかを紹介します。

《skyscraper》先端が天をもこするかと思われるほどの高層建築。摩天閣。

出典:デジタル大辞泉(小学館)  「摩天楼」

辞典にある通り、「摩天楼」が高い建物であるという理解は正解です。それでは次に、この言葉を使った例文を示します。

・道に迷ったら、地域を象徴する摩天楼を目印にして方角を確認するといい。
・都心には摩天楼群が林立しており、その夜景は息を飲むほどに美しい。

「摩天楼」は遠くからでも見えることが多く、道しるべに使えることも。また、昼間の都会のビル群は無機質に見えますが、夜の闇の中で照らされると命が吹き込まれたように感じられる不思議なギャップがありますね。

さて「摩天楼」の意味がわかったところで、1つ腑に落ちると今度は「なぜこんな名前がついたのか?」「“高い”とは、具体的に何m以上?」などの1歩進んだ疑問が浮かんでくるもの。高さについては次節の類義語の中で出てきますので、語源からご紹介します。

\次のページで「「摩天楼」の語源」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: