この記事では、「取らぬ狸の皮算用」について解説する。
人間ってのはしばしばリスクやマイナス面に目をつむって、楽観的な見込みから計画を立てちまうもんです。そういうのを「取らぬ狸の皮算用」って言われているのを聞いたことがないか?この記事ではこの「取らぬ狸の皮算用」について、例文・類語・身近な事例を挙げて意味を押さえていこうと思う。

今回は株式投資の莫大な利益を皮算用して、不労所得で暮らすことを計画しているライターのぷーやんを呼んです。それじゃあ「取らぬ狸の皮算用」について説明してもらおうか。

ライター/ぷーやん

webライター歴6年。鍛えられた語彙と文章力は本業でも発揮され、社内ルールの書き換え担当に。保有している株に利益が出たときのことを妄想しつつ、日々の株価変動に悲喜こもごもしている。

「取らぬ狸の皮算用」ってどんなことわざ?

image by iStockphoto

はじめに「取らぬ狸の皮算用」の読み方は、「とらぬたぬきのかわざんよう」です。どこかで一度は聞いたことがある、という方も多いかもしれませんね。しかし『ただ聞いたことがある』言葉というのは、イメージだけで使うには誤用が気になるものです。まずは「取らぬ狸の皮算用」の意味をみていきましょう。

辞典でみる「取らぬ狸の皮算用」

「取らぬ狸の皮算用」は、辞書には次のように載っています。

まだ捕まえてもいない狸の皮を売ることを考えること。手に入るかどうかわからないものを当てにして計画を立てることのたとえ。
出典:デジタル大辞泉(小学館) 「取らぬ狸の皮算用」

「未確定の利益をすでに得たものとして考えてしまう」というのは、誰でも経験のあることでしょう。特にポジティブで楽天的な方にとっては、耳の痛い話かもしれませんね。

ことわざの由来は?なぜ狸なの?

動物の皮は衣類などに利用できるため、特に昔は重宝したであろうことは容易に想像できます。そのため「取らぬ狸の皮算用」ということわざが定着したことも納得できますが、皮がとれる動物はほかにもたくさんいるはずで、『なぜ狸なの?』と気になるところ。

その答えは、狸は人を化かすと言われているから。幻を現実と勘違いしてしまうことを際立たせるために、狸が選ばれたわけですね。

「取らぬ狸の皮算用」の例文を紹介!

それでは次に、「取らぬ狸の皮算用」の使い方を例文でみていきましょう。

\次のページで「「取らぬ狸の皮算用」に類語はある?」を解説!/

1.取らぬ狸の皮算用だが、年利10%で資産運用していけば、8年後には資産が元金の2倍に膨れあがる。
2.私「宝くじで10億円あたったら、ローンを返済して、戸建て新築を購入して、余剰分で投資信託して…」友人「取らぬ狸の皮算用をしていないで、しっかり働こうか」
3.受験において、取らぬ狸の皮算用で得意科目での高得点を見込み、苦手科目の対策をないがしろにすることは、とてもリスクが大きい。

例文の1と2はまさにお金の話なのでわかりやすいですね。ちなみに資産運用で年利10%というのは超低金利時代にあっても不可能ではありませんが、それなりにリスクも高い水準です。

例文3について、大学受験で多くの方が受ける共通試験は、毎年科目ごとの難易度に変動があります。得意科目だけに注力していると、受験した年のテストの得意科目が簡単で苦手科目が難しかった場合に、総合得点が思ったより低くなってしまうかもしれません。

「取らぬ狸の皮算用」に類語はある?

言葉の類語を知ることは、その言葉の理解を深める近道です。「取らぬ狸の皮算用」には意味を同じくすることわざは見当たりませんが、似た意味の言葉を3つご紹介します。

「机上の空論」:実現できない理論

頭の中や机の上だけで考えた論理のこと。実現できないような理想論であり、実際には手に入れていないという部分は「取らぬ狸の皮算用」と通じますね。

「夢物語」:現実的でない話

まだ見ぬ利益をもとにあれこれ計画を考えることは、一つの夢物語と言えるでしょう。先に挙げた例文2の宝くじが当たったときの妄想などは、まさに夢物語ですね。

四字熟語も!「空理空論」

四字熟語のなかで「取らぬ狸の皮算用」と似た意味をもつのが、「空理空論」です。「空理空論」の正確な意味は「机上の空論」に近く、まだ得ぬ利益をもとにした計画だけではなく、現実離れした様々な空想を含みます

\次のページで「海外版「取らぬ狸の皮算用」」を解説!/

海外版「取らぬ狸の皮算用」

image by iStockphoto

「取らぬ狸の皮算用」と同じようなことわざは、海外にもあるのでしょうか?ここでは、英語・中国語・韓国語をみてみましょう。

英語:Count one’s chickens before they hatch.

直訳すると「孵る前にヒナを数える」となります。本当に孵るかどうかわからない卵がすべて孵るものとみなしてしまうという部分が、「取らぬ狸の皮算用」の意味と本質的に同じと言えそうです。

中国語:打如意算盘

「如意(自分の思い通り)」に「算盘(そろばん)」を「打つ」ということで、「身勝手な計算をする」という意味。利益を勝手に勘定してしまうところが似ていますね。

韓国語:김칫국부터 마신다

『キムチックップト・マシンダ』と読みます。直訳は「キムチ汁から飲む」です。韓国では昔、胃もたれへの対症療法としてキムチ汁を飲んでいたとか。ここから転じて、「胃もたれになることを見越してキムチ汁を飲むこと」、すなわち早合点することを表現したことわざができたそうです。

身の回りの「取らぬ狸の皮算用」

image by iStockphoto

例文で示した投資・宝くじ・受験においての「取らぬ狸の皮算用」について、もう少し詳しくみてみたいと思います。

投資での目標利益

例文では年利10%の複利計算を挙げましたが、現実には保有株式資産に対して1年間で40%増を目標に掲げる方も多いそうです。特に投資経験が浅く保有資産額が少ない人ほど、目標利益率が高い傾向があるという調査結果も。この事実は取りも直さず、投資初心者や若い人ほど『一山あて続けよう』と血気盛んに「取らぬ狸の皮算用」をしていることを示しています。

\次のページで「宝くじ」を解説!/

宝くじ

日本人の生涯年収は、男性2~3億円/女性1.5~2.5億円ほど。宝くじは1等当選金がこれらの生涯年収額を超えるものも販売されていますので、誰しも一度は「取らぬ狸の皮算用」を働かせて、早期リタイアの夢を見たことがあるのではないでしょうか。

しかし億を超える宝くじ1等の当選確率は、高くても0.0000625%程度とのこと。あまり夢を見すぎて宝くじに大金をつぎ込むのも考えものですね。

定期考査・受験

テストや受験において、「取らぬ狸の皮算用」はとても危険な行為です。受験は特にプレッシャーが重くのしかかってきますので、得意科目での高得点など、ついつい甘い算段を立ててしまいがち。

しかしとりわけ志望校の共通試験受験要項が全科目である場合は、どの科目も満遍なく勉強して、科目ごとの難易度の変動に左右されない得点の取り方を目指したほうが安全です。

「取らぬ狸の皮算用」はほどほどに

この記事では「取らぬ狸の皮算用」について、身近な事例をまじえて解説しました。

利益を得られるものと見込んで次の計画を考える「取らぬ狸の皮算用」は、楽天的な方が陥りやすいものかもしれませんね。物事を楽観視して舐めてかかるのはいかがなものかと思いますが、悲観的に見すぎることも、精神的にはよくないでしょう。何事もバランスが大切なもの。ときには宝くじに妄想するように、「取らぬ狸の皮算用」に浸ってみるのも一興です。

「取らぬ狸の皮算用」はテスト・宝くじ・投資など、ライフステージを選ばず使用する機会のある言葉ですので、ぜひこの記事を参考に使いこなしてみてください。

" /> ことわざ「取らぬ狸の皮算用」の意味は?宝くじでやりがち?由来・例文・類語をwebライターがわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

ことわざ「取らぬ狸の皮算用」の意味は?宝くじでやりがち?由来・例文・類語をwebライターがわかりやすく解説!

この記事では、「取らぬ狸の皮算用」について解説する。
人間ってのはしばしばリスクやマイナス面に目をつむって、楽観的な見込みから計画を立てちまうもんです。そういうのを「取らぬ狸の皮算用」って言われているのを聞いたことがないか?この記事ではこの「取らぬ狸の皮算用」について、例文・類語・身近な事例を挙げて意味を押さえていこうと思う。

今回は株式投資の莫大な利益を皮算用して、不労所得で暮らすことを計画しているライターのぷーやんを呼んです。それじゃあ「取らぬ狸の皮算用」について説明してもらおうか。

ライター/ぷーやん

webライター歴6年。鍛えられた語彙と文章力は本業でも発揮され、社内ルールの書き換え担当に。保有している株に利益が出たときのことを妄想しつつ、日々の株価変動に悲喜こもごもしている。

「取らぬ狸の皮算用」ってどんなことわざ?

image by iStockphoto

はじめに「取らぬ狸の皮算用」の読み方は、「とらぬたぬきのかわざんよう」です。どこかで一度は聞いたことがある、という方も多いかもしれませんね。しかし『ただ聞いたことがある』言葉というのは、イメージだけで使うには誤用が気になるものです。まずは「取らぬ狸の皮算用」の意味をみていきましょう。

辞典でみる「取らぬ狸の皮算用」

「取らぬ狸の皮算用」は、辞書には次のように載っています。

まだ捕まえてもいない狸の皮を売ることを考えること。手に入るかどうかわからないものを当てにして計画を立てることのたとえ。
出典:デジタル大辞泉(小学館) 「取らぬ狸の皮算用」

「未確定の利益をすでに得たものとして考えてしまう」というのは、誰でも経験のあることでしょう。特にポジティブで楽天的な方にとっては、耳の痛い話かもしれませんね。

ことわざの由来は?なぜ狸なの?

動物の皮は衣類などに利用できるため、特に昔は重宝したであろうことは容易に想像できます。そのため「取らぬ狸の皮算用」ということわざが定着したことも納得できますが、皮がとれる動物はほかにもたくさんいるはずで、『なぜ狸なの?』と気になるところ。

その答えは、狸は人を化かすと言われているから。幻を現実と勘違いしてしまうことを際立たせるために、狸が選ばれたわけですね。

「取らぬ狸の皮算用」の例文を紹介!

それでは次に、「取らぬ狸の皮算用」の使い方を例文でみていきましょう。

\次のページで「「取らぬ狸の皮算用」に類語はある?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: