国語言葉の意味

「哀惜」の意味や使い方は?例文や類語を字幕制作者がわかりやすく解説!

この記事では「哀惜」について解説する。

端的に言えば哀惜の意味は「人の死などを悲しむこと」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

ドラマやアニメなど、数多くの映像字幕を作成した経験があるNagiを呼んです。一緒に「哀惜」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/Nagi

映像翻訳スクール出身。翻訳、チェッカー以外にも、CC字幕(クローズドキャプション)の制作多数。言葉を文字で表現する「字幕」の世界に数多く触れてきた経験を活かして、分かりやすく解説する。

「哀惜」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

哀惜」の読み方は「あいせき」です。曖昧に覚えていたという人は、ここでしっかりと頭に入れてしまってくださいね。

それでは早速「哀惜」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「哀惜」の意味は?

まず、国語辞典に記載されている意味を見てみましょう。「哀惜」には、次のような意味があります。

人の死など、帰らないものを悲しみ惜しむこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「哀惜」

上記の説明からも分かるように、「哀惜」という言葉には「死」というキーワードがあります。「愛惜」という言葉もありますが、こちらのキーワードは「愛」。哀惜と愛惜はどちらも「あいせき」と読みますが、それぞれ別の意味を持つ同音異義語です。

「哀惜」の語源は?

次に「哀惜」の語源を確認しておきましょう。まず「哀」には、もともと「かなしげな声を出すこと」という意味があったといわれています。「哀」の部首が「なべぶた」や「ころも」でなく、口(くち)であることにつながりますね。一方の「惜」という字には「失いたくない気持ち」という意味があります。

「哀惜」という言葉の中には、悲劇的なシチュエーションに対する、深いかなしみの感情があることが分かりますね。

\次のページで「「哀惜」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: