国語言葉の意味

「先んじて」の意味や使い方は?例文や類語を日本文学科卒Webライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「先んじて」について解説する。

端的に言えば先んじての意味は「前もって」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

日本語が好きで日本文学科を卒業したハルを呼んだ。一緒に「先んじて」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

haruko417

ライター/ハル

日本語が大好きで日本文学科を卒業。現在は子供が言葉を覚えていく様子を見ながら日本語の奥深さを実感中。多くの人にそのよいところを紹介したいとの思いを込めて丁寧に解説する。

「先んじて」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 50483143

「先んじて」という言葉をご存知ですか。何気なく使っているけれど、正しい意味を聞かれると不安という方もあるかもしれませんね。どんな意味を持つ言葉でしょうか。それでは早速「先んじて」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「先んじて」の意味は?

まず初めに、「先んじて」の意味を国語辞典で確認してみましょう。「先んじて」には、次のような意味があります。

他の人より先に進む。先に何かをする。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「先んずる」

「先んじて」は「さきんじて」と読みます。「せんじて」と読みたくなってしまうかもしれませんが、それは誤りですので気をつけましょう。「先んじて」は、動詞「先んじる」の連用形である「先んじ」に接続助詞「て」がついた形。「先んじる」は「先んずる」の上一段化です。「先んずる」には、「人より先に行く、人より前に行う、先手(せんて)を打つ」という意味があります。そこから「先んじて」は「前もって」「予め(あらかじめ)」「先に」を表す表現となりました。

「先んじて」の語源は?

次に「先んじて」の語源を確認しておきましょう。

さきほど「先んじて」は「先んじる」の変形であると説明しました。「先んじる」は、「先にする」を転じた言葉なのです。ですから「人よりも物事を先にする」という意味を持つようになったのですね。

この「先んじる」が用いられた故事成語に「先んずれば人を制す」という言葉があるのをご存知でしょうか。この言葉は『史記』の「項羽本紀(こううほんき)」という章の「先んずれば人を制す、後(おく)るれば則(すなわ)ち人の制する所と為る」からとられました。また、孫氏の言葉に「先んじて戦地に処(お)りて、敵を待つものは佚(いつ)す」というものもあります。同じ意味を持つ「先手必勝」や「機先を制す」ということわざも聞いたことがあるのではないでしょうか。これらはそれぞれ、先に機運をつかみ敵より一歩早く手を打つことが勝利をつかむコツであると述べているのです。何事も人より先に行えば有利な立場に立てるということを教えてくれているのですね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
haruko417