突然ですが「くすぐったい」とき、言葉では何と表現するでしょう?そのまま「くすぐったい」とも言えるし、「こそばゆい」「こしょばい」「かゆい」など、いろいろな表し方があるな。

今回は特に「こそばゆい」について解説する。あまり広く使われることがないため、方言だと思われることも多いが実際はどうなのでしょう。

大学時代に日本語と日本文学について学び、日本語への愛ゆえに塾講師時代には国語の授業に一際力を入れていたというカワナミを呼んです。意味や語源、使い方、類義語と共に解説していく。さっそく見ていこう。

ライター/カワナミ

大学時代に日本語や日本文学について学び、日本語の魅力に触れる。塾講師時代に最も力を注いだのは国語の授業だった。言葉を知ると世界が広がると本気で信じている。

「こそばゆい」は方言?共通語?

「こそばゆい」全国共通語であり、辞書にもきちんと載っています。西日本を中心とした地域では「こしょばい」「こちょばい」といった方言が存在するため、音の似ている「こそばゆい」も方言であると思われることが多いようです。かと言って、東日本側で「こそばゆい」を使っているかというと、残念ながらあまり耳にする機会はないでしょう。最近では「くすぐったい」がすっかり主流になりました。

しかし「こそばゆい」には、体だけでなく「心のくすぐったさ」も含まれています。褒められるシーンで、なんだか自分にはもったいないような照れくささを感じ、謙遜する気持ちを柔らかく表現できるのは「こそばゆい」の魅力の一つです。

「こそばゆい」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「こそばゆい」の意味や語源、使い方を見てきましょう。

「こそばゆい」の意味は「くすぐったい」

まずはウェブサイトのコトバンクを利用して、辞書に記されている「こそばゆい」の意味を調べます。

こそばゆ・い
〘形口〙 こそばゆ・し 〘形ク〙
① くすぐられるなどして、むずむずした感じが堪えがたい。くすぐったい。
※京大本湯山聯句鈔(1504)「酸と云わ、こそばゆいぞ」
② 相応以上の賞賛やもてなしなどをうけたりして恥ずかしい。また、気がもめて落ち着かない。くすぐったい。
※浮世草子・新竹斎(1687)三「猶よしある人とおもへるけしきに、尻擽(コソバユ)くいとま乞て出ぬ」
こそばゆ‐が・る〘自ラ四〙
こそばゆ‐さ〘名〙

出典:精選版 日本国語大辞典(小学館)「こそばゆい」

こそばゆ・い
[形][文]こそばゆ・し[ク]
1 くすぐられたような、むずむずした感じである。くすぐったい。「背中が―・い」
2 実力以上に評価されなどして、きまりがわるい。てれくさい。「そんなに褒められては―・い」
[派生]こそばゆげ[形動]こそばゆさ[名]

出典:デジタル大辞泉(小学館)「こそばゆい」

「こそばゆい」の意味は端的に言うと「くすぐったい」ですが、細かく分けると2つになります。1つは身体的・物理的にむずがゆい状態、もう1つは照れくさく身の置き所がないような心理的なむずがゆさです。

例えばふざけて脇の下やわき腹をくすぐられると、耐えがたいムズムズ感を覚えますよね。また、小さな虫が腕に止まっている、服のタグが背中に触れている、など体に直接何かが当たっているとき「こそばゆい」と表現できます。一方、心理的なむずがゆさを感じるのは、自分が思っているよりも過大に評価される過剰にもてなされる、といったシーンです。本当にくすぐられているわけではないのに、くすぐったく感じるのは、よく考えるとおもしろいですよね。

「こそばゆい」の語源は大和言葉

「こそばゆい」の語源は、大和言葉(やまとことば)「こそばゆし」です。「こそばゆし」を形容詞化した形が「こそばゆい」になります。

大和言葉とは、大陸から漢語や外来語が入ってくる以前からある日本生まれの言葉のことです。縄文や弥生時代から使われていたと言われ、のちに宮中や幕府といった上流階級の言葉としても広まりました。現在でも「こそばゆい」を由来とした方言が西日本を中心にしているのは、かつての日本が西日本に都を置いていたことと関連がありそうですね。

大和言葉の中には今も残る擬態語が多くあります。「こそばゆい」の「こそ」の部分も、くすぐることを表す「こそこそ」が元です。「こしょこしょ」「くすぐる」(こそぐる)もまた、この「こそこそ」に繋がっています。

\次のページで「「こそばゆい」の使い方・例文」を解説!/

「こそばゆい」の使い方・例文

image by iStockphoto

「こそばゆい」の使い方を、実際の例文を元に見ていきましょう。

1.朝礼で校長先生が話している間、後ろの友達が何度も背中をつつくので、こそばゆくて仕方なかった。
2.なんだか足がこそばゆいと思っていたら、知らないうちに蚊に刺されていたようだ。
3.試合で活躍したチームメイトに「今日の勝利は君のおかげだ」と伝えると、彼はこそばゆげな表情を浮かべた。
4.おばあちゃんの家に久しぶりに遊びに行った。何を話しても「すごい」と褒めてくれるので、こそばゆい思いがした。

例文1.2は身体のこそばゆさ例文3.4は気持ちのこそばゆさを意味しています。
例文1は、背中をつつかれてくすぐったいという意味です。学校の朝礼では割りとよく見る光景ですが、やりすぎると先生の注意を受けますよ。
例文2で表すのは、蚊に刺された部分がくすぐったかった、かゆかった、ということです。

例文3では、賞賛されている本人がそこまで大きなことをしたと思っていなかったのでしょう。褒められて、居心地の悪さやむずがゆさを感じています。
例文4は孫の話を、どんなことでも褒めたたえるおばあちゃんに対し、心のくすぐったさを感じているという状況です。孫には嬉しいけれどいたたまれないような感覚がありますが、きっとおばあちゃんは本当に孫の話をどれも喜んで聞いていることでしょう。

\次のページで「「こそばゆい」の類義語は?違いは?」を解説!/

「こそばゆい」の類義語は?違いは?

「こそばゆい」の2つの意味とそれぞれ同じ意味を持つ言葉を類義語としてご紹介します。

「むずがゆい」:からだがむずむずしてかゆいこと

「むずがゆい」「からだがむずむずしてかゆいこと」です。「こそばゆい」の「物理的にかゆいこと」と意味が重なりますね。しかし一部では「むずがゆい気持ちがする」のように、心理的なものにも使うようです。「こそばゆい」「くすぐったい」との区別やはっきりとした違いは、あまりないと言えます。

「面映ゆい」:照れくさい

「面映ゆい」(おもはゆい)「照れくさい」「決まりが悪い」という意味です。心理的な「こそばゆい」と同じ状況を説明できますね。ただし覚えておきたい注意点が1つ「こそばゆい」は褒められたりもてなされたりと限定された場面で使うのに対し、「面映ゆい」には決まった場面がなく「恥ずかしい」というニュアンスで使うことができます。

「気恥ずかしい」:照れくさい

「こそばゆい」の説明にも何度も出てきている「気恥ずかしい」は、「照れくさい」「なんとなく恥ずかしい」という意味を持っています。「恥ずかしい」よりも「少しだけ恥ずかしい」というニュアンスです。顔を真っ赤に染める程ではないけれど、むずむずと居心地の悪さを感じるような恥ずかしさ、と言うと伝わるでしょうか。

「こそばゆい」の対義語は?

「こそばゆい」の「褒められて照れくさい」と反対の意味を持つ言葉を対義語としてご紹介します。

「ふてぶてしい」:図々しく、開き直っていること

「ふてぶてしい」「太太しい」と書きます。「ひらき直って図太くかまえている」「平然としていて図々しい」という意味の言葉です。「こそばゆい」が褒められる事柄でも照れくさいと感じるのに対し、「ふてぶてしい」はどんなことにもうろたえる様子を見せません。怖いもの知らず、とも言えますね。

\次のページで「「こそばゆい」の英訳は?」を解説!/

「こそばゆい」の英訳は?

image by iStockphoto

「こそばゆい」の2つの意味にそれぞれ合った英訳をご紹介します。

「ticklish」:くすぐったい

「身体がくすぐったい」という意味での「こそばゆい」には「ticklish」が適当でしょう。形容詞としての「くすぐったい」状態を表します。動詞の「くすぐる」「tickle」となり、「tickle〜」で「〜をくすぐる」という意味です。

「feel awkward」:照れくさい

「feel awkward」は「こそばゆい」の「照れくさい」「決まりが悪い」という意味を表す英訳です。「awkward」だけで「気まずい」という意味を持つため、「feel awkward」は「気まずさを感じる」と直訳できます。また「恥ずかしい」ことを強調したい場合には「shy」を使用しても良いでしょう。

「こそばゆい」から日本の文化を感じる

この記事では「こそばゆい」について解説しました。西日本の方言に「こそばい」「こしょばい」「こちょばい」などがありますが、「こそばゆい」は共通語でした。

現在では使われることが少なくなってしまいましたが、「こそばゆい」は大和言葉を由来とする日本語ならではの表現です。「くすぐったい」でも十分に通じますが、「こそばゆい」を使うと、よりソフトでふわふわしたものが触れている、そんなやわらかさまで含めて表せるような気がします。大和言葉は古来から今日まで続くひとつの文化です。知っているだけでも気持ちが豊かになります。ぜひ心に留めておいてください。

" /> 「こそばゆい」は方言?意味や語源・使い方・類義語と共に元塾講師ライターがわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

「こそばゆい」は方言?意味や語源・使い方・類義語と共に元塾講師ライターがわかりやすく解説!

突然ですが「くすぐったい」とき、言葉では何と表現するでしょう?そのまま「くすぐったい」とも言えるし、「こそばゆい」「こしょばい」「かゆい」など、いろいろな表し方があるな。

今回は特に「こそばゆい」について解説する。あまり広く使われることがないため、方言だと思われることも多いが実際はどうなのでしょう。

大学時代に日本語と日本文学について学び、日本語への愛ゆえに塾講師時代には国語の授業に一際力を入れていたというカワナミを呼んです。意味や語源、使い方、類義語と共に解説していく。さっそく見ていこう。

ライター/カワナミ

大学時代に日本語や日本文学について学び、日本語の魅力に触れる。塾講師時代に最も力を注いだのは国語の授業だった。言葉を知ると世界が広がると本気で信じている。

「こそばゆい」は方言?共通語?

「こそばゆい」全国共通語であり、辞書にもきちんと載っています。西日本を中心とした地域では「こしょばい」「こちょばい」といった方言が存在するため、音の似ている「こそばゆい」も方言であると思われることが多いようです。かと言って、東日本側で「こそばゆい」を使っているかというと、残念ながらあまり耳にする機会はないでしょう。最近では「くすぐったい」がすっかり主流になりました。

しかし「こそばゆい」には、体だけでなく「心のくすぐったさ」も含まれています。褒められるシーンで、なんだか自分にはもったいないような照れくささを感じ、謙遜する気持ちを柔らかく表現できるのは「こそばゆい」の魅力の一つです。

「こそばゆい」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「こそばゆい」の意味や語源、使い方を見てきましょう。

「こそばゆい」の意味は「くすぐったい」

まずはウェブサイトのコトバンクを利用して、辞書に記されている「こそばゆい」の意味を調べます。

こそばゆ・い
〘形口〙 こそばゆ・し 〘形ク〙
① くすぐられるなどして、むずむずした感じが堪えがたい。くすぐったい。
※京大本湯山聯句鈔(1504)「酸と云わ、こそばゆいぞ」
② 相応以上の賞賛やもてなしなどをうけたりして恥ずかしい。また、気がもめて落ち着かない。くすぐったい。
※浮世草子・新竹斎(1687)三「猶よしある人とおもへるけしきに、尻擽(コソバユ)くいとま乞て出ぬ」
こそばゆ‐が・る〘自ラ四〙
こそばゆ‐さ〘名〙

出典:精選版 日本国語大辞典(小学館)「こそばゆい」

こそばゆ・い
[形][文]こそばゆ・し[ク]
1 くすぐられたような、むずむずした感じである。くすぐったい。「背中が―・い」
2 実力以上に評価されなどして、きまりがわるい。てれくさい。「そんなに褒められては―・い」
[派生]こそばゆげ[形動]こそばゆさ[名]

出典:デジタル大辞泉(小学館)「こそばゆい」

「こそばゆい」の意味は端的に言うと「くすぐったい」ですが、細かく分けると2つになります。1つは身体的・物理的にむずがゆい状態、もう1つは照れくさく身の置き所がないような心理的なむずがゆさです。

例えばふざけて脇の下やわき腹をくすぐられると、耐えがたいムズムズ感を覚えますよね。また、小さな虫が腕に止まっている、服のタグが背中に触れている、など体に直接何かが当たっているとき「こそばゆい」と表現できます。一方、心理的なむずがゆさを感じるのは、自分が思っているよりも過大に評価される過剰にもてなされる、といったシーンです。本当にくすぐられているわけではないのに、くすぐったく感じるのは、よく考えるとおもしろいですよね。

「こそばゆい」の語源は大和言葉

「こそばゆい」の語源は、大和言葉(やまとことば)「こそばゆし」です。「こそばゆし」を形容詞化した形が「こそばゆい」になります。

大和言葉とは、大陸から漢語や外来語が入ってくる以前からある日本生まれの言葉のことです。縄文や弥生時代から使われていたと言われ、のちに宮中や幕府といった上流階級の言葉としても広まりました。現在でも「こそばゆい」を由来とした方言が西日本を中心にしているのは、かつての日本が西日本に都を置いていたことと関連がありそうですね。

大和言葉の中には今も残る擬態語が多くあります。「こそばゆい」の「こそ」の部分も、くすぐることを表す「こそこそ」が元です。「こしょこしょ」「くすぐる」(こそぐる)もまた、この「こそこそ」に繋がっています。

\次のページで「「こそばゆい」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: