この記事では「有用性」について解説する。

端的に言えば有用性の意味は「どれだけ役に立つか」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は広報担当者としての経験を持つライター「井上 樹」を呼んです。一緒に「有用性」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/井上 樹

“広報担当者”としての顔を併せ持つライター。「単語の意味レベルでも、誤った情報は発信しない」をモットーにしている。今回は「有用性」について分かりやすく解説していく。

「有用性」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「有用性」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「有用性」の意味は?

「有用性」の「有用」には、次のような意味があります。

役に立つこと。また、そのさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「有用」

「有用性」は「ゆうようせい」と読み、冒頭で桜木さんが説明したように、「どれだけ役に立つか」という意味合いがあります。「役に立つ」という意味の「有用」に、物事の性質や傾向を表す「性」がつき、「役に立つ傾向」という意味になるわけですね。

一般的に人や物を対象として、役に立つ度合いなどを示す場合に使われます。

また、医療の現場でもよく見かける言葉です。薬の開発を行う際など、臨床試験を繰り返すことで有用性が高いかどうかを見極めることから「臨床的有用性」と呼ばれることもあります。

「有用性」の具体的な使い方は、後で例文を紹介しますね。

「有用性」の使い方・例文

「有用性」は、実際にはどんな使われ方をするのでしょうか。以下の例文を見ながら、理解していきましょう。

\次のページで「「有用性」の類義語は?違いは?」を解説!/

1.彼はパソコンに詳しいので、スペックの高いパソコンの有用性を語ってくれた。

2.この会社にとって、彼は非常に有用性が高い人材だ。

3.この薬は有用性が認められないので、販売することができない。

例文1のように「有用性がある」という表現で、対象の事柄が役に立つものである、という意味を表します。例文の彼は、「スペックの高いパソコンはどれだけ役に立つか」について語ったわけですね。

例文2では、「有用性が高い」という表現が使われています。このように有用性は、後ろに高い・低いという言葉が続くことが多く、対象の事柄が役に立つのか、立たないのかを端的に表すことができる言葉です。例文のように、人の評価に対しても使うことができる言葉なので、覚えておきましょう。

例文3は医療現場における内容で、薬や治療法の効果と安全性の両方が備わっているかを示す基準として使われます。新しい薬や治療法が出来ても、危険が伴うものだと意味がありませんよね。医療現場では、有用性は非常に大切な指標となります。

「有用性」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「どれだけ役に立つか」を表す「有用性」。類義語にはどんな言葉があるのでしょうか。一緒に確認していきましょう。

その1「有効性」

有効性の「有効」は、「ききめのあること。効力をもっていること。」という意味の言葉です。有用性との違いは視点にあり、有用性は主観的有効性は客観的な効果に使われます。

また、有効性は特定の事柄に対する効果を表すのに対して、有用性は本来の使い方とは違った場面でも役立つという対象の幅の広さにも違いがあるんです。

この薬は、急な腹痛に対して有効性がある。

\次のページで「その2「実用性」」を解説!/

その2「実用性」

「実用性」は「実際に利用する場合に価値があること」という意味があります。有用性と同様に「役立つ」というニュアンスがありますが、理論上ではなく実際に使われる場面で役立つときに用いられる表現です。

誕生日にもらったプレゼントが、とても実用性のあるもので嬉しい。

「有用性」の対義語は?

次に、有用性の対義語にはどんな言葉があるのか考えてみましょう。有用性は「役立つ」という意味合いなので、反対に「役に立たない」という意味を持つ言葉が有用性の対義語になりますね。以下で具体的に見ていきましょう。

その1「無用」

「無用」は「役に立たない、使い道のない」という意味の言葉です。漢字だけを見てもわかるように、有用・無用とわかりやすく反対の意味を表します。問答無用、心配ご無用など、定型表現としてもよく見かけますよね。

その2「無益」

「無益」には「利益のないこと、むだ」という意味があります。無という字がありますが、ゼロではなく「損をする」というマイナスのニュアンスが強い言葉です。「無用」と同様、「有用性」の対義語として使われます。

「有用性」の英訳は?

image by iStockphoto

最後に、有用性を英訳するとどんな表現になるのかをご紹介しますね。

\次のページで「その1「usefulness」」を解説!/

その1「usefulness」

「usefulness」には有用性というそのままの意味があり、日本語同様、役に立つというニュアンスを表現することができます。ただし、usefulnessは「便利」という意味合いがあるので、人に対して使うのは避ける方が無難です。

その2「utility」

「utility」には役に立つ、有用などの意味があります。サッカーなどで、「ユーティリティープレイヤー」という言葉を耳にしたことがありませんか。どのポジションでもプレイができるという、チームにとって有用性の高い選手のことを指しています。

このことからも「utility」が「有用性」を表すということがわかりますね。

最後に、それぞれの英語の例文を一つずつご紹介して、今回の有用性についての解説を終わります。

I want to know the degree of usefulness of this computer.
(このパソコンの有用性が知りたいんです。)

I chose the car for utility rather than brand.
(僕はブランドよりも有用性の観点からその車を選んだ。)

「有用性」を使いこなそう

この記事では「有用性」の意味・使い方・類語などを説明しました。

「有用性」には「どれだけ役に立つか」という意味合いがあり、日常の場面だけでなく医療現場など、幅広いシーンで使われることがわかりましたね。

また、「これから役に立つ可能性」だけではなく、「実際に使ってみた結果、役に立った」という場合も用いられる表現なので、しっかりと覚えておきましょう。

今回説明したように類義語や対義語など、関連する言葉がたくさんあるので、ニュアンスの違いをしっかりと理解して、「有用性」を使いこなしましょう。

" /> 「有用性」の意味や使い方は?例文や類語を広報担当者ライターがわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

「有用性」の意味や使い方は?例文や類語を広報担当者ライターがわかりやすく解説!

この記事では「有用性」について解説する。

端的に言えば有用性の意味は「どれだけ役に立つか」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は広報担当者としての経験を持つライター「井上 樹」を呼んです。一緒に「有用性」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/井上 樹

“広報担当者”としての顔を併せ持つライター。「単語の意味レベルでも、誤った情報は発信しない」をモットーにしている。今回は「有用性」について分かりやすく解説していく。

「有用性」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「有用性」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「有用性」の意味は?

「有用性」の「有用」には、次のような意味があります。

役に立つこと。また、そのさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「有用」

「有用性」は「ゆうようせい」と読み、冒頭で桜木さんが説明したように、「どれだけ役に立つか」という意味合いがあります。「役に立つ」という意味の「有用」に、物事の性質や傾向を表す「性」がつき、「役に立つ傾向」という意味になるわけですね。

一般的に人や物を対象として、役に立つ度合いなどを示す場合に使われます。

また、医療の現場でもよく見かける言葉です。薬の開発を行う際など、臨床試験を繰り返すことで有用性が高いかどうかを見極めることから「臨床的有用性」と呼ばれることもあります。

「有用性」の具体的な使い方は、後で例文を紹介しますね。

「有用性」の使い方・例文

「有用性」は、実際にはどんな使われ方をするのでしょうか。以下の例文を見ながら、理解していきましょう。

\次のページで「「有用性」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: