この記事では「犇めく」について解説する。

端的に言えば「犇めく」の意味は「たくさんの人々が集まっているさま」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

語学好き・英語好き・読書好きなライターくふを呼んです。一緒に「犇めく」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/くふ

語学好き・英語好き・読書好きなライター。学習塾での経験を活かし分かりやすく丁寧な解説をお届けする。

「犇めく」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「犇めく」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「犇めく」の意味は?

「犇めく」には、次のような意味があります。辞書や辞典などで正確な内容を確認しましょう。

1.大勢の人が1か所にすきまなく集まる。また、集まって騒ぎたてる
2.ぎしぎしと音がする

出典:デジタル大辞泉(小学館)「犇めく」

牛が3つで「犇めく」。何と読むか分かるでしょうか。読むことができたあなたは語彙力が高いでしょう。「犇めく」とは「1.大勢の人が1か所に集まっている状況 2.ぎしぎしと音がする」の意。読み方は「ひしめく」です。一つの場所にたくさんの人が集中している場面や人がたくさん集まりどよめていてるさまを示す言葉ですよ。満員電車で人が密集している様子やセール会場にたくさんの人が集まっている光景を思い浮かべると分かりやすいでしょう。

古典の有名な作品にもたくさん使われている言葉です。「平家物語」においては「京より御使ありとて犇めきけり=京より使いの者があると大勢の人が集まった」のように「観衆が集まっている」という意味で使われています。

「宇治拾遺物語」では「片方に寄りて、寝たるよしにて、出で来るを待ちけるに、すでにしいだしたるさまにて、ひしめき合ひたり 」=「部屋の隅に寄って、寝たふりをして、ぼたもちが出来上がるのを待っていたらもうできたようで僧たちが一緒に騒ぎ立てています」のように「騒ぎ立てている」という意味を示していますよ。

「枕草子」においては 「いとど奥の方より、物の犇めき鳴るもいと恐ろしくて」=「さらに奥の方から、ぎしぎしと物音がするさまがとても恐ろしくて」のように「ぎしぎしと物音がするさま」を表しています。とても歴史の深い言葉だということが感じられるでしょう。

「犇めく」の語源は?

次に「犇めく」の語源を確認しておきましょう。「犇」は「牛が群れを作って集まっているところに何か驚くようなものごとが起こり、牛たちが慌てて走り逃げる様子」を示しているとされています。「牛たちが集団でいる様子や牛たちが一斉に走り出す状況」から派生して、現在の「犇めく」の意味である「混雑しているさま」を表すようになったと伝えられていますよ。「牛」を3つ使用して状況を示すという発想力の豊さが大いに感じられます。「犇めく」の由来について理解が深まりましたね。

\次のページで「「犇めく」の使い方・例文」を解説!/

「犇めく」の使い方・例文

「犇めく」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この用語は、たとえば以下のように用いられます。

1.毎朝、通勤ラッシュの時間帯の駅には人が犇めいている
2.有名なアイドルのファンクラブ会員限定イベントが開催されるため、最寄り駅はファンで犇めいている
3.彼はサッカー部に所属している。強豪が犇めく予選を勝ち抜き、全国大会出場の夢を叶えることができた。

例文から「犇めく」の使い方を学びましょう。例文1は「通勤ラッシュ」です。「毎朝、通勤ラッシュの時間帯の駅のホームには乗客でいっぱいだという場面」を示しています。駅のホームにはたくさんの人で混雑している状況がイメージできますね。例文2は「イベント」です。「アイドルのイベントが開かれるので近くの駅はファンでごった返している様子」を表現しています。大勢のファンで駅が埋め尽くされている状況が伺えますね。

例文3は「スポーツ」です。「強いチームがたくさん集まっている予選大会を勝ち抜き、全国大会への切符を手に入れることができたさま」を表しています。例文3のようにスポーツの場面では「たくさんの集団が競い合っている様子」や「激戦である状況」も示すことができる言葉ですよ。「犇めく」が実際にどのような場面を示しているのか理解が深まりましたね。

「犇めく」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「犇めく」の類義語はどのような言葉が考えられるのでしょうか。一緒に確認しましょう。

「すし詰めになる」

「犇めく」の類義語には「すし詰めになる」が考えられるでしょう。「すし詰めになる」とは「たくさんの人や物がすき間なく集まっている様子」の意。「すしを折り箱に詰める際、すき間を作ることなくびっしりと並べるように人やものがいっぱい集まっている様子」を表現した言葉です。使い方を例文から学びましょう。

例文1は「身動きが取りにくいほどのたくさんの人が電車に乗っている様子」を表現しています。例文2は「夏休みのプールはたくさんのお客さんでにぎわっている状況」を表していますよ。夏休みにプールにお出かけする人が多いことが感じられます。「犇めく」と一緒に「すし詰めになる」もマスターして下さいね。

\次のページで「「犇めく」の対義語は?」を解説!/

1.毎朝、すし詰めの電車で通勤している。

2.夏休みのプールは、学生や家族連れですし詰め状態だ。

「犇めく」の対義語は?

「犇めく」の対義語にはどのような言葉が考えられるのでしょうか。関連する言葉を一緒に確認しましょう。

「猫の子一匹いない」

「犇めく」の対義語には「猫の子一匹いない」が考えられるでしょう。「猫の子一匹いない」とは「人が全くいない様子」の意。誰もいない閑散とした様子を表す言葉です。使い方を例文から学びましょう。例文1は「学校」です。「夜の学校は静まりかえっており誰もいない様子」が伺えますね。例文2は「迷子」です。「人通りが少ない場所に迷い込んでしまった場面」を示しています。とても不安な気分であることが伝わってきますね.。例文1や2が表しているように、寂しい雰囲気や薄気味悪さというニュアンスを含んでいる表現でしょう。

1.夜の学校には猫一匹いない

2.道に迷ってしまい、猫の子一匹いない場所に来てしまった。

「犇めく」の英訳は?

image by iStockphoto

「犇めく」は英語でどのように翻訳するのでしょうか。キーワードとなる英単語を一緒にチェックしましょう。

「crowded」

「犇めく」は「crowded」を使って英訳できるでしょう。「crowded」は「群がる・混雑する・満員の」の意。使い方を例文から学びましょう。例文1は「とても電車が混みあっている様子」を示しています。たくさんの通勤客で埋め尽くされた満員電車の中にいる光景が目に浮かびますね。

例文2は「朝から書店にたくさんのお客さんが来店し、混雑している場面」を示しています。「人気小説の発売日なのかもしれませんね。「be crowded with」は「~で混雑している」を意味する有名なイディオムです。これを機会に覚えておきましょう。

\次のページで「「犇めく」を使いこなそう」を解説!/

1.The train was very crowded.
(その電車はとても混みあっていた。)

2.The book store was crowded with customers from morning.
(その書店は朝から買い物客で混雑していた。)

「犇めく」を使いこなそう

この記事では「犇めく」の意味・使い方・類語などをご紹介しました。「犇めく」のように同じ漢字が3つ使われている熟語は「品字様(ひんじよう)」と呼ばれています。「犇めく」以外にもたくさんの言葉がありますよ。家族や友人とクイズを出し合い、楽しくボキャブラリーを学んでいくことがおすすめです。

" /> 「犇めく」の意味や使い方は?例文や類語を現役塾講師がわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

「犇めく」の意味や使い方は?例文や類語を現役塾講師がわかりやすく解説!

この記事では「犇めく」について解説する。

端的に言えば「犇めく」の意味は「たくさんの人々が集まっているさま」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

語学好き・英語好き・読書好きなライターくふを呼んです。一緒に「犇めく」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/くふ

語学好き・英語好き・読書好きなライター。学習塾での経験を活かし分かりやすく丁寧な解説をお届けする。

「犇めく」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「犇めく」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「犇めく」の意味は?

「犇めく」には、次のような意味があります。辞書や辞典などで正確な内容を確認しましょう。

1.大勢の人が1か所にすきまなく集まる。また、集まって騒ぎたてる
2.ぎしぎしと音がする

出典:デジタル大辞泉(小学館)「犇めく」

牛が3つで「犇めく」。何と読むか分かるでしょうか。読むことができたあなたは語彙力が高いでしょう。「犇めく」とは「1.大勢の人が1か所に集まっている状況 2.ぎしぎしと音がする」の意。読み方は「ひしめく」です。一つの場所にたくさんの人が集中している場面や人がたくさん集まりどよめていてるさまを示す言葉ですよ。満員電車で人が密集している様子やセール会場にたくさんの人が集まっている光景を思い浮かべると分かりやすいでしょう。

古典の有名な作品にもたくさん使われている言葉です。「平家物語」においては「京より御使ありとて犇めきけり=京より使いの者があると大勢の人が集まった」のように「観衆が集まっている」という意味で使われています。

「宇治拾遺物語」では「片方に寄りて、寝たるよしにて、出で来るを待ちけるに、すでにしいだしたるさまにて、ひしめき合ひたり 」=「部屋の隅に寄って、寝たふりをして、ぼたもちが出来上がるのを待っていたらもうできたようで僧たちが一緒に騒ぎ立てています」のように「騒ぎ立てている」という意味を示していますよ。

「枕草子」においては 「いとど奥の方より、物の犇めき鳴るもいと恐ろしくて」=「さらに奥の方から、ぎしぎしと物音がするさまがとても恐ろしくて」のように「ぎしぎしと物音がするさま」を表しています。とても歴史の深い言葉だということが感じられるでしょう。

「犇めく」の語源は?

次に「犇めく」の語源を確認しておきましょう。「犇」は「牛が群れを作って集まっているところに何か驚くようなものごとが起こり、牛たちが慌てて走り逃げる様子」を示しているとされています。「牛たちが集団でいる様子や牛たちが一斉に走り出す状況」から派生して、現在の「犇めく」の意味である「混雑しているさま」を表すようになったと伝えられていますよ。「牛」を3つ使用して状況を示すという発想力の豊さが大いに感じられます。「犇めく」の由来について理解が深まりましたね。

\次のページで「「犇めく」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: