この記事では「寂寞」について解説する。

端的に言えば寂寞の意味は「静かな様子」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元予備校校舎長で教育系ライターのみゆなを呼んです。一緒に「寂寞」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/みゆな

元大手予備校校舎長、現在は教育系のライター。国語、特に現代文の指導経験が豊富。難解な言葉や表現を中高生がスラスラ理解できるように解説するのが大得意。

「寂寞」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「寂寞」は普段はあまり見ない熟語ですね。読み方は「せきばく」「じゃくまく」です。文学作品をはじめ、文章中でよく使われます。口語ではほとんど使いません。「寂」という感じからなんとなく意味を想像していたけれども、正しい意味は自信がないという人が多いかもしれませんね。この機会に、語源まで含めて「寂寞」をしっかり理解しておきましょう。

「寂寞」の意味は?

「寂寞」には、次のような意味があります。

1.ひっそりとして寂しいさま。
2.心が満たされずにもの寂しいさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「寂寞」

「寂寞」とは「ひっそりとしていて、物寂しい様子」を表します。意味の2を見てもわかるように、単に「寂しい」というだけではなく、どこか心が冷えるような、満たされない空虚感があるときに「寂寞」と表現しましょう。にぎやかな通りから一歩入ったところにあるお寺を訪ねたときに境内の静まり返った様子に心が動かされる、そんなシーンを言い表すのにぴったりの言葉ですね。

「寂寞」の語源は?

次に「寂寞」の語源を確認しておきましょう。漢字1字ずつの意味を見ると「寂寞」がよく理解できますよ。

」は「しずか、さびしい」という意味のほかに、「古びて趣があること。枯れてしぶみのあること」という意味も持っている感じです。いわゆる「わびさび」の「さび」ですね。
」は「さびしい、しずか、ひっそりとしている」という意味で、「寞然」「寂寞」といった熟語に用いられます。

いずれも「静かでひっそりした趣がある」という意味を持つ漢字が重なってできたのが「寂寞」です。苔むす音まで聞こえそうな静けさがイメージできますね。

「寂寞」の使い方・例文

「寂寞」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「寂寞」の類義語は?違いは?」を解説!/

1.昨年、両親が相次いでこの世を去った。以来、僕は得体の知れない激しい寂寞感にさいなまれている。
2.初めて一人旅に出てみた。古都の古びた寺院を包む寂寞とした空気が心地よい。
3.道に迷って、気付いたらこんなところまで来てしまった。人里離れた寂寞とした風景が別世界のようだ。

「寂寞」は心情や風景、様子を表すのに使う言葉です。

例文1は親御さんを相次いで亡くしてしまった「僕」が、その後の心持ちを「寂寞感」と表現しています。ぽっかりと心に穴が開いたような空虚さ、大切な人を失った悲しみや寂しさ、そういった心情を一言で表現する際に「寂寞」はピッタリですね。

例文2と3は風景について書いています。古いお寺を包む静寂、人の気配がしないひっそりとした雰囲気。にぎやかな現実世界とは一線を画した静謐さを「寂寞」と表現している文章です。

「寂寞」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「寂寞」は類義語が非常に多い言葉です。代表的なものを3つご紹介しますね。

その1「物寂しい」

物寂しい(ものさびしい)」は「なんとなくさびしい。うらさびしい」という意味です。風景や光景、あるいは心情についても使える言葉だという点でも「寂寞」と共通していますね。

その2「寂寥」

寂寥(せきりょう)」も「寂寞」の類義語です。「心が満ち足りずもの寂しいこと、ひっそりとしてもの寂しいさま」という意味を持っています。「寂寥感」という使い方が一般的です。あまり見かけない使い方ですが、「寥しい」は「さびしい」と読みます。

その3「侘しさ」

侘しい(わびしい)」も「寂寞」に近い言葉ですね。「ひどくもの静かでさびしい、心細い、つらく悲しい」といった意味を持っています。また古典では「興ざめである、おもしろくない」という意味でも使われますよ。

\次のページで「「寂寞」の対義語は?」を解説!/

「寂寞」の対義語は?

「寂寞」の対義語を考えてみましょう。「寂寞」は「ひっそりとしていて物寂しい」という意味ですね。ではその反対の意味を持つ言葉は、どのようなものが思いつきますか?こちらも代表的なものを3つ、ご紹介します。

その1「繁華」

繁華(はんか)」は「人が多く集まっていて、とても賑やかな様子」という意味です。「繁華街」と使いますね。まさに「寂寞」とは真反対にある言葉だと言えます。

その2「賑やか」

賑やか(にぎやか)」も「人などが多く集まって活気のあるさま、物音や人声などが盛んに聞こえるさま」という意味です。「寂寞」は人気も音もない様子だったことを踏まえると、こちらも対義語と言えますね。

その3「騒々しい」

騒々しい(そうぞうしい)」は「物音や人声が多くてうるさい」という意味です。不快に感じるレべルまで音が大きい様子を表します。

「寂寞」の英訳は?

image by iStockphoto

「寂寞」は「わびさび」という日本らしい価値観にも通じる言葉ですが、英語ではどのように表現するのでしょうか?

その1「lonely」

lonely」は「孤独な、ひとりぼっちの、寂しい、心細い、人里離れた」という意味です。「ロンリー」とカタカナ英語でも使われますね。「孤独」が意味の中心で、派生して「寂しい、人里離れた」という意味も持っています。口語でも使える表現です。

I am very lonely since he went away.
「彼がいなくなって、とても寂寞を感じる」

\次のページで「その2「desolate」」を解説!/

その2「desolate」

desolate」は「荒れ果てた、住む人もない、寂しい、顧みられない、見る影もない、わびしい」といった意味を持っています。まさに「寂寞」に近いニュアンスですね。「desolate」は形式ばった言い方であり、口語より文章中で使われることの方が多い単語ですよ。

The scene of a late fire is desolate.
「焼け跡は寂寞たる光景だ」

「寂寞」を使いこなそう

この記事では「寂寞」の意味・使い方・類語などを説明しました。

「寂寞」は古くから日本人に息づいている、物寂しいほどの静謐さを尊ぶ価値観から生まれた表現だとわかりました。今まで読んだ文学作品にも出てきていたかもしれませんね。「あの本にありそうだな」という心当たりがあれば、この機会に読み返してみると新しい発見があるかもしれませんよ。

" /> 「寂寞」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校校舎長がわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

「寂寞」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校校舎長がわかりやすく解説!

この記事では「寂寞」について解説する。

端的に言えば寂寞の意味は「静かな様子」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元予備校校舎長で教育系ライターのみゆなを呼んです。一緒に「寂寞」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/みゆな

元大手予備校校舎長、現在は教育系のライター。国語、特に現代文の指導経験が豊富。難解な言葉や表現を中高生がスラスラ理解できるように解説するのが大得意。

「寂寞」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「寂寞」は普段はあまり見ない熟語ですね。読み方は「せきばく」「じゃくまく」です。文学作品をはじめ、文章中でよく使われます。口語ではほとんど使いません。「寂」という感じからなんとなく意味を想像していたけれども、正しい意味は自信がないという人が多いかもしれませんね。この機会に、語源まで含めて「寂寞」をしっかり理解しておきましょう。

「寂寞」の意味は?

「寂寞」には、次のような意味があります。

1.ひっそりとして寂しいさま。
2.心が満たされずにもの寂しいさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「寂寞」

「寂寞」とは「ひっそりとしていて、物寂しい様子」を表します。意味の2を見てもわかるように、単に「寂しい」というだけではなく、どこか心が冷えるような、満たされない空虚感があるときに「寂寞」と表現しましょう。にぎやかな通りから一歩入ったところにあるお寺を訪ねたときに境内の静まり返った様子に心が動かされる、そんなシーンを言い表すのにぴったりの言葉ですね。

「寂寞」の語源は?

次に「寂寞」の語源を確認しておきましょう。漢字1字ずつの意味を見ると「寂寞」がよく理解できますよ。

」は「しずか、さびしい」という意味のほかに、「古びて趣があること。枯れてしぶみのあること」という意味も持っている感じです。いわゆる「わびさび」の「さび」ですね。
」は「さびしい、しずか、ひっそりとしている」という意味で、「寞然」「寂寞」といった熟語に用いられます。

いずれも「静かでひっそりした趣がある」という意味を持つ漢字が重なってできたのが「寂寞」です。苔むす音まで聞こえそうな静けさがイメージできますね。

「寂寞」の使い方・例文

「寂寞」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「寂寞」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: