国語言葉の意味

「騒擾」の意味や使い方は?例文や類語を字幕制作者がわかりやすく解説!

この記事では「騒擾」について解説する。

端的に言えば騒擾の意味は「集団で騒いで秩序を乱すこと」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

ドラマやアニメなど、数多くの映像字幕を作成した経験があるNagiを呼んです。一緒に「騒擾」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/Nagi

映像翻訳スクール出身。翻訳、チェッカー以外にも、CC字幕(クローズドキャプション)の制作多数。言葉を文字で表現する「字幕」の世界に数多く触れてきた経験を活かして、分かりやすく解説する。

「騒擾」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

騒擾」は「そうじょう」と読みます。普段、見聞きすることがあまりない言葉なので、読めた人はほとんどいないのではないでしょうか。

それでは早速「騒擾」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「騒擾」の意味は?

まず、国語辞典に記載されている意味を見てみましょう。「騒擾」には、次のような意味があります。

集団で騒ぎを起こし、社会の秩序を乱すこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「騒擾」

「騒擾」の意味は難しいものではありませんが、なかなかピンとこないかもしれません。口語では使わない文章語でもあるので、「そうじょう」と聞いても「相乗効果」の「相乗」が浮かんでしまうのではないでしょうか。

「騒擾」の語源は?

ここで「騒擾」の語源を確認しておきましょう。「騒(そう)」には「暴れて周りに影響を与える」という意味があります。うるさい音を立てるといったイメージも強く、喧騒・騒動・騒音といった言葉にも使われていますね。

一方の「擾(じょう)」は初見の漢字だという人が多いのではないでしょうか。漢検準1級レベルのこの字には「乱す、乱れる」といった意味があります。

\次のページで「「騒擾」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: