国語言葉の意味

「厭悪」の意味や使い方は?例文や類語を字幕制作者がわかりやすく解説!

この記事では「厭悪」について解説する。

端的に言えば厭悪の意味は「ひどく嫌って憎むこと」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

ドラマやアニメなど、数多くの映像字幕を作成した経験があるNagiを呼んです。一緒に「厭悪」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/Nagi

映像翻訳スクール出身。翻訳、チェッカー以外にも、CC字幕(クローズドキャプション)の制作多数。言葉を文字で表現する「字幕」の世界に数多く触れてきた経験を活かして、分かりやすく解説する。

「厭悪」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

厭悪」の読み方は「えんお」です。はたして、どれくらいの人が正しく読めたでしょうか?

それでは早速「厭悪」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「厭悪」の意味は?

まず、国語辞典に記載されている意味を見てみましょう。「厭悪」には、次のような意味があります。

嫌い憎むこと。ひどくいやに思うこと。嫌悪。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「厭悪」

辞書の説明にもあるように「厭悪」は「嫌悪(けんお)」と同義です。ただ、この二つの言葉の間には、ニュアンスの違いがあります。「厭悪」は「いとわしく思って憎む」こと。一方の「嫌悪」は「感覚的に不快感を持って嫌うこと」です。

「嫌」と「厭」を合わせて「嫌っていやがること」を強調した「嫌厭(けんえん)」という言葉もあります。「けんえんの仲」という諺(ことわざ)がありますが、この場合の「けんえん」は「犬猿」なので間違えないようにしましょう。

「厭悪」の語源は?

次に「厭悪」の語源を確認しておきましょう。「厭」という漢字が「厭(いと)う」と読めることからも分かるように。この字には「それ以上することをいやがる」という意味があります。「厭世感」「厭戦ムード」といった言葉からもイメージしやすいですね。

一方の「」の字は「あく」や「わるい」でおなじみですが、ここでは「お」と読みましょう。「お」と読む場合は「憎む・いやな」という意味になります。

\次のページで「「厭悪」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: