国語言葉の意味

「オリエンテーション」の意味や使い方は?例文や類語を国文学部Webライターがわかりやすく解説!

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「オリエンテーション」と「ガイダンス」は意味が似ていて類義語だと言えるな。しかし、全く同じ場面で使用できる言葉ではないぞ。ここで簡単に両者の違いを押さえよう。「オリエンテーション」とは「方向付け」を行うために「新しい環境に順応させる」指導をすることを意味する言葉だったな。それに対し「ガイダンス」は「全く何も知らない人に向けて初歩的な知識や技術を教える」ことを意味するぞ。両方の意味を比較すると、違いが分かるだろう。

「オリエンテーション」の対義語は?

最後に「オリエンテーション」の対義語について解説します。と言いたいところですが「オリエンテーション」に明確な対義語はありませんでした。

「オリエンテーション」が持つ「新しい環境に順応させる指導」という意味から連想するに「指導しない」「説明しない」といった言葉が対義語にあたるのではないでしょうか。

「オリエンテーション」を使いこなそう

この記事では「オリエンテーション」の意味・使い方・類語などを説明しました。おさらいすると「オリエンテーション」とは「方向付けのために新しい環境に順応させる指導」を意味する言葉でしたね。また「オリエンテーション」の由来は英語の「orientation」にありました。これから、新しい環境に飛び込み不安を抱えている人もいるかもしれません。しかし、多くの企業や学校で「オリエンテーション」という「新しい環境に順応させる」という目的を持った説明会が行われるので大丈夫。みんな最初は新人です。新人時代は、不安なことや悩むことがあるかと思いますが、時間が経てば慣れてくるので気に病むことはありません。皆さんにこの記事を通して「オリエンテーション」の意味が伝われば幸いに思います。

1 2 3
Share: