国語言葉の意味

「主旨」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「主旨」について解説する。

端的に言えば主旨の意味は「物事の中心となる事柄」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

放送局の制作現場の最前線で10年の経験を積んだsinpeito88を呼んです。一緒に「主旨」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/sinpeito88

放送局の現場で10年間、ニュース原稿などを日々執筆。より正確な情報を届けられるよう言葉の探求を続けている。

「主旨」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「主旨」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「主旨」の意味は?

「主旨」には、次のような意味があります。

考え・文章・話などの、中心となる事柄。主意。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「主旨」

「主旨」には、様々なものの中心となる事柄という意味があります。コメントや論文などを、キーワードなどを使って全体の中から伝えたい内容をまとめて伝えるために整理されたものです。スポーツ中継などで、得点シーンなど見どころをまとめて編集されたものを「ハイライト」といいますが、これも「主旨」を映像でまとめたものといえます。

主要な内容が大まかにまとまっていて、簡潔であることが大切です。会議や企画などにおいて、全体の意図が伝わるように何を盛り込み、何を省くのかは簡単なようで難しい作業と言えます。

「主旨」の使い方・例文

「主旨」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「主旨」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: