国語言葉の意味

「是非もなし」の意味や使い方は?例文や類語を現役文学部生がわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「是非もなし」について解説する。

端的に言えば「是非もなし」の意味は「仕方がない」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

日本語検定一級を持ち、文学部に所属する現役大学生ライターである文学少女を呼んだ。一緒に「是非もなし」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/文学少女

文学部で学んでいる読書好きの現役大学生。大学のみならず、日々の読書や日本語検定・漢字検定などで学んだ知識を活かして、種々の言葉を丁寧に解説する。

「是非もなし」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

織田信長が本能寺の変で遺した最後の言葉としても有名なこの句。歴史の授業ではもちろん、大河ドラマや歴史小説など様々な場で取り上げられているため、一度くらいは耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。それでは早速「是非もなし」という言葉自体の意味や語源・使い方などを見ていきましょう。

「是非もなし」の意味は?

「是非もなし」には、次のような意味があります。なお特に織田信長の遺言については「是非に及ばず」とされることもありますが、ここでは同義語と考えてください。

よしあし、やり方などをあれこれ論議する必要はないとか、もはやそういう段階でない状態をいう。

出典:精選版 日本国語大辞典(小学館)「是非もなし」

「是非もなし」はどうにもならない状況に対しての言葉です。より砕けた現代的表現としては「(そうであるならば)仕方がない」「どうしようもない」などが当てはまります。日常的に使われることは少ない古語に近い表現です。使われる時はほとんどの場合、信長の文脈を踏まえたものとなっています。

導入でも少し触れたように遺言としてこれを発した信長の心情については、はっきり分かっていないのが現状です。辞書的な意味からは諦観を表す言葉とされることが多いですが、他の用例などからその意味を推測する研究も行われています。逆境を乗り越えようとする意志を表すとする説・「意味不明だ」という意味だとする説などその解釈は多様です。また、そもそも信長はこの言葉を発していないとする人もいます。

「是非もなし」の語源は?

次に「是非もなし」の語源を確認しておきましょう。単語単位で分解すると、「是」が「善し」「正しい」、
「非」が「誤り」「不正」で、「是非」で物事の善悪や良し悪しを表します。これが「なし」、つまり良いも悪いもないというところから発展した意味だと考えると分かりやすいはずです。語源については諸説ありますが、平安時代の「ぜひなし」が語源であるとも言われています。この語はここまで述べてきたような「仕方がない」的な意味の他に、「程度が甚だしい」「当然だ」などの意味も持つ形容詞です。

\次のページで「「是非もなし」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: