国語言葉の意味

「しでかす」の意味や使い方は?例文や類語を日本語教師の大学院生がわかりやすく解説!

この記事では「しでかす」について解説する。

端的に言えばしでかすの意味は「大きな失敗をする」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は、ロシアで2年間日本語教師として働いた大学院生ライターの「むかいひろき」を呼んです。一緒に「しでかす」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/むかいひろき

ロシアの大学で2年間日本語教師として働いた経験を持つ大学院生。その経験を武器に「言葉」について分かりやすく解説していく。

「しでかす」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「しでかす」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「しでかす」の意味は?

「しでかす」の意味は、国語辞典には次のように掲載されています。

ふつうでは考えられないような大きなことや大失敗をする。やらかす。やってのける。「とんでもないことを―・したものだ」「何を―・すかわからない」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「し‐でか・す【仕出かす/▽為出かす】」

しでかす」は、「1.普通では考えられないような大きなことをする」「2.普通では考えられないような大失敗をする」という意味の言葉です。1番目の意味では、良いことに対して使われることもありますが、悪いことに対して使われることのほうが多いですね。また、とてもカジュアルな表現であるため、目上の人に対してやビジネス場面では使わないほうがいいでしょう。

漢字では「仕出かす」または「為出かす」と表記しますが、普通はひらがなで表記します。

「しでかす」の語源は?

次に「しでかす」の語源を確認しておきましょう。

実は、「しでかす」の語源ははっきりとしたことが分かっていません。現存している文献で最初に使用が確認されるのは、江戸時代後半(1813年)の歌舞伎『お染久松色読販』の、「まだ前髪の年季者、子供子供と思わせて、大きなことをしでかして、後々旦那へ御苦労懸け」という部分です。意外と新しい言葉のようですね。

\次のページで「「しでかす」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: