国語言葉の意味

【慣用句】「意地でも」の意味や使い方は?例文や類語を雑学大好きwebライターがわかりやすく解説!

この記事では「意地でも」について解説する。

端的に言えば意地でもの意味は「なんとしてでも」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国立大で国語学を学んだライターのタケルを呼んです。言葉の解説を得意としていて、大学時代はクイズサークルに所属していたので雑学にも詳しい。一緒に「意地でも」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/タケル

某国立大で日本語学を専攻していた。私が個人的にどうかと思っているのは、意地でも謝らない人。少しは譲歩すれば丸く収まるのに、なぜ自分が100%正しいと思えるのか不思議だ。

「意地でも」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「意地でも」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「意地でも」の意味は?

「意地でも」には、次のような意味があります。

行きがかり上、無理にでも。意地になって。「意地でも完成させよう」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「意地(いじ)でも」

意地でも」(いじでも)という慣用句は「無理にでも」という意味があります。できないかもしれないが、どんな方法でも、なんとしてでもやってやろうという意志が読み取れる言葉です。

「意地でも」の語源は?

次に「意地でも」の語源を確認しておきましょう。

「意地」はもともと仏教用語です。「」という文字は「意識、感覚」、「」は「拠りどころ」で、合わせて「心の持ちよう、気性」という意味となります。その「意地」がのちに「思ったことを無理にでも押し通そうとする気持ち」という意味にもなりました。「意地でも」とは、その「意地」をもってしてでも、言い換えるなら「無理にでも」という意味です。

\次のページで「「意地でも」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: