国語言葉の意味

「嗤う」の意味や使い方は?例文や類語を日本語研究家がわかりやすく解説!

「あざ笑う」

あざ笑うは、漢字で「嘲笑う」と書いたりもします。意味は古くは大笑いするとか高笑いするという意味もあったと言われていますが、現代日本語では相手に対して軽蔑の気持ちを込めて笑う様子を表すこのが一般的です。

相手を馬鹿にして笑うという意味では「嗤う」と共通していますが、相違点としてはやはり言葉の構成でしょう。「嗤う」は「笑う」と同じ発音で現代では漢字表記によってさげすみのネガティブなイメージを持たせているのに対して、あざ笑うは、「笑う」という語の前に「あざ」という言葉をつけることによって、同様のニュアンスを持たせています。

「嗤う」の対義語は?

厳密にいうと対義語とは言えないのですが、「嗤う」と対になる一般的な漢字表記の「笑う」をここで取り上げたいと思います。先に書いたように「わらう」は多くの意味を持ったいわゆる多義語ですが、第一に出てくる意味は喜びやおかしさを表現するポジティブな意味での「笑い」です。

笑い声をあげたり、表情を緩めるという点では「笑う」も「嗤う」も共通しているのですがその原因となる感情が喜びやおかしさのようなポジティブなものであれば「笑う」が用いられ、軽蔑やさげすみなど、ネガティブな感情が原因となって起きるのであれば「嗤う」が用いられるとまとめることができるでしょう。

「嗤う」の英訳は?

image by iStockphoto

相手を馬鹿にする笑いの英語訳として辞書で調べると、ridiculeだとかsneer atなどが出てきますが、私たちにより親しみのある単語であるlaugh atを取り上げたいと思います。

「laugh at」

laugh atは、単純にatの後に対象となる語を置いておかしくて笑うという文も作れますが、実は馬鹿にして笑うというニュアンスを含んでいます。ですから、文脈にもよりますが、laugh atを使う時には実は注意が必要なのです。

「嗤う」を使いこなそう

この記事では「嗤う」の意味・使い方・類語などを説明しました。「わらう」という言葉には色々な意味があることが辞書の記述から分かりました。そして、漢字を使い分けることにより、ポジティブな意味での笑い=「笑う」、ネガティブな意味での笑い=「嗤う」と書き分けることができることも明らかになりました。

桜木先生のコメントにもあるように「嗤う」は常用漢字外の漢字であるため、日常で書いたり読んだりすることを求められるシーンはほぼないと言えるでしょう。しかし、「嗤う」という漢字表記と意味を身につけることはもちろんですが、それだけでなく、二つの漢字表記に注目することにより、同じ発音でも漢字の表記によって日本語では同じ発音の語の意味を切り分けることができるという視点を得ることができます。そういった知識は日々の言語生活をきっと豊かにしてくれることでしょう。

1 2 3
Share: