国語言葉の意味

「暫く」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「暫く」について解説する。

端的に言えば暫くの意味は「少しの間、当分」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

放送局の制作現場の最前線で10年の経験を積んだsinpeito88を呼んだ。一緒に「暫く」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/sinpeito88

放送局の現場で10年間、ニュース原稿などを日々執筆。より正確な情報を届けられるよう言葉の探求を続けている。

「暫く」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「暫く」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。「暫く」は時間や期間の長さを表す言葉となります。

「暫く」の意味は?

「暫く」には、次のような意味があります。

1.すぐではないが、あまり時間がかからないさま。少しの間。しばし。

2.時間的にある程度長く続くさま。当分。

3.一時的であるさま。仮に。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「暫く」

「暫く」には、「あまり時間がかからないさま、少しの間」という意味から「時間的にある程度続くさま」という、時間の長さで言えば、反対の意味があります。さらに「一時的に」という意味まであり、これに至ってはどのくらいの長さが「一時的」なのか、文脈で変わってくるのです

全ての意味に共通するのは、「その時間に終わりが来ること」ですが、実際にその終わりがいつやってくるのかについては、すぐの場合からしばらくたった後まであります。つまり、「暫く」とは、「どのくらいの時間・期間を表すことが出来ない時に使われるフレーズということです。

頻繁に使われると、非常にやきもきする表現ですね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ちなみに、歌舞伎には「暫」という演目がある。歌舞伎十八番の一つで荒事の代表的演目だ。初代市川團十郎が初演したことで知られているぞ。海外で上演されるときは「Just a moment」というタイトルになるそうだ。ストーリーが単純明快で人気の演目だぞ。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: