この記事では「狡い」について解説する。

端的に言えば狡いの意味は「自分の利益のために要領よく振る舞うさま」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

放送局の制作現場の最前線で10年の経験を積んだsinpeito88を呼んです。一緒に「狡い」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/sinpeito88

放送局の現場で10年間、ニュース原稿などを日々執筆。より正確な情報を届けられるよう言葉の探求を続けている。

「狡い」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「狡い」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「狡い」の意味は?

「狡い」には、次のような意味があります。

自分の利益を得たりするために、要領よく振る舞うさま。また、そういう性質であるさま。悪賢い。こすい。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「狡い」

「狡い」は、自分が得をするためにうまく振る舞うということです。しかし、他者からも歓迎されるような行動に対しては「狡い」とは表現されません。なぜなら、「狡い」というのは、誰かを陥れたり、損させたりするなどの動きが含まれるからです

どちらかといえば「善行」ではなく「悪行」に近い行いをしている場合に対して使われます。辞書の意味のように「自分の利益を得たりするために、要領よく振る舞うさま。」すべてに対して使うと、ニュアンスとしては合わない場合がありますので注意が必要です

「狡い」を使う基準点として「その行動において、誰かを陥れたり、傷つけていないかどうか」を考慮する必要があります。「ルールブックに載っていないから反則ではないが、マナーの悪いプレー」だったり、「法律の抜け穴を突いたような行為」などが代表的な「狡い」行為です。

「狡い」の使い方・例文

「狡い」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

やはり、相手を欺いたり、陥れたりするイメージです。

\次のページで「「狡い」の類義語は?違いは?」を解説!/

ビジネスで成功したいなら、狡い方法も使うくらいの覚悟が必要な時がある。

「狡い」行いというのは、その行為が「誰かを陥れたり、傷つけたりする」ということが分かって行う場合が多いです。そのつもりがないのにも関わらず行った「狡い」とされる行いとは、罪の重さが変わる場合があります

どちらにしても、「狡い」行為をすることは褒められたものではありません。ただし、仕事や、スポーツ、人間関係に至るまで、人生におけるすべての場面おいて「狡い」ことをしないで生きていくことが難しいのもまた事実です

最近では、ファッションにおいて、コーディネートでうまく自分の悩みを隠したり、恋愛などで用いられる豊富なテクニックなどを指して「狡い」と表現する場合もあります「本来の自分よりも良く見せられている」という意味で、「要領よく振る舞った」ことに対する「ほめ言葉」になるわけです。

「狡い」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「狡い」の類義語としては、「老獪」「不誠実」「陰険」といった言葉が挙げられます。まず、「老獪」については、「年齢を重ねていたり、経験の豊富さを使うことによって、狡いこと」を指して使われる言葉です。

「不誠実」は「誠意を持っていない行為や態度」で、結果的に自分の利益を得た時などに使われます。「陰険」は「悪意を隠しているさま」を指しているフレーズです。

その1「老獪」

「老獪」とは「年齢や経験を重ねているうえで、狡い」という意味です。「狡い」という表現の持つ意味と重なる部分は多いものの、どちらかといえば現在では「その経験の豊富さゆえに上手くやる」というポジティブさが際立つ際に使われるケースが目立ちます

経験が浅い者ではできないような巧みな駆け引きや、スポーツなどで、スピードやパワーで圧倒するというよりも、状況判断力とテクニックで局面を打開するシーンなどが代表的です。

ちょっとした表情の変化で作戦を変える、老獪な采配ぶりでチームを導いた。

\次のページで「その2「不誠実」」を解説!/

その2「不誠実」

「不誠実」は「誠実」の否定形です。「誠実」には「自己の利益に走らずに、誠意をもってあたる」という意味があります。こちらは信頼を裏切ったりするなどする「狡い」行為をした際に、特に用いられる言葉です。

例えば、家族の信頼や、チームメートからの信頼、社会的な信用などを得られるように振る舞っておきながら、それを利用して悪行を行うなどした場合「狡い」よりも「不誠実」となります。

 

その芸能人の不倫は、詳細を聞くほどに妻への不誠実さが際立つ内容だった。

その3「陰険」

「相手に対する悪意を隠しているさま」を表す「陰険」という言葉。その感情を表面化させることなく、常に相手のすきを狙うような狡猾さが際立ちます。ある意味、一番「狡い」かもしれません。そして、怖くもあります。

部屋に入るなり、義母は陰険な目つきであたりを見回した。

「狡い」の対義語は?

image by iStockphoto

「狡い」という言葉の対義語は、「実直」「正直」といった言葉が挙げられます。「私利私欲のために要領よく振る舞う」のが「狡い」であるのに対して、「誠実でうらおもてのないさま」を示す「実直」であり、「嘘偽りのないさま」を示すのが「正直」です

その1「実直」

「誠実で、うらおもてのないようなさま」「律儀なさま」を「実直」といいます。人柄などを表すときに使われることがある言葉です。

\次のページで「その2「正直」」を解説!/

彼女は、実直な彼の人柄に惹かれて結婚を決めたようだ。

その2「正直」

「正直」は「嘘偽りのない様子、本当のところ」という意味です。こちらも、「実直」同様、人柄を表す際にも使われる言葉ですが、「正直」は「嘘偽りなく表す」がゆえに「本来であれば隠しておくべき本心まで見せてしまっている」ような場合も当てはまります。

相手が「正直に言いますが」と切り出して来たら、あまり良くないことを言ってくる可能性が高いです。人間の中にある「本音」と「建て前」を失くして、ありのままをさらしてくることも「正直」になります。

若い頃の彼は正直すぎるがゆえに周囲と衝突し、苦労も多かった。

「狡い」を使いこなそう

この記事では「狡い」の意味・使い方・類語などを説明しました。

「自分の利益のために要領よく振る舞う」のが「狡い」という言葉の意味です。

比較的「悪行」としてとらえられる事柄に対して使われますが、最近では「狡いメイク」「狡いファッション」というように、ポジティブに使われることもあります。

「実直」なだけでは「老獪」な人たちに利用されてしまいますし、誰にでも「正直」であればいいほど、社会は簡単ではありません。

相手を傷つけないために欺いたり、心の中に悪意を閉じ込めることが必要な時もあります。

人生を円滑にするためにも、ほどよい「狡さ」は持っておくべきでしょう。

" /> 「狡い」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

「狡い」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「狡い」について解説する。

端的に言えば狡いの意味は「自分の利益のために要領よく振る舞うさま」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

放送局の制作現場の最前線で10年の経験を積んだsinpeito88を呼んです。一緒に「狡い」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/sinpeito88

放送局の現場で10年間、ニュース原稿などを日々執筆。より正確な情報を届けられるよう言葉の探求を続けている。

「狡い」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「狡い」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「狡い」の意味は?

「狡い」には、次のような意味があります。

自分の利益を得たりするために、要領よく振る舞うさま。また、そういう性質であるさま。悪賢い。こすい。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「狡い」

「狡い」は、自分が得をするためにうまく振る舞うということです。しかし、他者からも歓迎されるような行動に対しては「狡い」とは表現されません。なぜなら、「狡い」というのは、誰かを陥れたり、損させたりするなどの動きが含まれるからです

どちらかといえば「善行」ではなく「悪行」に近い行いをしている場合に対して使われます。辞書の意味のように「自分の利益を得たりするために、要領よく振る舞うさま。」すべてに対して使うと、ニュアンスとしては合わない場合がありますので注意が必要です

「狡い」を使う基準点として「その行動において、誰かを陥れたり、傷つけていないかどうか」を考慮する必要があります。「ルールブックに載っていないから反則ではないが、マナーの悪いプレー」だったり、「法律の抜け穴を突いたような行為」などが代表的な「狡い」行為です。

「狡い」の使い方・例文

「狡い」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

やはり、相手を欺いたり、陥れたりするイメージです。

\次のページで「「狡い」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: