国語言葉の意味

「我が物顔」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校校舎長がわかりやすく解説!

この記事では「我が物顔」について解説する。

端的に言えば我が物顔の意味は「威張っている様子」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元予備校校舎長で教育系ライターのみゆなを呼んです。一緒に「我が物顔」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/みゆな

元大手予備校校舎長、現在は教育系のライター。国語、特に現代文の指導経験が豊富。難解な言葉や表現を中高生がスラスラ理解できるように解説するのが大得意。

「我が物顔」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「我が物顔(わがものがお)」という表現は日常会話でもよく使われますね。しかし正しい意味は?と聞かれると、イマイチ自信がないという人が多いかもしれません。あまりポジティブな意味ではない「我が物顔」について、意味や語源・使い方を見ていきましょう。この機会に「我が物顔」という表現を完全マスターしてくださいね!

「我が物顔」の意味は?

「我が物顔」には、次のような意味があります。

それが自分のためにあるかのような態度や顔つきをすること。また、そのさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「我が物顔」

「我が物顔」とは、本来自分のためのものではないものや自分の所有物ではないものを、まるで自分のものであるかのように扱ったり振る舞ったりすることを表します。自分自身に対してではなく、そのように振る舞う他人に向けて使われる言葉で、「本来はあなたのものではないのに…」と相手の行動を非難する気持ちが込められた表現です。言われた方も良い気分はしないので、使う場面には気をつけましょう。

「我が物顔」の使い方・例文

「我が物顔」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「我が物顔」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: