国語言葉の意味

「こんこんと」の意味や使い方は?例文や類語をプロダクション編集者がわかりやすく解説!

その2「とんとん」

「とんとん」は軽い物が連続して衝突する音や様子を表します。実際の音を描写する用法でも、単独でまたは「と」が付いて述語にかかる修飾語として用いられますよ。また材質がそれほど硬くなく、ぶつかり方もさほど強くないために音が吸収されているニュアンスで、身軽さと衝撃の暗示があります。この「とんとん」は「どんどん」に似ていますが、「どんどん」のほうが主体の重量があり衝撃の暗示が強くなりますよ。ちなみに「こんこんと」との違いは「とんとん」は材質がそれほど硬くないか、または叩き方が弱いために音が吸収されている暗示があるという点です。

「こんこんと」の対義語は?

「こんこんと」と反対の意味に近い言葉をご紹介します。さっそく見ていきましょう。

その1「がんがん」

「がんがん」は硬くて重い物が連続して強く衝突する音や様子を表しますよ。例えば「ドラム缶をがんがんと叩く」や「トンネル内にがんがんいう音が響き渡った」は実際の音を描写する用法です。また「本番間近は心臓ががんがん鳴って破裂しそうだ」「男は鍵のかかったドアにがんがん体当たりした」「ホームランをがんがんとかっとばす」などは単独でまたは「と」が付いて述語にかかる修飾語になりますよ。出る音は非常に大きく騒音で、音を出す主体の乱暴・無造作の暗示、音を聞く者の衝撃と不快の暗示があるでしょう。

その2「どんどん」

「どんどん」は重い物が連続して衝突する音や様子を表します。実際の音を描写する用法でも、単独でまたは「と」が付いて述語にかかる修飾語としても用いられますよ。「彼は胸をどんどんと叩いて悔しがった」や「社長は不機嫌そうに机をどんどん蹴飛ばした」は重い物が連続して衝突したり重い物で叩いたりする音や様子を表します。また、様子を表す場合には重量と不快・深刻の暗示を持つことがありますよ。この「どんどん」は「とんとん」に似ていますが、「とんとん」のほうが主体が軽く音も軽いでしょう。

「こんこんと」の英訳は?

image by PIXTA / 58468649

「こんこんと」の英訳にはどのようなものがあるのでしょうか。英語で「こんこんと」と言い表す時の例をさっそく見ていきましょう。

「gush out」

「gush out」は「こんこんと湧き出る」という意味です。「Water is gushing out of the spring」で「泉からはこんこんと水が湧き出ている」、「This is the place where the groundwater springs up」で「ここは地下水がこんこんと湧き出る場所だ」と訳すことができますよ。

\次のページで「「こんこんと」を使いこなそう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: