この記事では「あっけらかん」について解説する。
端的に言えば「あっけらかん」の意味は「事の意外さにあきれて、ぽかんとしたさま。少しも気にせずけろりとしたさま」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。
ライターのflickerを呼んです。一緒に「あっけらかん」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/flicker

仕事柄、言葉からひらめきをもらうことがよくある。「なるほど。そういうことか!」と言葉への知識・関心がさらに一層広がるように、さらに編プロでの編集経験を活かし理解しやすい精確な解説を心掛ける。

「あっけらかん」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 70100429

それでは早速「あっけらかん」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「あっけらかん」の意味は?

「あっけらかん」には、次のような意味があります。

[副]《「あけらかん」の音変化》

1 驚いたりあきれたりして、ぼんやりしているさま。「あっけらかんと眺めていた」

2 何もなかったように平気でいるさま。何事もあまり気にせず、けろっとしているさま。「注意されてもあっけらかんとしている」

出典:コトバンク

「あっけらかん」は対象に対する執着がなく深く考えていない様子を表します。本来重大に受け止めなければならない事柄に対して、主体が深く考えずこだわっていないことに、話者の慨嘆が暗示されますよ。

「あっけらかん」の語源は?

次に「あっけらかん」の語源を確認しておきましょう。「あっけらかん」は「あんけ」に接尾語の「ラ」と「カン」が付いて「あんけらかん」となり、促音化した言葉です。

\次のページで「「あっけらかん」の使い方・例文」を解説!/

「あっけらかん」の使い方・例文

「あっけらかん」の使い方について例文を挙げて解説していきます。この言葉は、たとえば以下のように用いられますよ。

1.彼は何度ミスを注意されてもあっけらかんとしている。

2.彼女は最新刊をあっけらかんと万引きをする。

3.そんなところであっけらかんと眺めてないで、少しは手伝ってよ。

ここでは「あっけらかん」の用法について説明しましょう。例文1は「…としている」が付いて状態を表す述語になりますし、例文2と例文3は「と」が付いて述語にかかる修飾語になります。

「あっけらかん」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 69734191

「あっけらかん」と似たような意味をもつ言葉をご紹介します。さっそく見ていきましょう。

その1「気安い」

「気安い」は構えたところがなく気楽である様子を表しますよ。「気安い」は「気軽」に非常に近い意味になりますが、「気軽」はどちらかというと「負担に思うことなしに」というニュアンスがあり、行為者がその行為をすることによって受ける心理的影響のほうに視点があります

また「気安い」は行為者がどんな心理的影響を受けるかは問題にしておらず、むしろ「深く考えずに」行動する様子を表すというニュアンスの違いがあるでしょう。したがって、相手の行為を促す文脈においては「気安い」は用いないことが多いです。なお「あっけらかん」との違いは、「あっけらかん」は対象に対する執着がなく深く考えていない様子を表すという点。

\次のページで「その2「おっとり」」を解説!/

その2「おっとり」

「おっとり」は積極的でなく細かいことに無頓着な様子を表します自分から積極的には行動せず、競争心や警戒心が薄くて細かいことを気にしないですむ環境に育った人の性質について用いるのが最も基本的な意味。

例えば「うちの社長は地上げ攻勢もどこ吹く風でおっとり構えている」はやや皮肉な意味がこもっており、ほんとうは急いで対処しなければならない事柄についても積極的に行動しない様子を揶揄するニュアンスがあります。なお「おっとり」は「おおらか」に似ていますが「おおらか」は心が広い寛容の暗示があるでしょう。「あっけらかん」との違いは、「あっけらかん」は主体が深く考えずこだわっていないことに話者の慨嘆が暗示されるという点です。

その3「のんき」

「のんき」は切迫感がなく寛いでいる様子を表します。「伯父は会社の顧問というのんきな身分だ」は寛いでいられる身分ということで、責任がなく気楽な身分という意味になりますよ。また「そんなのんきなことを言ってちゃ困るよ」は反語的に用いられた例で、切迫した事態のときにくつろいで気楽でいることを揶揄する意味です。また「のんき」は人間の性格や気分について用いられ、客観的な状態について用いられることは稀でしょう。「あっけらかん」との違いは、「あっけらかん」は対象に対する執着がなく深く考えていない様子を表すという点です。

「あっけらかん」の対義語は?

「あっけらかん」と反対の意味に近い言葉をご紹介します。さっそく見ていきましょう。

その1「しんねりむっつり」

「しんねりむっつり」は内心に執着するものがあってもそれを表面に出さず沈黙している様子を表します。「奴はしんねりむっつりしてるから嫌われる」や「夫は会社をクビになった理由をいくら聞いてもしんねりむっつり黙りこくっている」など、主体の陰気と見る者の不快・慨嘆の暗示を伴いますよ。また「しんねり」で内心の執着を表し、「むっつり」で沈黙を表します。

その2「こせこせ」

「こせこせ」は卑小なことに執着する様子を表します。「わずかな残業代目当てにこせこせと働く」や「その路地はこせこせした構えの店が軒を並べている」など、主体が卑小なことに執着する様子を第三者が侮蔑・慨嘆・不快の暗示を伴って述べますよ。前者はそのような性格の表れた行動という意味、後者は見た感じにゆとりがなく細かいところにこだわっている様子を表します。また「こせこせ」は「あくせく」に似ていますが、「あくせく」は主体が精神的な余裕がなく活動し続ける様子を、第三者が慨嘆と侮蔑の暗示を伴って述べるでしょう。

 

その3「ねちねち」

「ねちねち」は執着が強くてなかなかあきらめない様子を表します。「彼女は後輩をねちねちといじめるお局だ」「その力士ははたかれてもいなされても、ねちねち押してくる」「課長はねちねちした性格で部下に嫌われている」など人間の性格やその性格の表れた行動について用い、主体の執念・陰気・悪意と見る者の不快・嫌悪の暗示がありますよ。

\次のページで「その4「ねっちり」」を解説!/

その4「ねっちり」

「ねっちり」は執着が強くてなかなかあきらめない様子を表しますよ。「社長はねっちりとした性格で商売上手だ」や「疑問点にねっちりとしつこく食い下がる」など執念・陰気の暗示はありますが、悪意・嫌悪の暗示は少ないです。この「ねっちり」は「ねちねち」に似ていますが、「ねちねち」のほうが悪意・不快・嫌悪の暗示が強いでしょう。

「あっけらかん」の英訳は?

image by PIXTA / 70100446

「あっけらかん」の英訳にはどのようなものがあるのでしょうか。英語で「あっけらかん」と言い表す時の例をさっそく見ていきましょう。

「indifferent」

「indifferent」は「あっけらかんとした、無頓着な」という意味です。「He is indifferent about the result」で「彼はその結果についてあっけらかんとしている」、「She was indifferent about whatever criticism she encountered」で「彼女はどんな非難を受けてもあっけらかんとしていた」と表現することができますよ。

「あっけらかん」を使いこなそう

この記事では「あっけらかん」の意味・使い方・類語などを説明しました。「あっけらかん」は対象に対する執着がなく深く考えていない様子を表す擬態語。本来重大に受け止めなければならない事柄に対して主体が深く考えずこだわっていないことに、話者の慨嘆が暗示されると解説しましたね。

また「あっけらかん」は「のほほん」に似ていますが、「のほほん」は主体が事の重大さを理解できないために必要な行動を起こさないで気楽にしている様子を表し、しばしば主体の無邪気の暗示を含み話者の慨嘆と焦燥の暗示もあります。そのため「受験生が毎日あっけらかんとしていていいの?」は間違った用法となり、正しくは「受験生が毎日のほほんとしていていいの?」となりますよ。言葉の意味の違いを正しく理解し使い分けるようにしましょう。

" /> 「あっけらかん」の意味や使い方は?例文や類語をプロダクション編集者がわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

「あっけらかん」の意味や使い方は?例文や類語をプロダクション編集者がわかりやすく解説!

この記事では「あっけらかん」について解説する。
端的に言えば「あっけらかん」の意味は「事の意外さにあきれて、ぽかんとしたさま。少しも気にせずけろりとしたさま」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。
ライターのflickerを呼んです。一緒に「あっけらかん」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/flicker

仕事柄、言葉からひらめきをもらうことがよくある。「なるほど。そういうことか!」と言葉への知識・関心がさらに一層広がるように、さらに編プロでの編集経験を活かし理解しやすい精確な解説を心掛ける。

「あっけらかん」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 70100429

それでは早速「あっけらかん」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「あっけらかん」の意味は?

「あっけらかん」には、次のような意味があります。

[副]《「あけらかん」の音変化》

1 驚いたりあきれたりして、ぼんやりしているさま。「あっけらかんと眺めていた」

2 何もなかったように平気でいるさま。何事もあまり気にせず、けろっとしているさま。「注意されてもあっけらかんとしている」

出典:コトバンク

「あっけらかん」は対象に対する執着がなく深く考えていない様子を表します。本来重大に受け止めなければならない事柄に対して、主体が深く考えずこだわっていないことに、話者の慨嘆が暗示されますよ。

「あっけらかん」の語源は?

次に「あっけらかん」の語源を確認しておきましょう。「あっけらかん」は「あんけ」に接尾語の「ラ」と「カン」が付いて「あんけらかん」となり、促音化した言葉です。

\次のページで「「あっけらかん」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: