この記事では「ギクシャク」について解説する。
端的に言えば「ギクシャク」の意味は「物の動き、人の言動、人間関係が円滑でないさま」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。
ライターのflickerを呼んです。一緒に「ギクシャク」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/flicker

仕事柄、言葉からひらめきをもらうことがよくある。「なるほど。そういうことか!」と言葉への知識・関心がさらに一層広がるように、さらに編プロでの編集経験を活かし理解しやすい精確な解説を心掛ける。

「ギクシャク」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 59044969

それでは早速「ギクシャク」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「ギクシャク」の意味は?

「ギクシャク」には、次のような意味があります。

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)

① 物の節目などが、角立って折れ曲がっているさまを表わす語。

② 言語、動作などが円滑でなく、ぎごちないさまを表わす語。

出典:コトバンク

「ギクシャク」は人間関係などが円滑でなく、小さな対立が存在する様子を表します。本来協調し合っていくべき人間関係がうまく呼応し合わない様子を表し、慨嘆と違和感の暗示がありますよ。

「ギクシャク」の語源は?

次に「ギクシャク」の語源を確認しておきましょう。「ギクシャク」は「びっこしゃっこ」から派生した言葉です。「びっこしゃっこ」が後に「びくしゃく」と発音されるようになり、そこに「ギスギス」という言葉が加わり「ギクシャク」という言葉が生まれました。

\次のページで「「ギクシャク」の使い方・例文」を解説!/

「ギクシャク」の使い方・例文

「ギクシャク」の使い方について例文を挙げて解説していきます。この言葉は、たとえば以下のように用いられますよ。

1.最近、人間関係がどうもギクシャクしている。これ以上悪化させないためにもこれまでのことをいろいろ整理して考えてみよう。

2.ギクシャクした日米関係が続いている。良好なかんけいを築いていくには世界の諸外国を含め複雑な問題を少しずつ解決してく他ない。そう簡単ではないだろうがどろぬま化しない方法を模索しよう。

3.「あの夫婦はお見合いだな」「どおりで態度や行動が他人行儀でギクシャクしてると思ったわ」

例文を元に「ギクシャク」のそれぞれの用法について説明しましょう。例文1と3は「…している」が付いて述語になる用法で、例文2は「…した」が付いて名詞にかかる修飾語になる用法ですよ。また例文1は人間関係が円滑でない様子を、例文3は人の言動がスムーズではないことを表しています。例文2は国同士の関わり方について不安を抱いている気持ちが伺えますね。

「ギクシャク」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 65943171

「ギクシャク」と似たような意味をもつ言葉をご紹介します。さっそく見ていきましょう。

その1「ギスギス」

「ギスギス」は緩衝材や潤滑油の役割を果たす物が不足して摩擦する様子を表します。例えば「最近、日米関係がギスギスしている」は「…している」が付いて述語になりますし、また「受付のギスギスした対応に苦情が出た」は「…した」が付いて名詞にかかる修飾語になりますよ。後者は笑顔や挨拶など人間関係の潤滑油となるべき物が不足して、態度がつっけんどんで険悪であるという意味で、慨嘆の暗示があります。なお「ギクシャク」との違いは「ギクシャク」は人間関係などが円滑でなく、小さな対立が存在する様子を表すという点でしょう。

\次のページで「その2「とげとげ」」を解説!/

その2「とげとげ」

「とげとげ」は事あるごとに反抗的な言動を見せる様子を表しますよ。例えば「更年期の妻は急に態度がとげとげしてきた」は「…してくる」が付いて述語になりますし、「あの人、どうしてあんなにとげとげした口のきき方するのかしらね」は「…した」が付いて名詞にかかる修飾語になります。主体が事あるごとに反抗的な言動を見せることについて、話者の不快・慨嘆・嫌悪の暗示があるでしょう。

この「とげとげ」は「ギスギス」に似ていますが、「ギスギス」は緩衝材や潤滑油の役割を果たす物が不足して摩擦する様子を表し、慨嘆の暗示があります。ちなみに「ギクシャク」との違いは来協調し合っていくべき人間関係がうまく呼応し合わない様子を表すという点。

その3「ぎこちない」

「ぎこちない」は動作や態度・話し方などが不自然で流暢でない様子を表します。不自然であることの原因としては「新入社員はぎこちないお辞儀をした」など慣れていないこと、その場に合わないことなどがありますが、「問い詰められた彼の態度は、なんとなくぎこちなかった」など内心の動揺を隠そうとしている場合にも起きますよ。また「彼女の文体はまだぎこちないところがある」のように人や性質以外のものについて用いられることは多くはありません。なお「ギクシャク」との違いは「ギクシャク」は慨嘆と違和感の暗示があるという点です。

「ギクシャク」の対義語は?

「ギクシャク」と反対の意味に近い言葉をご紹介します。さっそく見ていきましょう。

その1「いちゃいちゃ」

「いちゃいちゃ」は男女が体を寄せ合って性的に親しくしている様子を表しますよ。「うちの犬たちは時々いちゃいちゃ耳をなめ合う」や「日本も戦後五十年、アメリカといちゃいちゃする時代は終わった」など主体は人間の男女であることが原則ですが、つがいの動物や非常に深い関係にある二つの物の親密な間柄について比喩的に述べることもあります。

また、男女が体を寄せ合って親しく話したり、抱き合ったり、キスしたりなど、性的に親しくしているのを第三者の目から見て不快・羨望などの暗示を伴って述べるでしょう。「いちゃいちゃ」は「べたべた」に似ていますが、「べたべた」は人間関係が濃厚で粘着する様子を表し、厄介・煩雑・慨嘆・不快の暗示があります。

その2「でれでれ」

「でれでれ」は言動にしまりがなく弛緩している様子を表す表現。「その酔っ払いは隣の乗客の肩にでれでれとしな垂れかかってきた」は態度や姿勢にしまりがなく、直立できない様子を表します。また「電話の相手が嫁さんだと分かったとたん、あいつはでれでれした口のきき方になった」は女性に対する言動にしまりがなく、相好を崩したり、話し方が甘えた口調になったりする様子を表しますよ。「でれでれ」は見る者の不快・侮蔑・慨嘆・忌避感の暗示を伴います。

その3「べたべた」

「べたべた」は不必要に濃厚・煩雑である様子を表し、厄介・煩雑・濃厚・慨嘆・不快の暗示があるでしょう。「あのカップル、いつ見てもべたべただね」や「田舎のべたべたした人間関係が嫌だった」などは人間関係が濃厚で粘着する場合です。

\次のページで「その4「めろめろ」」を解説!/

その4「めろめろ」

「めろめろ」は本来持っているべき機能をまったく喪失している様子を表します。「鬼部長も娘にかかってはめろめろだ」や「その俳優は奥様族のハートをめろめろにした」など、主体が本来持っているべき機能をまったく喪失した結果、物理的・精神的に倒壊しているニュアンスで、軟弱・厄介と話者の慨嘆・侮蔑の暗示があるでしょう。

また「めろめろ」は「へろへろ」や「めためた」に似ていますが、「へろへろ」は細長い物に芯がなく柔らかくなびく様子を表し、軟弱・侮蔑・あっけなさの暗示があり、「めためた」ははなはだしく破壊されている様子を表し、修復不能と困惑の暗示があります。

「ギクシャク」の英訳は?

image by PIXTA / 46610958

「ギクシャク」の英訳にはどのようなものがあるのでしょうか。英語で「ギクシャク」と言い表す時の例をさっそく見ていきましょう。

「jerky」

「jerky」は「ギクシャク、とぎれとぎれの」という意味です。「Their relationship is jerky these days」で「彼らの仲は近頃ギクシャクしている」、「His jerky movement feels awkward」で「彼のギクシャクした動きがぎこちなく感じる」と訳すことができますよ。

「ギクシャク」を使いこなそう

この記事では「ギクシャク」の意味・使い方・類語などを説明しました。「ギクシャク」は人間関係などが円滑でなく、本来協調し合っていくべき人間関係がうまく呼応し合わない様子を表し、慨嘆と違和感の暗示があると解説しましたね。

また「ギクシャク」は「ギスギス」にも似ていますが、「ギスギス」は緩衝材や潤滑油となるべき役割の物が不足して隙間ができた結果、関係が円滑にいかない様子を表します。そのため「人間関係がギクシャクしている」では「ツーと言えばカーとは答えてくれない関係」、「人間関係がギスギスしている」では「挨拶が少なく互いに接触を避けている感じがする」と解釈することができるでしょう。

" /> 「ギクシャク」の意味や使い方は?例文や類語をプロダクション編集者がわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

「ギクシャク」の意味や使い方は?例文や類語をプロダクション編集者がわかりやすく解説!

この記事では「ギクシャク」について解説する。
端的に言えば「ギクシャク」の意味は「物の動き、人の言動、人間関係が円滑でないさま」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。
ライターのflickerを呼んです。一緒に「ギクシャク」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/flicker

仕事柄、言葉からひらめきをもらうことがよくある。「なるほど。そういうことか!」と言葉への知識・関心がさらに一層広がるように、さらに編プロでの編集経験を活かし理解しやすい精確な解説を心掛ける。

「ギクシャク」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 59044969

それでは早速「ギクシャク」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「ギクシャク」の意味は?

「ギクシャク」には、次のような意味があります。

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)

① 物の節目などが、角立って折れ曲がっているさまを表わす語。

② 言語、動作などが円滑でなく、ぎごちないさまを表わす語。

出典:コトバンク

「ギクシャク」は人間関係などが円滑でなく、小さな対立が存在する様子を表します。本来協調し合っていくべき人間関係がうまく呼応し合わない様子を表し、慨嘆と違和感の暗示がありますよ。

「ギクシャク」の語源は?

次に「ギクシャク」の語源を確認しておきましょう。「ギクシャク」は「びっこしゃっこ」から派生した言葉です。「びっこしゃっこ」が後に「びくしゃく」と発音されるようになり、そこに「ギスギス」という言葉が加わり「ギクシャク」という言葉が生まれました。

\次のページで「「ギクシャク」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: