国語言葉の意味

「順不同」の意味や使い方は?例文や類語を字幕制作者が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「順不同」について解説する。

端的に言えば順不同の意味は「並び方に基準がないこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

ドラマやアニメなど、数多くの映像字幕を作成した経験があるNagiを呼んだ。一緒に「順不同」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

Nagi0301

ライター/Nagi

映像翻訳スクール出身。翻訳、チェッカー以外にも、CC字幕(クローズドキャプション)の制作多数。言葉を文字で表現する「字幕」の世界に数多く触れてきた経験を活かして、分かりやすく解説する。

「順不同」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

順不同」の読み方は「じゅんふどう」です。試験問題や映画のエンドロールなどで目にする言葉なので、意味が分からないという人はいないのではないでしょうか。

それでは早速「順不同」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「順不同」の意味は?

まず、国語辞典に記載されている意味を見てみましょう。「順不同」には、次のような意味があります。

一定の基準によった並び方になっていないこと。順序不同。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「順不同」

順不同」は並べ方に基準を設けないこと、もしくは基準のないさまを意味します。例えば、テストの解答方法に「順不同」という指示があれば、正解を選べていれば並び順は問わないということです。1と6が正解だった場合、6を1より先に書いても正解になります。

ビジネスや社交的な場でも、よく使われる表現です。例えば、年齢・職種・肩書きが異なる来賓を紹介するような場合、順番を決めるのはとても労力を伴う作業になります。適切でない基準に傾いてしまい、場の雰囲気を壊す恐れもあるでしょう。こういったシチュエーションで「順不同」とするのはマナー違反ではありません。むしろ、場の空気を読んだ対応といえるのではないでしょうか。

「順不同」の語源は?

次に「順不同」の語源を確認しておきましょう。辞典の説明にも記載されているとおり「順不同」は「順序不同」の略です。それぞれの言葉をさらに噛み砕くと「一定の基準による並び方や位置(順序)」が「一定の基準にそって整理されていない(不同)」ということになります。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
Nagi0301