国語言葉の意味

「侮る」の意味・語源・使い方は?ことわざや類義語との違いなど元塾講師ライターが解説!

よぉ、桜木健二だ。この記事では「侮る」の意味や語源・使い方、「侮る」を使ったことわざや類義語との違いなどを詳しく解説する。

「侮る」の意味は端的に言うと「軽く見てばかにすること」だ。良い意味では使われないからこそ、意味や使い方をしっかりと押さえておこう。類義語の「見くびる」「見下す」との細かな意味の違いにも注目だ。

今回は、大学で日本語と日本文学を学び、塾講師時代には国語の指導に力を注いでいたという日本語好きのカワナミを呼んだ。一緒に説明していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

ライター/カワナミ

大学で日本語と日本文学について学び、言葉の楽しさを伝えたい!と、塾講師時代には国語の授業に力を入れていた。言葉を知ると世界が広がると、本気で信じている。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

「侮る」の意味や語源

image by iStockphoto

「侮る」の意味と語源について見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:23文字

「侮る」の意味は「軽く見てばかにする」

「侮る」を辞書で調べると次のように記されています。

ID: ↑パーツ内本文:25文字

人を軽くみてばかにする。軽蔑する。見下す。「―・って油断するな」「―・りがたい敵」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「侮る」

ID: ↑パーツ内本文:62文字

「侮る」「あなどる」と読みます。「人の実力を軽く見てばかにする」という意味です。「ばかにする」と言うと悪口を言ったり嫌悪したりすることを想像しますが、行動に移さなくても「相手の力を軽く見る」時点でばかにしていると言えます。相手の本当の力に関係なく、一方的に価値を低く見るのが「侮る」です。

よく聞かれるのは「~を侮るなかれ」といった使い方。「なかれ」形容詞「なし」の命令形で、「侮るな・侮ってはいけない」という意味になります。

相手を「侮る」ことは相手にとても失礼な行為ですし、自分にも良いことはありません。ついそんな考えを持ってしまって後から悔やむことのないよう、気をつけたいものです。

ID: ↑パーツ内本文:298文字

「侮る」の語源は「あなづる」

「侮る」の語源は古語の「あなづる」です。「侮る」と同じく「軽く見る」「軽蔑する」といった意味を持ちます。枕草子や源氏物語にも登場している、古くから使われてきた言葉です。

漢字の「侮」には「人を無視する」「人を軽んじる」という意味があります。人偏は人、毎の字は「暗い」を指すことから、暗くて視野に入らない人を示しているのです。漢字そのものにも言葉の意味が表れています。

昔から「あなどる」の漢字は、ほかにも色々と当てはめられてきました。例えば「軽」「弄」「狎」「欺」などがあります。それぞれ、かろんじる・もてあそぶ・なれなれしくする・あざむく、といった「あなどる」ことを原因とした行動にのっとった字の選び方がされていますね。

ID: ↑パーツ内本文:313文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: