国語言葉の意味

「鼎談」の意味や使い方は?例文や類語を元新聞記者がわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「鼎談」について解説する。

端的に言えば、鼎談の意味は「3人が向かい合って話をすること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元新聞記者で、ライター歴20年のトラコを呼んだ。一緒に「鼎談」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/トラコ

全国紙の記者を7年。その後、雑誌や書籍、Webでフリーの記者などとして活動中。文字の正確さ、使い方に対するこだわりは強い。

「鼎談」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速、「鼎談」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。わからない言葉があれば、まずは辞書や辞典・事典などで言葉を引く、インターネットで検索するのがおすすめです。

「鼎談」の意味は?

鼎談」には、次のような意味があります。

[名](スル)三人が向かい合って話をすること。また、その話。「三国の首脳が鼎談する」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「てい-だん【鼎談】」

まず、「鼎談」は「ていだん」と読みます。意味は、3人が向かい合い、話し合いをすることです。3人、というのが意味のポイントになります。

鼎談の「鼎」の意味は三者が向かい合った形、また、三本足の鉄のかまを指す言葉です。「かなえ」とも読みます。この鼎に、話し合いの意味を持つ「談」を組み合わせることで、鼎談という言葉が成り立つのを、まずは覚えておきましょう。

「鼎談」の語源は?

次に、「鼎談」の語源を、確認しておきましょう。

鼎談の「鼎」にヒントがあります。鼎(かなえ)は、古代中国にあった底が深い器で、三本足で2つの取っ手があり、物を煮るのに用いられました。身分や地位が高い人の霊を祭る宗廟に置く宝器でもあります。通常は金属製、まれに石製もありました。

また、「九鼎」は、古代中国における王権の象徴で、夏という国の始祖禹が中国全土の九州に命じ、集めさせた青銅で鋳造したものと『史記』に記されています。

\次のページで「「鼎談」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: