国語言葉の意味

「えずく」の意味や使い方は?例文や類語を元広報紙編集者がわかりやすく解説!

この記事では「えずく」について解説する。

端的に言えばえずくの意味は「嘔吐する」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

自治体広報紙の編集を8年経験した弘毅をを呼んです。一緒に「えずく」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/八嶋弘毅

自治体広報紙の編集に8年携わった。正確な語句や慣用句の使い方が求められるため、正しい日本語の使い方には人一倍敏感。

「えずく」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「えずく」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「えずく」の意味は?

「えずく」には、次のような意味があります。

吐き気をもよおす。また、へどを吐く。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「えずく」

「えずく」と聞いて意味のわからない方もいるかもしれません。これは方言なのです。三省堂の『全国方言辞典』では「京都の方言」と紹介されています。しかし京都に限らず「えずく」という言葉は京都だけにとどまらず、広く大阪などを中心とした関西地方で使われている言葉です。

都道府県別のニュースを伝えるポータルサイト「Jタウンネット」が「えずく」という言葉の認知度についてアンケートをとったことがあります。その投票結果を見ると興味深い事実がわかりました。関西圏に近く、関西弁に似た話し方をする地域が多いにもかかわらず、三重県では「えずく」について「まったく知らなかった」が69.5%で「聞いたことも使ったこともある」との回答26.0%を大幅に上回ったのです。

ところが遠く離れた東京では「まったく知らなかった」が12.7%であったのに対し「聞いたことも使ったこともある」と答えた人が66.4%と半数を超えました。東京をはじめとする関東には関西を含め全国からたくさんの人が集まってきています。標準語以外にもそれぞれの出身地で使っていた言葉が反映された結果だと言えるのではないでしょうか。

「えずく」の語源は?

次に「えずく」の語源を確認しておきましょう。「えずく」には語源はなく古来から使われてきた言葉のようです。歴史的仮名遣いでは「ゑづく」と表記されます。そうすると「えずく」ではなく「えづく」が正しいと思う方もいるのではないでしょうか。「えずく」は漢字で「嘔吐く」と書きます。

「吐く」は嘘を吐くなど「つく」と読みますから「えづく」が正しいと勘違いしてしまいそうです。しかし正しくは「えずく」ですから間違えないようにしてください。「嘔吐く」は文字どおり嘔吐することですが、そのほか体調が悪くて吐き気をもよおすだけで実際に嘔吐していない場合でも「えずく」と言います。

\次のページで「「えずく」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: