この記事では「不手際」について解説する。

端的に言えば不手際の意味は「対処の悪さ」ですが、もっと幅広い意味ニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国立大で国語学を学んだライターのタケルを呼んです。言葉の解説を得意としていて、大学時代はクイズサークルに所属していたので雑学にも詳しい。一緒に「不手際」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/タケル

某国立大で日本語学を専攻していた。不手際があったときはひたすら謝るのみ。それで収まるのであれば、頭などいくらでも下げる。プライドはとっくの昔に失った。

「不手際」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「不手際」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「不手際」の意味は?

「不手際」には、次のような意味があります。

手ぎわが悪いこと。物事の処置のしかたや結果がよくないこと。また、そのさま。「司会の不手際で長引く」「不手際な処理」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「不手際」

不手際」(ふてぎわ)とは「手際の悪いこと」です。何となく想像は付きそうですが、念のため「手際」も辞書で確認しておきましょう。

1.物事の処理のしかた。また、物事を処理する要領・腕前。「話を手際よくまとめる」「手際を見る」「みごとな手際だ」
2.物事をたくみに処理すること。また、そのさま。「洗濯物を―に搾切って遣る」〈風葉・青春〉

出典:デジタル大辞泉(小学館)「手際」

手際」(てぎわ)とは、「物事を処理すること、またはその能力」のことです。したがって、その「手際」に「不」が付く「不手際」は、「物事が処理できないこと、処理が悪いこと」あるいは「物事の処理能力がないこと」という意味となります。

「不手際」の語源は?

次に「不手際」の語源を確認しておきましょう。

「手際」に打ち消しを表す「不」が付いていることは前項でもふれました。ですので、「手際」の語源を説明する必要があります。まず「手」は「方法」です。「手段」や「手法」と言いますよね。そして「際」は「境目、ぎりぎりのところ」という意味があります。合わせて「境目となるものを処理していく手段」などと解釈すべきでしょう。そういった処理が悪いことを、打ち消しの「不」を付けて「不手際」と言うようになりました。

「不手際」の使い方・例文

「不手際」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.進行の不手際で炎天下の中ずっと待たされるのは我慢ならない。
2.通販で買った商品を発送したとのメールを受け取ったが、業者の不手際なのか3日たってもまだ届いていない。
3.このたびは、弊社の加藤による不手際があり、菅原様に多大な迷惑をお掛けしたことを心よりお詫び申し上げます。

例文1や2のように、日常でも「不手際」は使われます。しかし、「不手際」が使われる印象的な場面は、何と言っても謝罪するときでしょう。

「不手際」という言葉を使う状況には2つのパターンがあります。1つは実際に失敗を犯してしまった場合です。例文3の場面を想像するとわかりやすいでしょう。もう1つは、迷惑を掛けるかもしれないと心配するときにあらかじめ断りを入れる場合です。「まだまだ未熟者で不手際があるかもしれませんが」などと一文を添えて、先手を打ったり謙遜の気持ちを込めたりします。

\次のページで「「不手際」の類義語は?違いは?」を解説!/

「不手際」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

ところで、「不手際」の類義語は何でしょうか。違いとともに見ていきましょう。

「手抜かり」

「不手際」のように、自らの過失などに対する謝罪で使われる言葉として挙げられるのが「手抜かり」(てぬかり)です。「弊社の手抜かりによりお客様にご迷惑をお掛けしましたことを〜」などと聞いたことがあるのではないでしょうか。

2つの違いは、「不手際」がやり方を間違えて過失を生じるのに対して、「手抜かり」は不注意によりすべきことが十分になされないという意味であるということです。

「不手際」「手抜かり」以外にも、「手落ち」(ておち)「不行き届き」(ふゆきとどき)「不調法」(ぶちょうほう)など、失敗を意味する言葉は数え切れません。ビジネスの場ではあまり使いませんが、「失態」「不備」「不祥事」「粗相」「へま」なども同じ意味です。

「不手際」の対義語は?

さらに「不手際」の対義語を見ていきましょう。

「善処」

「不手際」が「処置の悪いこと」を表しますので、その逆は「処置の良いこと」となります。そのような意味の言葉で、「不手際」のように謝罪のときに使うものがありますよね。それは「善処」(ぜんしょ)です。国会の答弁などで「速やかに善処いたします」と聞いたことがあるでしょう。

「善処」の意味自体は「適切に処置すること」ですが、使い方に十分配慮しなければなりません。それは、「善処」という言葉を使うと「やれるかどうか分からないが、やれるだけやってみる」というニュアンスを含んでしまうからです。やるべきことをやらなかった過失を起こした場合に「善処します」と言ってしまうと、相手からすれば望んでいることを確実にしてくれるのか不安になりかねません。ですので、「善処」という言葉を使うのは時と場合を選びます。

「不手際」の英訳は?

image by iStockphoto

では、「不手際」を英訳すると何になるでしょうか。

「mistake」

「不手際」を英和辞典で引くと、「clumsiness」や「awkwardness」などが出てきます。しかし、これらは「不手際」というよりは「不器用、不自然さ」という意味です。よって、他の言葉を使うと良いでしょう。

特にビジネスシーンでは、「mistake」を使うべきとされます。そして、「sorry」ではなく「apologize」(意味:謝罪する)などの単語を使って、謝意をはっきり表すようにしましょう。例を挙げれば、「apologize for my mistake」で「私の起こした不手際を謝罪する」となります。また、「sincerely」(心から)や「deeply」(深く)などを付けると、より謝罪の気持ちを伝えられるでしょう。

\次のページで「「不手際」を使いこなそう」を解説!/

「不手際」を使いこなそう

この記事では「不手際」の意味・使い方・類語などを説明しました。

もちろん誰もが失敗をあまりしたくありません。ですが、ヒューマンエラーはあって当たり前です。そうしたときに、「不手際」という言葉で自らの過失を認めて、真摯にお詫びしなければなりません。たかが言葉の上だけと思わずに、丁寧な対応を取りましょう。人の心は見た目だけでなく、言葉にも現れるものです。誠実な対応ができれば皆が理解してくれます。

" /> 「不手際」の意味や使い方は?例文や類語を雑学大好きwebライターがわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

「不手際」の意味や使い方は?例文や類語を雑学大好きwebライターがわかりやすく解説!

この記事では「不手際」について解説する。

端的に言えば不手際の意味は「対処の悪さ」ですが、もっと幅広い意味ニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国立大で国語学を学んだライターのタケルを呼んです。言葉の解説を得意としていて、大学時代はクイズサークルに所属していたので雑学にも詳しい。一緒に「不手際」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/タケル

某国立大で日本語学を専攻していた。不手際があったときはひたすら謝るのみ。それで収まるのであれば、頭などいくらでも下げる。プライドはとっくの昔に失った。

「不手際」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「不手際」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「不手際」の意味は?

「不手際」には、次のような意味があります。

手ぎわが悪いこと。物事の処置のしかたや結果がよくないこと。また、そのさま。「司会の不手際で長引く」「不手際な処理」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「不手際」

不手際」(ふてぎわ)とは「手際の悪いこと」です。何となく想像は付きそうですが、念のため「手際」も辞書で確認しておきましょう。

1.物事の処理のしかた。また、物事を処理する要領・腕前。「話を手際よくまとめる」「手際を見る」「みごとな手際だ」
2.物事をたくみに処理すること。また、そのさま。「洗濯物を―に搾切って遣る」〈風葉・青春〉

出典:デジタル大辞泉(小学館)「手際」

手際」(てぎわ)とは、「物事を処理すること、またはその能力」のことです。したがって、その「手際」に「不」が付く「不手際」は、「物事が処理できないこと、処理が悪いこと」あるいは「物事の処理能力がないこと」という意味となります。

「不手際」の語源は?

次に「不手際」の語源を確認しておきましょう。

「手際」に打ち消しを表す「不」が付いていることは前項でもふれました。ですので、「手際」の語源を説明する必要があります。まず「手」は「方法」です。「手段」や「手法」と言いますよね。そして「際」は「境目、ぎりぎりのところ」という意味があります。合わせて「境目となるものを処理していく手段」などと解釈すべきでしょう。そういった処理が悪いことを、打ち消しの「不」を付けて「不手際」と言うようになりました。

「不手際」の使い方・例文

「不手際」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.進行の不手際で炎天下の中ずっと待たされるのは我慢ならない。
2.通販で買った商品を発送したとのメールを受け取ったが、業者の不手際なのか3日たってもまだ届いていない。
3.このたびは、弊社の加藤による不手際があり、菅原様に多大な迷惑をお掛けしたことを心よりお詫び申し上げます。

例文1や2のように、日常でも「不手際」は使われます。しかし、「不手際」が使われる印象的な場面は、何と言っても謝罪するときでしょう。

「不手際」という言葉を使う状況には2つのパターンがあります。1つは実際に失敗を犯してしまった場合です。例文3の場面を想像するとわかりやすいでしょう。もう1つは、迷惑を掛けるかもしれないと心配するときにあらかじめ断りを入れる場合です。「まだまだ未熟者で不手際があるかもしれませんが」などと一文を添えて、先手を打ったり謙遜の気持ちを込めたりします。

\次のページで「「不手際」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: