国語言葉の意味

「たちが悪い」の意味や使い方は?例文や類語を現役塾講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「たちが悪い」について解説する。

端的に言えば「たちが悪い」の意味は「性格が悪い」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

語学好き・英語好き・読書好きなライターくふを呼んだ。一緒に「たちが悪い」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/くふ

語学好き・英語好き・読書好きなライター。学習塾での経験を活かし分かりやすく丁寧な解説をお届けする。

「たちが悪い」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「たちが悪い」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「たちが悪い」の意味は?

「たちが悪い」には、次のような意味があります。辞書や辞典などで正確な内容を確認しましょう。

1.物事の性質がよくないことを表す表現・性格が悪いまたは、悪質であるさま。「質の悪い」とも言う。

出典:実用日本語表現辞典「たちが悪い」

あなたは最近「たちが悪い」という表現を使う機会があったでしょうか。「たちが悪い人物」・「たちが悪い病気」・「たちが悪いうわさ」のようなフレーズで聞いたことがあるかもしれませんね。「たちが悪い」とは「人の性分や行動あるいはものごとの品質が悪い」の意。「たちが悪い+名詞」のような形で広く使われている表現ですね。主にマイナスな状況を示すときに使われる言葉でしょう。

「たちが悪い」の語源は?

次に「たちが悪い」の語源を確認しておきましょう。「たちが悪い」の「たち」は日本古来の言葉である「大和言葉」で「ものごとの性質」という意味を示しています。ここに中国から漢字が伝わり「たち」は「質」という漢字で表記されるようになりました。

このような過程を経て現在の「質が悪い」という表現が構築されたと伝えられていますよ。「たちが悪い」はひらがなで表記されることが多いですが、「タチが悪い」とカタカナで書かれることもあるでしょう。「たちが悪い」の語源について理解が深まりましたね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: