国語言葉の意味

悪い意味だけじゃない?「のらりくらり」の意味・使い方・類語!日本語にこだわる元塾講師ライターが丁寧にわかりやすく解説!

よぉ、この記事では「のらりくらり」の意味や使い方、類語について解説していきます。

一般的に「のらりくらり」といえば、仕事をせずにだらだらしていたり、何かから逃げるといったイメージがあると思う。悪い意味に捉えられがちな言葉です。しかし、使い方次第でもっと幅広くポジティブなニュアンスを与えることも出来るぞ。

元塾講師で普段から言葉の意味にこだわって暮らしているというカワナミを呼んです。「のらりくらり」を使いこなす方法を丁寧に解説していく。

ライター/カワナミ

国語を愛する元塾講師。趣味で小説も書き、言葉使いに人一倍こだわりを持っている。モットーは「読む人にわかりやすく」。

「のらりくらり」はどんな意味?

image by iStockphoto

まずは「のらりくらり」の意味と由来について見ていきましょう。

「のらりくらり」の意味は「とらえどころのないさま」

「のらりくらり」について調べると次のように出てきます。

1 「ぬらりくらり2」に同じ。「のらりくらり(と)質問をかわす」
2 「ぬらりくらり3」に同じ。「日がな一日のらりくらり(と)している」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「のらりくらり」

そこで該当する「ぬらりくらり2・3」の意味についても見てみましょう。

2 態度などがはっきりせず、とらえどころのないさま。ぬらくら。のらりくらり。「ぬらりくらり(と)言い逃れる」
3 しまりなく、漫然としているさま。ぬらくら。のらりくらり。「ぬらりくらり(と)一生を送る」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「ぬらりくらり」

「のらりくらり」とは、はっきりせずとらえどころのない態度や言動を表す言葉です。何かを先延ばしにしたり、うやむやにしようとしている様子、ぼんやりとした様子を言いたいときに使います。その行動が意図的であっても、偶然の結果であっても、どちらの場合にも当てはめられる使い方の幅広い言葉です。

「のらりくらり」と行動する主体者に自覚があるかないか、また言葉を扱っている人の立場によって、ポジティブとも、ネガティブとも使い分けることが出来ます。後の「のらりくらり」はどう使う?の項目では、更に詳しい解説をしていますので、ぜひそちらもご覧ください。

「のらりくらり」の由来は「ぬらりくらり」

「のらりくらり」はデジタル大辞泉の説明にもある通り、「ぬらりくらり」に関連した言葉です。「ぬらり:ぬるぬるとしてすべるさま」の部分が「のらり」と入れ替わっています。「のらり」とは、「言う」という意味の古語「宣る(のる)」の否定形です。そのため「のらりくらり」には「何も言わずとらえどころがない」という意味が与えられました。

また、「ぬらり」が抜けていることで、「ぬらりくらり」の「ぬるぬるとしてつかまえにくいさま」という意味は「のらりくらり」には含まれません。「のらりくらり」と「ぬらりくらり」の違いに注意してください。

「のらりくらり」はどう使う?

image by iStockphoto

それでは「のらりくらり」を実際に使用した例を見ていきましょう。

1小遣いをねだられて使い道を聞いたが、のらりくらりとかわされた
2心のままに旅をして、のらりくらりと暮らしたい

1は相手に的を得ない答えで質問をかわされ、とらえどころのない様子を表しています。この「のらりくらり」は、質問をうやむやにしたり、質問の主が根負けすることをねらっての行動です。質問者が困惑させられたと感じているため、この場合はネガティブな印象になります。

2で使われているのは、はっきりせずぼんやりとしている様子という意味です。目的もなく、あっちへ行ったりこっちへ行ったり。あえて行動の目的がはっきりしないことを選択していると言えます。例文の主が「のらりくらり」とすることを望んでいると考えられるため、聞いている人はポジティブな言葉として受け取ることが出来ます

「のらりくらり」には良い意味もある?

例文の1,2共に、「のらりくらり」としている主体者にはメリットや目的があります。1の例文ではネガティブな印象であると説明しました。しかし、主語を「のらりくらり」とする側に入れ替えてみましょう。「小遣いをねだって使い道を聞かれたが、のらりくらりとかわした」と文章を変化させると、一転してニュアンスがポジティブになります

2についても、主体を他者に入れ替えてみましょう。「あの人は心のままに旅をして、のらりくらりと暮らしたいらしい」とすると、話している主がぼんやりとすることを良しとしない場合、その印象はネガティブなものへと変化します。

つまり「のらりくらり」という言葉は、扱う人の立場や個人的な感覚によって、ネガティブにもポジティブにも印象を使い分けることの出来る言葉なのです。

「のらりくらり」の類語・言い換え

image by iStockphoto

ここまで「のらりくらり」はネガティブにもポジティブにも取れる言葉だということを解説してきました。そこで類語・言い換えについても、ネガティブ・ポジティブそれぞれのニュアンスのものを見ていきます。

「のんべんだらり」:だらだらしているさま

「のんべんだらり」は、何をするともなく、だらだらしているさまを表す言葉です。ぐうたらであったり、だらしがないという意味を含んでいるため、ネガティブな印象になります。

「のれんに腕押し」:手ごたえがない様子

「のれんに腕押し」は、手ごたえがなく拍子抜けすることを例えたことわざです。いくら言っても適当な対応をされ、とらえどころがないことを表します。こちらもネガティブな印象の言葉です。同じ意味合いを持つものに「糠(ぬか)にクギ」「籠(かご)で水をくむ」といった表現もあります。

\次のページで「「のほほん」:のんびりしているさま」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: