国語言葉の意味

「やおら」の意味や使い方は?例文や類語をプロダクション編集者が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「やおら」について解説する。
端的に言えば「やおら」の意味は「そろそろ、おもむろに、しずかに」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。
ライターのflickerを呼んだ。一緒に「やおら」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

Ozean

ライター/flicker

仕事柄、言葉からひらめきをもらうことがよくある。「なるほど。そういうことか!」と言葉への知識・関心がさらに一層広がるように、さらに編プロでの編集経験を活かし理解しやすい精確な解説を心掛ける。

「やおら」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 55193514

それでは早速「やおら」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「やおら」の意味は?

「やおら」には、次のような意味があります。

〘副〙

① 静かに身を動かすさま、また、徐々に事を行なうさまを表わす語。そろそろと。おもむろに。やわら。現代では悠然としたさまをいうことが多い。

② 時間の経過とともに変化、進展し、ようやくその状態になるさま、事態が変わるさまを表わす語。

出典:コトバンク

「やおら」は行動の起こし方が静かで落ち着いて見える様子を表し、動詞にかかる修飾語として用いられます。またとてもかたい文章語で、日常会話にはあまり登場しません。行動を起こすに際して、その起こし方が第三者の目にはあわてずに落ち着いて見えるというニュアンスで、しばしば意外性の暗示を伴うでしょう。

「やおら」の語源は?

次に「やおら」の語源を確認しておきましょう。「やおら」は漢字では「徐ら」と書きますよ。そして「やおら」はゆるやかに進むさまや少しずつ変化するさまを表す「徐々に」から派生した言葉です。それでは「徐」の漢字の成り立ちについて説明しましょう。「徐」は道を表す「ぎょうにんべん」と、ゆっくりの意味の音を示す「余」とを合わせた字。道を「ゆっくり」と歩く意味を表します。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
Ozean