この記事では「徒労」について解説する。

端的に言えば徒労の意味は「無駄骨」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

日本語が好きで日本文学科を卒業したハルを呼んです。一緒に「徒労」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ハル

日本語が大好きで日本文学科を卒業。現在は子供が言葉を覚えていく様子を見ながら日本語の奥深さを実感中。多くの人にそのよいところを紹介したいとの思いを込めて丁寧に解説する。

「徒労」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 64227056

「徒労」という言葉、日常生活の中で使うことはあるでしょうか。使わなくてはいけない場面を想像すると、少し疲れてしまうかもしれませんね。どんな意味を持った言葉でしょうか。それでは早速「徒労」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「徒労」の意味は?

まず初めに「徒労」の意味を辞書で確認してみましょう。「徒労」には、次のような意味があります。

むだな骨折り。無益な苦労。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「徒労」

「徒労」は「とろう」と読みます。無駄なことに力を費やすことや、骨を折ってしたことが報われないさまを表す言葉です。一生懸命働いたり、努力したり、苦労したりしても、結局無駄で役に立たないさまを表します。努力をしても役に立たなかった、せっかくの努力も水の泡になってしまったといった時に使われる表現です。

「徒労」の語源は?

次に「徒労」の語源を確認しておきましょう。

「徒」という漢字には多くの意味があります。「乗り物に乗らずに歩く」「手に何も持たない」「むだ」「なかま」「弟子」「労役」などです。「道を行く」を意味する「ぎょうにんべん」と、「土」と「立ち止まる足」の象形から成り立ち、「道を行く時に乗物に乗らず、土を踏んで歩く」という意味を持つ文字なのですよ。「徒労」では「いたずらに。むだ。むなしい。役に立たない」という意味で使われていますね。

「労」という漢字には、「はたらく」「つかれる」「ねぎらう」といった意味があります。「たいまつを組み合わせたかがり火」と「力強い腕」の象形から成り立ち、力を燃焼させて「つかれる」、その疲れを「ねぎらう」という意味を持つ漢字が成り立ちました。

この二つの文字を合わせて、「骨折り損」を意味する言葉となったのです。

\次のページで「「徒労」の使い方・例文」を解説!/

「徒労」の使い方・例文

「徒労」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.自分が長い時間取り組んできたものが徒労に終わるとわかった時、言葉に表しようのない疲労感が襲ってきた。
2.結果が要求された水準に達していなかったので、これまでの努力は徒労に帰した。
3.投稿した小説が最終選考まで残っていたが、結局別の作品の受賞が発表され、そのライターは徒労感に襲われた。

「徒労」は「徒労する」「徒労した」というような形で使われることはありません。「徒労に終わる」「徒労に帰す」というように用いるのが一般的です。

「徒労に終わる」は、「努力の成果が無意味に終わった」というように、取り組んだことの成果が得られず無駄働きになってしまった心労や、うんざりした気持ちを表現する時に使います。「徒労に帰す」とすると、「せっかくの努力も水の泡になってしまった」というがっかりした気持ちが表現できますね。また「徒労感に襲われる」というように使うと、努力をしたのに成果が得られず無意味な努力に終わってしまった時の、自分に対する反省や悔しさなど、精神的なダメージを表現することができます。

「徒労」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 23497224

「徒労」の類義語を見ていきましょう。

その1「無駄骨」

「無駄骨」は「無駄骨折り」の略で、「結果として何の役にも立たない苦労」を表します。「徒労」の意味に「むだな骨折り」とある通り、ほとんど同じ意味です。「何度も説得したが無駄骨だった」といったように用います。

\次のページで「その2「無駄足」」を解説!/

その2「無駄足」

「無駄足」は、「わざわざ行ってもなんの役にも立たないこと」を表す言葉です。せっかくその場に足を運んだのに、目的を果たせないまま終わってしまった時に使います。「徒労」は無駄なことに力を費やすこと全体に対して使えますが、「無駄足」は実際その場に足を運んだにも関わらずその甲斐がなかった場合に使われるのですね。「無駄足を踏む」などと言いますよ。

その3「悪あがき」

「悪あがき」も「徒労」の言い換えとして用いることができます。「悪あがき」は「悪足掻き」とも書き、「してもしかたのないことをあせってあれこれと試みること」という意味の言葉です。今さらジタバタしても仕方がないことなのに、苛立ち焦って無駄なことをあれこれ試みることを表します。無駄な努力、無意味な努力という点で、「徒労」との共通点がありますね。

その4「不毛」

「不毛」は、「なんの進歩も成果も得られないこと」を表す言葉です。「不毛」は「徒労」と違って、人や動物ではなく物事を対象に使われる言葉ですので注意してくださいね。「不毛な議論」などというように使いますよ。

「徒労」の対義語は?

「徒労」と反対の意味を持つ言葉について見ていきましょう。

その1「有意義」

「有意義」は、「意義のあること。意味・価値があると考えられること」を意味する言葉です。「無駄なこと」を表す「徒労」とは反対の意味を持っていますね。「有意義な時間を過ごす」などというように使われます。

その2「生産的」

「生産的」は、「建設的で意義のあるさま」を表す言葉です。価値があったり、役立つものや利益のあるものを生み出したりする場合に用いられます。「生産的な話し合いをしましょう」などと使いますね。

\次のページで「「徒労」の英訳は?」を解説!/

「徒労」の英訳は?

image by PIXTA / 34818442

「徒労」を英語に訳すとどのように表現できるか見ていきましょう。

その1「wasted effort」

「徒労」を英訳すると、「wasted effort」と表現することができます。「wasted」は「無駄な、無益な」という意味。「effort」は「努力、奮闘、骨折り」といった意味の単語です。「wasted effort」とすることで、「徒労、無駄骨」を表すことができるのですよ。

その2「come to nothing」

「徒労に帰す」を表現したい場合には、「come to nothing」または「go for nothing」と言うこともできます。何もなくなってしまったという無力感が表現できますね。

He was afraid that it might prove a wasted effort.(彼には徒労に終わるのではないかという不安があった。)

All of our efforts came to nothing in the end.(私たちの努力は、結局徒労に帰した。)

「徒労」を使いこなそう

この記事では「徒労」の意味・使い方・類語などを説明しました。

「徒労」は「むだな骨折り」を意味する言葉でしたね。同じ意味を持つことわざに「焼け石に水」があります。聞いたことがあるのではないでしょうか。焼け石に水を少しばかりかけてもすぐ蒸発してしまうことから、努力や援助が少なくて何の役にも立たないことのたとえとして使われますね。がんばったことが報われないのは辛いことです。そんなことにならないよう、みなさんの努力が実を結ぶようお祈りしています。

" /> 「徒労」の意味や使い方は?例文や類語を日本文学科卒Webライターがわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

「徒労」の意味や使い方は?例文や類語を日本文学科卒Webライターがわかりやすく解説!

この記事では「徒労」について解説する。

端的に言えば徒労の意味は「無駄骨」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

日本語が好きで日本文学科を卒業したハルを呼んです。一緒に「徒労」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ハル

日本語が大好きで日本文学科を卒業。現在は子供が言葉を覚えていく様子を見ながら日本語の奥深さを実感中。多くの人にそのよいところを紹介したいとの思いを込めて丁寧に解説する。

「徒労」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 64227056

「徒労」という言葉、日常生活の中で使うことはあるでしょうか。使わなくてはいけない場面を想像すると、少し疲れてしまうかもしれませんね。どんな意味を持った言葉でしょうか。それでは早速「徒労」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「徒労」の意味は?

まず初めに「徒労」の意味を辞書で確認してみましょう。「徒労」には、次のような意味があります。

むだな骨折り。無益な苦労。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「徒労」

「徒労」は「とろう」と読みます。無駄なことに力を費やすことや、骨を折ってしたことが報われないさまを表す言葉です。一生懸命働いたり、努力したり、苦労したりしても、結局無駄で役に立たないさまを表します。努力をしても役に立たなかった、せっかくの努力も水の泡になってしまったといった時に使われる表現です。

「徒労」の語源は?

次に「徒労」の語源を確認しておきましょう。

「徒」という漢字には多くの意味があります。「乗り物に乗らずに歩く」「手に何も持たない」「むだ」「なかま」「弟子」「労役」などです。「道を行く」を意味する「ぎょうにんべん」と、「土」と「立ち止まる足」の象形から成り立ち、「道を行く時に乗物に乗らず、土を踏んで歩く」という意味を持つ文字なのですよ。「徒労」では「いたずらに。むだ。むなしい。役に立たない」という意味で使われていますね。

「労」という漢字には、「はたらく」「つかれる」「ねぎらう」といった意味があります。「たいまつを組み合わせたかがり火」と「力強い腕」の象形から成り立ち、力を燃焼させて「つかれる」、その疲れを「ねぎらう」という意味を持つ漢字が成り立ちました。

この二つの文字を合わせて、「骨折り損」を意味する言葉となったのです。

\次のページで「「徒労」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: