国語言葉の意味

「たゆまぬ」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「たゆまぬ」について解説する。

端的に言えばたゆまぬの意味は「緩まない、怠けない」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

放送業界の制作現場の最前線で10年の経験を積んだsinpeito88を呼んだ。一緒に「たゆまぬ」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/sinpeito88

放送局の現場で10年間、ニュース原稿などを日々執筆。より正確な情報を届けられるよう言葉の探求を続けている。

「たゆまぬ」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「たゆまぬ」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。まず、たゆまぬは、漢字で表記すると「弛まぬ」となります。「弛む」という言葉の否定形です。

「たゆまぬ」の意味は?

「たゆまぬ」は、「弛まない」と同じ意味です。今回は、「弛まない」の意味から引用してご紹介します。

緩む、怠ける、などの意味の「弛む」を否定した表現

出典:実用日本語表現辞典「弛まない」

「たゆまぬ」は「弛む」という言葉の否定形です。「弛む」には「緊張がゆるむ、油断する、なまける、勢いが弱まる、疲れる、くたびれる、張ったものがたるむ、ゆるむ」といった意味があり、これらを打ち消した表現となります。

「たゆまぬ」という表現の後に続く言葉は、「努力」や「研鑽」など継続することが肯定される名詞が続くことが主です。よって、「たゆまぬ」と来れば、「何かを続けてよくやってきた」という文章が想定されます

「たゆまぬ悪行」などのように、ネガティブな名詞に対しては使うことが出来ないので注意が必要です。

「たゆまぬ」の語源は?

次に「たゆまぬ」の語源を確認しておきましょう。漢字では「弛まぬ」と書き、「弛む」の否定形です。「弛む」は物理的に張っていたものが緩くなってしまった状態を指しています。ぴんと張った弦などが緩み、張りが無くなる感じです。よって、「たゆまぬ」は、まるで、何かの弦や糸がぴんと張られているように、気を張って、意識を高い状態を保って頑張っている状態を継続しているときに使われます。

\次のページで「「たゆまぬ」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: