この記事では「科白」について解説する。

端的に言えば科白の意味は「俳優が劇中で話す言葉」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

情報誌系のライターを10年経験した柊 雅子を呼んです。一緒に「科白」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/柊 雅子

イベントの司会や雑誌の記事作成を仕事としてきたライター、柊 雅子。中学~高校時代は演劇部だったという彼女が「科白」について解説する。

「科白」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「科白」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「科白」は「せりふ」と読みますが、「かはく」という読み方もあります。

「科白」(せりふ)の意味は?

「科白」(せりふ)には、次のような意味があります。

1.俳優が劇中で話す言葉。

2.人に対する言葉。言いぐさ。

3.きまり文句。

4.理屈や言い分を並べること。談判すること。

5.支払いをすること。

 

出典:デジタル大辞泉(小学館)「科白」

#1 俳優が劇中で話す言葉としての「科白」

科白(せりふ)とは舞台やドラマ等で登場人物が話す言葉。なので科白は活字で目にするより、耳で聞くものだと思っていませんか?

しかし、科白は活字という形をとって私たちの周りに溢れています。雑誌や単行本だけではなく、今ではスマホを使って簡単に読めるようになったマンガ。マンガも作者の考えたシナリオを作者が生み出した登場人物を通して表現するので、ドラマとマンガは類似したものといえます。そのマンガのふきだしの中に表される登場人物の言葉(ネーム)が「科白」ですね。

#2 人に対する言葉としての「科白」

私たちはあまりに不義理なことを言った人物に対して「よくもまぁ、そんな科白が言えたもんだ!」と言ったりしますよね。

また関西ではあまりに白々しく、芝居がかった言い訳をする人に「ようそんな白々しい科白、言えたなぁ」と言ったりします。このように科白という言葉は台本に書かれているものを指すだけではなく、私たちが日常会話で普通に使う言葉でもあるのです。

#3 決まり文句としての「科白」

私の息子達が小さい頃よく使った科白に「一生のお願い!」があります。特に何かを買ってもらいたい時にこの「一生のお願い」という科白が使われました。

このように決まった状況においてパターン化して用いられる言葉を「決まり文句」と言います。息子達のこの「決まり文句」は「一生のお願い」と言いながら何度も使われたものです。

\次のページで「談判・支払いとしての「科白」」を解説!/

#4 談判・支払いとしての「科白」

デジタル大辞泉からの引用によると言い訳、談判という意味もあるという「科白」ですが、それは江戸時代の話。現在ではこのような意味で用いられることはありませんしかし当時の遊郭ではその支払いや客と遊女とのやり取りを表す言葉として「科白」が用いられていました。

 

「科白」(かはく)の意味は?

続いて「科白」(かはく)の意味をみていきましょう。

「科白」(かはく)には、次のような意味があります。

1.舞台における俳優のしぐさとせりふ。また、単にせりふのこと。

 

出典:デジタル大辞泉(小学館)「科白」

朗読劇を除いて、俳優が与えられた役を演じる際には「ただ科白を言うだけ」ということはありません。役を演じる時にはその役の感情に応じた動作が自然と伴います。「しぐさ」とはこの動作のことです。

「科白」の語源は?

次に「科白」の語源を確認しておきましょう。

「科白」は江戸時代から使われている言葉です。その語源は役者が舞台の上で競り合って言う「競り言ふ」(せりいう)、役者が舞台で言う決めぜりふを指す「世流布」(せるふ)と言われています。

「科白」が「せりふ」の漢字表記として用いられるようになったのは明治以降。芝居の動作を示す「科」と、話すという意味を示す「白」から成り立っている中国語の「科白」を日本語に当てて「せりふ」と読むようになりました。

「科白」の使い方・例文

「科白」の使い方を例文を使って見ていきましょう。但し今日では「理屈や言い分を並べること。談判すること」「支払いをすること」という形では用いられないので例文では省略します。

1.最近人気のその俳優は演出家の意図を理解したていねいな科白の言い回しで、その主人公の生涯を演じきった。

2.ブランドのバッグやファッションで悪趣味に着飾ったそのスターに、共演者が「プレシャスなラグジュアリーの集合体!超個性的で素敵ですね」と言っているのを昨日テレビで観て、「皮肉な科白だ」と思った。

3.「お母さんに言うからなっ!」これがケンカに負けそうになった弟が必ず僕に言う科白だ。

例文1は俳優が劇中で話す言葉として用いられる科白です。「科白の言い回し」とは科白の言い方のこと。

例文2は人に対する言葉としての科白。プレシャスは「高価な」、ラグジュアリーは「贅沢品」と言う意味です。「皮肉な科白だ」は「『(相手に対して)皮肉な言葉だ」ということですね。

例文3は決まり文句としての科白。「お母さんに言うからなっ!」は兄弟喧嘩では定番の科白ですね。

「科白」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

それでは「科白」の類義語をみていきましょう。

「台詞」

「台詞」も「せりふ」と読みます。

「台詞」の語源は「舞台詞」(ぶたいことば)。「台詞」が言葉だけという意味をもつの対し、中国語に由来し「科」(動作)、「白」(言葉)という二つの意味をもつ「科白」。しかし実際には「科白」も「台詞」と同じように「言葉」という意味のみで用いられる場合も多いといえます。

「科白」の対義語は?

続いて対義語をみていきましょう。

「ト書き」

科白の対義語は「ト書き」です。

ト書きとはシナリオや脚本で登場人物の動作やシーンの設定などを表している部分のことで、科白以外のすべてを指します。「…と涙ぐみ、バッグからハンカチを取り出す」というように「…と〇〇する」とような書き方をされるため、「ト書き」と呼ばれるようになりました。歌舞伎に由来し、シナリオ等で用いられる専門用語的な言葉です。

「科白」の英訳は?

image by iStockphoto

「科白」を英語で表現するとどうなるのでしょうか。

\次のページで「「科白」を使いこなそう」を解説!/

英文1. The other day, she was able to say her lines without mistake on the stage. 

先日、彼女は舞台で間違わずに科白を言うことができた。

英文2.  The words you said to him made him angry.

あなたが彼に対して言った科白は彼を怒らせた。

英文3.  "I'll think about that later," he said with an empty platitude.

「それについては後で考えておくよ」と彼は口先だけの科白を言った。

英文1の科白は劇中で話す言葉という意味。「 her lines」「彼女の科白」という意味です。

英文2では「The words」「科白」という意味。直訳すれば「あなたが彼に対して言った言葉が彼を怒らせた」。この場合の「科白」は人に対する言葉という意味になりますね。

英文3は「決まり文句」という意味の「科白」。「 empty platitude」は直訳すると「中身のない決まり文句」という意味。「中身のない」は「口先だけ」ということですね。「口先だけの科白」ということは「後で考えておく」と言いながら「考えるつまりはない」ということになりますね。

「科白」を使いこなそう

この記事では「台詞」の意味・使い方・類語などを説明しました。

「せりふ」には「科白」「台詞」という二種類の表記があり、同じような意味で用いられることがわかりましたね。

シナリオや脚本には色々な面白さがありますが、読んだシーンを想像してみることもその一つ。頭の中で映像化してみると、セリフやト書きの大切さが理解できます。演出家になったつもりで、シナリオや脚本を読んでみてください。

" /> 「科白」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

「科白」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「科白」について解説する。

端的に言えば科白の意味は「俳優が劇中で話す言葉」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

情報誌系のライターを10年経験した柊 雅子を呼んです。一緒に「科白」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/柊 雅子

イベントの司会や雑誌の記事作成を仕事としてきたライター、柊 雅子。中学~高校時代は演劇部だったという彼女が「科白」について解説する。

「科白」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「科白」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「科白」は「せりふ」と読みますが、「かはく」という読み方もあります。

「科白」(せりふ)の意味は?

「科白」(せりふ)には、次のような意味があります。

1.俳優が劇中で話す言葉。

2.人に対する言葉。言いぐさ。

3.きまり文句。

4.理屈や言い分を並べること。談判すること。

5.支払いをすること。

 

出典:デジタル大辞泉(小学館)「科白」

#1 俳優が劇中で話す言葉としての「科白」

科白(せりふ)とは舞台やドラマ等で登場人物が話す言葉。なので科白は活字で目にするより、耳で聞くものだと思っていませんか?

しかし、科白は活字という形をとって私たちの周りに溢れています。雑誌や単行本だけではなく、今ではスマホを使って簡単に読めるようになったマンガ。マンガも作者の考えたシナリオを作者が生み出した登場人物を通して表現するので、ドラマとマンガは類似したものといえます。そのマンガのふきだしの中に表される登場人物の言葉(ネーム)が「科白」ですね。

#2 人に対する言葉としての「科白」

私たちはあまりに不義理なことを言った人物に対して「よくもまぁ、そんな科白が言えたもんだ!」と言ったりしますよね。

また関西ではあまりに白々しく、芝居がかった言い訳をする人に「ようそんな白々しい科白、言えたなぁ」と言ったりします。このように科白という言葉は台本に書かれているものを指すだけではなく、私たちが日常会話で普通に使う言葉でもあるのです。

#3 決まり文句としての「科白」

私の息子達が小さい頃よく使った科白に「一生のお願い!」があります。特に何かを買ってもらいたい時にこの「一生のお願い」という科白が使われました。

このように決まった状況においてパターン化して用いられる言葉を「決まり文句」と言います。息子達のこの「決まり文句」は「一生のお願い」と言いながら何度も使われたものです。

\次のページで「談判・支払いとしての「科白」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: