国語言葉の意味

野球だけじゃない!「クリーンヒット」の意味や類義語などを院卒日本語教師が解説

よぉ、桜木建二だ。みんなは「クリーンヒット」っていう言葉を聞いたことがあるか?野球好きな人なら必ずあるとは思うが…。実はこの「クリーンヒット」、野球はもちろん、それ以外でもかなり使用されているんだ。類義語と合わせて見ていくと面白いぞ。

あ、野球に興味がない人にとっては大本の意味が分からないな。野球では「良い当たりの安打(ヒット)」という意味で使用されている。

今回はその「クリーンヒット」について、院卒日本語教師の”むかいひろき”に解説してもらうぞ!

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/むかいひろき

ロシアの大学に再就職した、日本で大学院修士課程修了の日本語教師。その経験を武器に「言葉」について分かりやすく解説していく。

「クリーンヒット」の意味は?

image by iStockphoto

「クリーンヒット」という言葉、野球好きの人なら絶対に耳にしたことがあるでしょう。そうではない人も、聴いたことがある言葉だと思います。まずはその「クリーンヒット」について、場面ごとに意味を確認していきましょう。

1.スポーツで使われる場合

まずはスポーツで使われる場合を見ていきましょう。なお、スポーツで使われると言っても野球だけではありませんボクシングや空手などの直接打撃のある格闘技にも、「クリーンヒット」は使用されます。

〈ボクシング〉
アマチュアでいう得点打、プロでいう有効打のこと。クリーン・エフェクティブ・ヒットともいう。

〈野球〉
野手の間を衝いた好打。よい当たりの見事なヒット。

出典:スポーツ用語辞典 第3版(三修社)「クリーンヒット [clean hit]」

スポーツ用語専門の辞書では、ボクシングと野球の2つの競技での意味が掲載されていました。ただ、実際にはボクシング以外の格闘技でも、きれいに相手に当たったパンチやキック(有効打)に対し、「クリーンヒット」は使われています。野球での意味は、打球が遅かったりフラフラ上がったりしたものではなく、鋭く速く野手の間を抜けていく打球のことを指しますね。

2.日常生活で使われる場合

次に、日常生活で使用される場合の「クリーンヒット」の意味を、国語系の辞典で確認していきましょう。辞典には「クリーンヒット」は次のような意味が掲載されています。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: