国語言葉の意味

「具現化」の意味や使い方は?例文や類語を文学院生がわかりやすく解説!

この記事では「具現化」について解説する。

端的に言えば具現化の意味は「実現させること」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は、日本文学を専攻し研究している翠を呼んです。一緒に「具現化」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/翠

中古の日本文学を研究している。様々な時代やジャンルの作品を読み、ことばに触れている。中学校と高校の国語科の教員免許も取得しており、ことばについて分かりやすく説明する。

「具現化」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 53608597

それでは早速「具現化」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「具現化」の意味は?

「具現化」は、「具現」という言葉に「化」という接尾辞がついて成立していることばです。そのため、「具現化」の意味を知るためには「具現」の意味を調べることが有効と言えます。「具現」の意味は、次のようなものです。

はっきりと具体的に現われること。また、実際に現わすこと。実現させること。

出典:日本国語大辞典 第二版(小学館)「ぐ‐げん」

「具現化」の読み方は「ぐげんか」です。頭で思い描いたことや、理想のこととして書き起こした企画などを実際に行ってみること、実現させることという意味を持ちます。

「具現化」という言葉がよく使われるのはビジネスの場です。ビジネスは、企画したことや会社が理想とするものごとを実際に行うこと、つまり「具現化」することで会社や社会の発展をくりひろげていっています。そのため、生活する上でも「具現化」という言葉はよく聞くものかもしれません。

「具現化」の語源は?

次に「具現化」の語源を確認しておきます。「具現化」は何かの言い回しがもとになってできたというより、ひとつひとつ意味を持った漢字が組み合ってできたものと考えるべきでしょう。「具現化」の、それぞれの漢字の意味は以下の通りにまとめました。

\次のページで「「具現化」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: