国語言葉の意味

「めげる」は標準語それとも方言?意味や使い方・類語などを語学系主婦ライターがわかりやすく解説

この記事では「めげる」という言葉を解説するぞ。
「めげる」とは「気力を失う」ことです。「難関校、難しい入試問題、めげずに頑張ろう!」とはげましたら、「先生、めげるって方言でしょう」ってつっこまれて一瞬ビビった。ちゃんとした標準語です、でも実は方言でもある。そんな「めげる」の詳しい意味、使い方を確認して使いこなせるようになろう。
今回、語学系主婦ライターの小島ヨウを呼んです。一緒に「めげる」の言葉を説明していく。

ライター/小島 ヨウ

言葉の使い方、漢字の意味に興味を持ち、辞典で調べまくるアナログ主婦ライター。分かりやすく、読みやすい文章を心がけている。

「めげる」の意味・使い方

image by iStockphoto

必死に勉強して臨んだ試験。しかし思い通りの点数が取れずがっくり、もうあきらめた……こんな気持ちを「めげる」と表現します。くわしい意味や使い方を説明していきましょう。

「めげる」の意味

まずは辞書で意味を調べてみます。

1.気力が失われる。負ける。ひるむ。
2.こわれる。欠け損じる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「めげる」

「めげる」とは気持ちがしぼんだり、物品が欠け壊れてしまったりすることを表現する言葉です。しかしながら使うのはもっぱら気持ちの方で、物の破損を表す場合はなじみが薄いように思います。それもそのはず、「めげる」を「こわれる」意味で使うのは兵庫や京都の近畿から中国・四国地方。すなわち方言なのです。

もともとは「こわれる」意味が主だったという「めげる」、語源をみてみましょう。

「めげる」の語源

「めげる」は「めぐ」という古語からの由来で「(硬いものが)こわれる」という意味、漢字であらわすと「滅ぐ」となるようです。「気力を失う」という意味で標準語となったのは比較的新しい時代。西日本で物がこわれる・欠けることを「めぐ・めげる」と表す方言が本来の意味、古くからの使われ方なのですね。

また、千葉県や神奈川県の一部では「やせる・衰える」といった意味で「めげる」が使われています

「めげる」の使い方・例文

意味が分かったのでさっそく使ってみましょう。

\次のページで「「めげる」は類義語たくさん!」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: