国語言葉の意味

「滞りなく」の意味や使い方は?例文や類語を日本語教師の大学院生がわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「滞りなく」について解説する。

端的に言えば滞りなくの意味は「トラブルなく順調に」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は、ロシアで2年間日本語教師として働いた大学院生ライターの「むかいひろき」を呼んだ。一緒に「滞りなく」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/むかいひろき

ロシアの大学で2年間日本語教師として働いた経験を持つ大学院生。その経験を武器に「言葉」について分かりやすく解説していく。

「滞りなく」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「滞りなく」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「滞りなく」の意味は?

残念ながら「滞りなく」の形では国語の辞書には載っていません。そこで、まずは「滞り」の意味を確認していきましょう。

1.物事が順調に進まないこと。「大会は―なく開催された」
2.期限が切れても金を支払わないこと。また、その金。「納税の―」
3.さしつかえること。さしさわり。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「とどこおり〔とどこほり〕【滞り】」

滞り」は「とどこおり」と読みます。そして「滞り」には3つの意味があり、どれも根底には「順調に進まない」というニュアンスがありますね。

そして今回ご紹介する「滞りなく」は、「物事が問題や遅滞がなく順調に進むこと」という意味です。日常会話ではあまり使われませんが、式典などのかしこまった場面やビジネス場面ではよく使用される表現ですね。

「滞り」の語源は?

次に「滞り」の語源を確認しておきましょう。

「滞り」は、10世紀終わりごろの清少納言の『枕草子』にて既に使用が確認できる古い言葉です。その「滞り」は「滞る」という動詞が名詞に変化した形だとされています。

ちなみに、「滞り」のもとになった「滞る」の語源は、「留まる(とどまる)」の意味の「トド」と、「固まってしまう」という意味の「凍・凝(コホル)」が合体してできた熟語ではないかと考えられていますね。

\次のページで「「滞りなく」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: