この記事では「空蝉」について解説していく。

「空蝉」は「蝉」の字の通り「蝉・蝉の抜け殻」を意味する言葉です。しかし、ほかにも「この世」「はかない」など多様な意味を持つ。「空蝉」と「はかない」がどうつながるのか、不思議に思う人も少なくないでしょう。

今回は大学で日本文学を専攻し、塾講師時代には国語の指導に力を入れていたというカワナミを呼んです。語源のほか、意味や例文・類義語などを一緒に見ていこう。

ライター/カワナミ

大学では日本文学を専攻。塾講師時代には国語の指導に力を入れていた。虫の蝉は苦手だが、言葉としての「空蝉」は趣があり好きだとのこと。

「空蝉」の意味・語源

image by iStockphoto

さっそく「空蝉」の意味と語源について見ていきましょう。

「空蝉」の意味は「この世、はかない」

「空蝉」(うつせみ)「虚蝉」とも書きます。辞書に記されているのは次のような意味です。

1 この世に現に生きている人。転じて、この世。うつしみ。

「いにしへもしかにあれこそ―も妻を争ふらしき」〈万・一三〉

2 《「空蝉」「虚蝉」などの字を当てたところから》蝉の抜け殻。また、蝉。《季 夏》「―を妹が手にせり欲しと思ふ/誓子」

「―の身をかへてける木このもとになほ人がらのなつかしきかな」〈源・空蝉〉

 

うつせみ【空蝉】[巻名]

源氏物語第3巻の巻名。光源氏17歳。源氏が空蝉の寝所に忍びこむが拒まれることなどを描く。

源氏物語の登場人物。衛門督えもんのかみの娘。伊予介いよのすけの後妻。源氏の贈った歌によってこの名がある。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「空蝉」

ほかにも、楽器の一種である「けい(磬)」の別称気の抜けた状態もぬけのからである様子遊女の髷能の演目など多様な意味があります。たくさんの意味があって混乱しそうですが、まず押さえておくべきは大きく3つ

1この世に現在生きている人。この世。
2蝉の抜け殻。蝉。
3源氏物語、第3巻の巻名。及び登場人物である女性の呼び名。

以上の3つが、現在でもよく使われる意味合いです。

1の「この世」とは、今現在生きている世界のことを指します。また、仏教の思想では、人間の生をはかないものとする考えがあることから、「はかないもの」というニュアンスも派生しました。
2の「蝉の抜け殻・蝉」という意味での「空蝉」は、夏の終わりの晩夏(ばんか)を表す季語でもあります。中身がすでに飛び去り残された抜け殻の様子や、蝉の命の最盛期に限りのあることなどから、暗にはかなさやむなしさを表現することが可能です。
3源氏物語の「空蝉」が指すのは、巻名と登場人物の女性の呼び名の2点。「源氏物語」という物語やこの女性については次の項目で詳しく説明します。

源氏物語の「空蝉」

「源氏物語」は国内外問わず読まれている長編物語です。平安時代中期紫式部によって書かれました。主人公の光源氏を通して、平安時代の貴族社会における恋愛模様や権力闘争を描いています。

「空蝉」と呼ばれるのは、第3巻そのものと、そこに登場する女性です。第3巻において最も象徴的な場面は、女性が光源氏の求愛を拒み薄衣一枚を残して逃げ去るシーン。その様子を、光源氏が蝉の抜け殻になぞらえて歌にしたことに由来します。思いを遂げられず、むなしい心の状態も「空蝉」に含まれていることがうかがえますね。

「空蝉」の語源は「うつしおみ」蝉との関連は?

いろいろな意味を持つ「空蝉」ですが、語源は「現臣」(うつしおみ)「現実この世界に生きている人間のこと」という1つの意味でした。「臣」(おみ)とは人のこと。仏教の思想に、この世に存在する人間はむなしくはかない存在だというものがあり、そこから「この世」「はかない・むなしい」といった意味が派生しました。

読みの「うつしおみ」は「うつそみ」→「うつせみ」と次第に変化。「空蝉・虚蝉」の漢字は後から当てはめられました。蝉の抜け殻が中身を失い空っぽになる様子が、心や魂を失うことで「はかない・むなしい」といったニュアンスと重なったことが由来と考えられます。これに伴って「蝉・蝉の抜け殻」そのものを表すようにもなりました。

「空蝉」の使い方・例文

image by iStockphoto

「空蝉」の使い方を、例文を参考に見ていきましょう。

「空蝉」の使い方

「空蝉」を用いることで、「この世」や「蝉の抜け殻」などそのものの意味に、さらに「はかない・むなしい・空っぽ」といったニュアンスが上乗せされます。日常的に使うと、ややわざとらしく聞こえてしまう場合もあり、耳にする機会は少ないでしょう。しかし季語として俳句や短歌に使ったり、文学作品において感傷的な様子を伝えたいときに使うと、効果抜群です。

\次のページで「「空蝉」を使った例文」を解説!/

「空蝉」を使った例文

1告白したものの振られてしまった。空蝉には、どうしてこんなにも悲しい出来事があるのだろう。
2静かな森の木々には、いくつもの空蝉がひっそりと残されていた。
3希望の学校に合格したものの、次の目標が見つからず心が空蝉のようになってしまった。

1は「この世・現世」としての「空蝉」です。告白に失敗し、自分の生きているこの世界にはどうしてこんなに悲しい出来事があるのか、と悲嘆にくれる様子を「空蝉」と表現しています。想いが遂げられなければ、むなしい気持ちにもなりますから、「空蝉」はぴったりの表現ですね。

2は「蝉の抜け殻」としての「空蝉」の使い方。森の静けさと、すでに中身はどこかへ行ってしまった抜け殻が鳴きもせずそこにある様子が重なり、ただ「蝉の抜け殻」と表すよりも、より叙情的になっています。

3で使われているのは「むなしい・空っぽ」という意味です。やる気や情熱といった中身がどこかへ行ってしまい、成虫が脱皮した後の蝉の抜け殻のように空っぽになったことを「空蝉」が伝えます。

「空蝉」の類義語

image by iStockphoto

「空蝉」の類義語について見ていきましょう。

「この世」:今生きている世界

「この世」とは今、生きている現実の世界のことを意味する言葉です。今世(こんせ)・現世(げんせ)・うつし世(うつしよ)とも言います。いずれの言い方も同じ意味です。ただし、「うつし世」は文章を書くときに多く使われ、話し言葉ではほとんど登場しません。「うつし世」は頼りないもの、はかないものというニュアンスも含みます。

\次のページで「「空虚」:空っぽなこと・むなしいこと」を解説!/

「空虚」:空っぽなこと・むなしいこと

「空虚」(くうきょ)の意味は、2つあります。1つ目は物理的に中身がない空っぽの状態や、その様子。2つ目は実質的な中身や価値がないことや、心が空っぽの状態になりむなしいこと物理的にも実質的にも、空っぽの状態を指すという点で「空蝉」の類義語と言えます。

「空蝉」の対義語

続いて「空蝉」の対義語です。類義語の項目で「この世」 を説明したことから、ここでは「この世」の対義語ともなる言葉をご紹介します。

「あの世」:死んでから行く世界

「あの世」とは死んでから行く世界のことです。同じ意味で、来世(らいせ)・後世(ごせ)・冥土(めいど)とも言います。前世・現世・来世は三世(さんぜ)と呼ばれ、仏教的な思想を含んだ言葉。人間はこの3つの世界を生き続けると考えられています。

「空蝉」の英訳

「空蝉」は多様な意味を持つ言葉です。すべてを表す英語は存在しないため、1つ1つの意味ごとに当てはまるものをご紹介します。

「the real world」「cicada」「Utsusemi」

「the real world」は、現実世界と訳されます。今、生きているこの世界のことですから「この世」ということになり「空蝉」の意味とも繋がりますね。「蝉」という意味での英訳は「cicada」です。昆虫の蝉を意味します。また「cicada shell」とすると、蝉の抜け殻という表現です。そして、そのままローマ字で表すのは、「源氏物語」や能の演目としての「空蝉」。ちなみに「源氏物語」は「The Tale of Genji 」となります。

英語での表現には、「はかない・むなしい」というニュアンスは含まれません。純粋に単語そのものを表します。

「空蝉」で気持ちを豊かに表現する

この記事では「空蝉」の意味・語源・使用例・類義語などについて解説しました。実はたくさんの意味を持っていたことに驚かれたのではないでしょうか。

「この世」「蝉・蝉の抜け殻」「源氏物語に登場する女性」など、いずれの意味もそのものを言い表す言葉があります。わざわざ「空蝉」と表現するのは一見わずらわしいかもしれません。しかしそうすることによって、言葉では語り尽くすことの難しい「はかなさ」や「むなしさ」という感情を、すんなりと相手に伝えることができるのです。「空蝉」が登場する場面では、そういった繊細な感情がともなうことを理解しておきましょう。すると、相手の気持ちや文学作品への理解を、より豊かに深めることができるでしょう。

" /> 「空蝉」の語源は「うつしおみ」蝉との関連は?意味や例文・類義語とともに元塾講師ライターがわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

「空蝉」の語源は「うつしおみ」蝉との関連は?意味や例文・類義語とともに元塾講師ライターがわかりやすく解説!

この記事では「空蝉」について解説していく。

「空蝉」は「蝉」の字の通り「蝉・蝉の抜け殻」を意味する言葉です。しかし、ほかにも「この世」「はかない」など多様な意味を持つ。「空蝉」と「はかない」がどうつながるのか、不思議に思う人も少なくないでしょう。

今回は大学で日本文学を専攻し、塾講師時代には国語の指導に力を入れていたというカワナミを呼んです。語源のほか、意味や例文・類義語などを一緒に見ていこう。

ライター/カワナミ

大学では日本文学を専攻。塾講師時代には国語の指導に力を入れていた。虫の蝉は苦手だが、言葉としての「空蝉」は趣があり好きだとのこと。

「空蝉」の意味・語源

image by iStockphoto

さっそく「空蝉」の意味と語源について見ていきましょう。

「空蝉」の意味は「この世、はかない」

「空蝉」(うつせみ)「虚蝉」とも書きます。辞書に記されているのは次のような意味です。

1 この世に現に生きている人。転じて、この世。うつしみ。

「いにしへもしかにあれこそ―も妻を争ふらしき」〈万・一三〉

2 《「空蝉」「虚蝉」などの字を当てたところから》蝉の抜け殻。また、蝉。《季 夏》「―を妹が手にせり欲しと思ふ/誓子」

「―の身をかへてける木このもとになほ人がらのなつかしきかな」〈源・空蝉〉

 

うつせみ【空蝉】[巻名]

源氏物語第3巻の巻名。光源氏17歳。源氏が空蝉の寝所に忍びこむが拒まれることなどを描く。

源氏物語の登場人物。衛門督えもんのかみの娘。伊予介いよのすけの後妻。源氏の贈った歌によってこの名がある。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「空蝉」

ほかにも、楽器の一種である「けい(磬)」の別称気の抜けた状態もぬけのからである様子遊女の髷能の演目など多様な意味があります。たくさんの意味があって混乱しそうですが、まず押さえておくべきは大きく3つ

1この世に現在生きている人。この世。
2蝉の抜け殻。蝉。
3源氏物語、第3巻の巻名。及び登場人物である女性の呼び名。

以上の3つが、現在でもよく使われる意味合いです。

1の「この世」とは、今現在生きている世界のことを指します。また、仏教の思想では、人間の生をはかないものとする考えがあることから、「はかないもの」というニュアンスも派生しました。
2の「蝉の抜け殻・蝉」という意味での「空蝉」は、夏の終わりの晩夏(ばんか)を表す季語でもあります。中身がすでに飛び去り残された抜け殻の様子や、蝉の命の最盛期に限りのあることなどから、暗にはかなさやむなしさを表現することが可能です。
3源氏物語の「空蝉」が指すのは、巻名と登場人物の女性の呼び名の2点。「源氏物語」という物語やこの女性については次の項目で詳しく説明します。

源氏物語の「空蝉」

「源氏物語」は国内外問わず読まれている長編物語です。平安時代中期紫式部によって書かれました。主人公の光源氏を通して、平安時代の貴族社会における恋愛模様や権力闘争を描いています。

「空蝉」と呼ばれるのは、第3巻そのものと、そこに登場する女性です。第3巻において最も象徴的な場面は、女性が光源氏の求愛を拒み薄衣一枚を残して逃げ去るシーン。その様子を、光源氏が蝉の抜け殻になぞらえて歌にしたことに由来します。思いを遂げられず、むなしい心の状態も「空蝉」に含まれていることがうかがえますね。

「空蝉」の語源は「うつしおみ」蝉との関連は?

いろいろな意味を持つ「空蝉」ですが、語源は「現臣」(うつしおみ)「現実この世界に生きている人間のこと」という1つの意味でした。「臣」(おみ)とは人のこと。仏教の思想に、この世に存在する人間はむなしくはかない存在だというものがあり、そこから「この世」「はかない・むなしい」といった意味が派生しました。

読みの「うつしおみ」は「うつそみ」→「うつせみ」と次第に変化。「空蝉・虚蝉」の漢字は後から当てはめられました。蝉の抜け殻が中身を失い空っぽになる様子が、心や魂を失うことで「はかない・むなしい」といったニュアンスと重なったことが由来と考えられます。これに伴って「蝉・蝉の抜け殻」そのものを表すようにもなりました。

「空蝉」の使い方・例文

image by iStockphoto

「空蝉」の使い方を、例文を参考に見ていきましょう。

「空蝉」の使い方

「空蝉」を用いることで、「この世」や「蝉の抜け殻」などそのものの意味に、さらに「はかない・むなしい・空っぽ」といったニュアンスが上乗せされます。日常的に使うと、ややわざとらしく聞こえてしまう場合もあり、耳にする機会は少ないでしょう。しかし季語として俳句や短歌に使ったり、文学作品において感傷的な様子を伝えたいときに使うと、効果抜群です。

\次のページで「「空蝉」を使った例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: