国語言葉の意味

「窈窕」の意味や使い方は?例文や類語を元新聞記者が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「窈窕」について解説する。

端的に言えば、窈窕の意味は「美しく、しとやか」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元新聞記者で、ライター歴20年のトラコを呼んだ。一緒に「窈窕」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

akitabi

ライター/トラコ

全国紙の記者を7年。その後、雑誌や書籍、Webでフリーの記者などとして活動中。文字の正確さ、使い方に対するこだわりは強い。

「窈窕」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速、「窈窕」の意味や語源・使い方を見ていきます。辞書や辞典などを使い、意味や読み方をまず調べましょう。

「窈窕」の意味は?

窈窕」には、次のような意味があります。

[ト・タル][文][形動タリ]美しくしとやかなさま。上品で奥ゆかしいさま。「窈窕たる淑女」「そこには一種のなんとなく―たる雰囲気があった」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「よう-ちょう【窈窕】」

まず、「窈窕」という言葉を聞いたのは初めて、読み方も意味もまったくわからないという人も多いでしょう。窈窕は「窈」「窕」ともに、漢検1級レベルの難読漢字です

窈窕は「ようちょう」と読みます。美しくしとやか上品で奥ゆかしい、といった意味です。

ビジネスでも私生活でも、普段はなかなか使わない言葉かもしれません。しかしながら、正しい意味をしっかり知ると、その言葉が持つ素敵さが醸し出されている印象を受けるため、窈窕という言葉、ぜひ知っておきましょう。

「窈窕」の語源は?

次に、「窈窕」の語源を確認しておきましょう。

四字熟語に「窈窕淑女」(ようちょうしゅくじょ)という言葉があります。この窈窕淑女は「詩経」の周南・関雎(かんしょ)に収録された詩「關關雎鳩 在河之洲  窈窕淑女 君子好逑」が出典元です。

中国にかつてあった国「周」の王妃を指します。窈窕淑女の意味は、品行や徳行、奥ゆかしさを備え、しとやかで艶やかな美しい女性、です。

加えて、日本語に「窈窕たる淑女」という言葉があるのも、合わせて覚えておきましょう。

「窈窕」の使い方・例文

続いて、「窈窕」の使い方を、例文を使って見ていきましょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
akitabi