国語言葉の意味

「所為」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「所為」について解説する。

端的に言えば所為の意味は「原因」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

情報誌系のライターを10年経験した柊 雅子を呼んです。一緒に「所為」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/柊 雅子

イベントの司会や雑誌の記事作成を仕事としてきたライター、柊 雅子。「自分の失敗を他人の所為にする人間が増えた」と感じている彼女が「所為」について解説する。

「所為」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「所為」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「所為」の意味は?

「所為」には、次のような意味があります。

1.しわざ。振る舞い。

2.そうなった原因・理由。せい。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「所為」

「所為」の一般的な読み方は「せい」。日常の会話でよく使う「〇〇は××のせいだ」というあの「せい」です。しかし読み方は「せい」だけではありません。「所為」には「せい」の他にも読み方があるのです。

「〇〇の所為で××になった」というように物事の「原因」や「理由」を示す場合は殆ど「せい」と読みますが、「仕業」や「振る舞い」といった意味を表す場合は「せい」だけではなく「しょい」「そい」と読みます。このように「所為」という単語には三種類の読み方があるのです。

「所為」の語源は?

次に「所為」の語源を確認しておきましょう。

「所為」は漢文で用いられていた言葉です。漢文では「しょい」「そい」と読まれていたものが後に変化して「せい」になったと言われています。

「所為」を読み下すと「為せる所(なせるところ)」。「為せる」の意味は「おこなった」、「所」の意味は「事柄、こと」。なので「為せる所」「おこなったこと」という意味になり、これは「仕業」「振る舞い」という言葉につながりますね。また「おこなったこと」により「結果」が生じることになり、「原因」という意味の「所為」につながっていくわけです。

\次のページで「「所為」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: