国語言葉の意味

「あぐねる」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「あぐねる」について解説する。

端的に言えばあぐねるの意味は「手段に困る」ことですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元高校国語科教員のminを呼んです。一緒に「あぐねる」の意味や例文、使い方などを見ていきます。

ライター/min

高等学校の国語科教員として、授業や受験対策、小論文の講座を3年間経験。主に現代文を担当し、言葉に関する指導を幅広く経験してきた。現在はWebライターを目指して勉強中。

「あぐねる」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 56895478

それでは早速「あぐねる」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「あぐねる」の意味は?

「あぐねる」には、次のような意味があります。

倦ねる
読み方:あぐねる

何らかの困難があって、物事を思うように進められずにいるさま。または、持て余している様子。動詞に付いて「〜しあぐねる」の形で用いることが多い。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

物事がうまくいかず、どうしたらいいかわからない」という感情を表現する意味で用いられます。なるべくこんな状況には陥りたくないものですね。

また、「探しあぐねる」のように、動詞の連用形とセットで使用されることがほとんどですので、覚えておきましょう。

「あぐねる」の語源は?

より深く理解するために「あぐねる」の語源を確認しておきましょう。

「あぐねる」は漢字で表記すると「倦ねる」と表記されます。この漢字の由来を見れば、「あぐねる」の意味が見えてくるのです。

」は、「にんべん」が表す「」と、「」という漢字がセットになっています。「巻」という漢字をよく見てみてください。人が膝を曲げているような形に見えてきませんか?「巻」は、そんな様子からできた象形文字です。

」は更にそこへ強調するように「人」という漢字が付いたことで「怠ける」「疲れる」「うずくまる」「手段に困る」といった、膝を曲げてしまうような状況の意味が付加されていったと考えられます。その中でも「あぐねる」は、動詞の連用形と一緒に使われることで、何かが行き詰まった状況を示す表現として定着したのです。

\次のページで「「あぐねる」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: