国語言葉の意味

「旧知の仲」の意味や使い方は?例文や類語を現役塾講師がわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「旧知の仲」について解説する。

端的に言えば「旧知の仲」の意味は「古くからの知り合い」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

語学好き・英語好き・読書好きなライターくふを呼んだ。一緒に「旧知の仲」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/くふ

語学好き・英語好き・読書好きなライター。学習塾での経験を活かし分かりやすく丁寧な解説をお届けする。

「旧知の仲」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「旧知の仲」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「旧知の仲」の意味は?

「旧知の仲」には、次のような意味があります。辞典などで正確な内容を確認しましょう。

1.古くからの知り合い・昔なじみ

出典:デジタル大辞泉(小学館)「旧知の仲」

あなたには子どもの頃から良く知っている友人や知人はいるでしょうか。信頼できる友人がいると心強いですね。「旧知の仲」とは「古くから知り合いの間柄にある人・昔からのよく知っている人・昔馴染みの人」の意。読み方は「きゅうちのなか」です。子どもの頃からよく知っている友人や付き合いが長い知人を示す言葉でしょう。

「旧知の仲」の語源は?

次に「旧知の仲」の語源を確認しておきましょう。「旧知の仲」の「旧」とは「古い・昔」の意。「知」は「相手を知っていること・知り合い」を示していますよ。この二つの漢字が組み合わさり「旧知の仲」=「昔から知っていること・以前から知っている親しい関係の人」という意味を表していますよ。漢字辞典などで漢字の意味を1つずつ調べてみるとても勉強になるでしょう。

\次のページで「「旧知の仲」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: