国語言葉の意味

エモいとは違う?「感傷に浸る」の意味や使い方・例文・英語表現・対義語もwebライターがわかりやすく解説!

この記事では、「感傷に浸る」について解説する。
「感傷に浸る」って聞くと、悲しそうな顔して考え込んでいる姿が目に浮かぶ。ですが「感傷に浸る」ときって、実際に悲しいことがあった瞬間だけじゃないよな。感覚的には言葉の意味を理解しているつもりですが、いざ説明してみろって言われると困っちまうやつも多いでしょう。
今回は夕焼けなどの景色や、秋口の涼しさに感傷に浸りやすいライターである、ぷーやんを呼んです。「感傷に浸る」の意味と使われ方について、説明してもらう。

ライター/ぷーやん

webライター歴6年。鍛えられた語彙と文章力は本業でも発揮され、社内ルールの書き換え担当に。学生時代のクレペリン検査で「感受性が強い」と判定されたように、感傷に浸りやすい性格を持つ。

「感傷に浸る」の意味を精確につかもう

image by iStockphoto

意味を紹介する前に、「感傷に浸る」の読み方は「かんしょうにひたる」です。それでは、「感傷に浸る」について解説していきます。

辞書にみる「感傷に浸る」

「感傷」と「浸る」にわけてみていきましょう。まずは「感傷」から。

1 物事に感じて心をいためること。「そう思うと、なんだか―の情に堪えない」〈藤村・家〉
2 物事に感じやすく、すぐ悲しんだり同情したりする心の傾向。また、その気持ち。「―におぼれる」「―にひたる」
出典:デジタル大辞泉(小学館) 「感傷」

2の意味の使用例に、「―にひたる(浸る)」とありますね。これをもう少し噛み砕くと、「悲しみを感じやすいこころ」と言えそうです。次に「浸る」を辞書でみてみましょう。

[動ラ五(四)]
1 水などの中に入る。つかる。「温泉に―・る」「床下まで水に―・る」
2 ある状態や心境にはいりきる。「毎日酒に―・る」「喜びに―・る」
出典:デジタル大辞泉(小学館) 「浸る」

こちらは「心境にはいりきる」とある、2の意味が当てはまりそうですね。先に示した「感傷」の意味と合わせて、「感傷に浸る」は、「悲しみやすい心境にはいりきる」心理状態ということになります。要は、「あらゆる刺激を悲しむ方向に受け取りがち」な心理状態ということ。

\次のページで「「感傷に浸る」の使い方を例文で紹介!」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: