国語言葉の意味

「うだうだ」の意味や使い方は?例文や類語をプロダクション編集者がわかりやすく解説!

その2「うっかり」

「うっかり」は行動をする際、精神的に散漫になっている様子を表し、主体が精神的に散漫になっている結果、不用意・不注意な状況になっていることを反省する暗示があります。ですが、その場限りの散漫さであり、惰性によって長期間を無為に過ごすという場合には「うかうか」を用いますよ。「うっかりミス」や「うっかり者」の形では名詞の用法になります。「うだうだ」との違いは主体が精神的に散漫になっている結果、不用意・不注意な状況になっている点でしょう。

その3「ぼやぼや」

「ぼやぼや」は思考が不明瞭になって集中していないことについて焦燥を感じる様子を表します。また、主体の思考が不明瞭になって集中できず事態に的確に対処できない様子を、話者が見て焦燥を感じる様子を表し、不快・怒りの暗示もありますよ。

「ぼやぼや歩いていると車にひかれるよ」などは単独で述語にかかる修飾語になりますし、「経験者だからといってぼやぼやしていると、若手に追い抜かれてしまう」では「…している」が付いて述語になりますよ。ちなみに「ぼやぼや」は「ぼやっ」の状態形ですが、話者の焦燥・怒りの暗示はより強くなります。なお「うだうだ」との違いは、主体の思考が不明瞭になって集中できず事態に的確に対処できないという点でしょう。

「うだうだ」の対義語は?

「うだうだ」と反対の意味を持つ言葉をご紹介します。さっそく見ていきましょう。

その1「せっせ」

「せっせ」は他のことを考えずに一心に行動する様子を表します。ふつう単一の行動を反復して一心に行う様子を表し、一心不乱・真面目・勤勉の暗示がありますよ。例えば「ミツバチは蜜を求めてせっせと飛び回る」などが基本的な用法であり、また「そんなにせっせと貯めこんでどうするの」などは主体が一心に貯金に励んでいるのを話者が揶揄している状態です。ちなみに「せっせせっせ」という表現は協調形。なお「せっせ」は「しこしこ」に似ていますが、「しこしこ」はさらに見る者の揶揄の暗示が強くなり、ややマイナス寄りのイメージの語になります。

その2「ばりばり」

「ばりばり」は精力的に働く様子を表し、有能・精力(エネルギー)・最盛期の暗示があります。「若い頃はばりばり仕事をこなしたものだ」などは単独で述語にかかる修飾語になりますし、「ボンズは現役ばりばりの大リーガーだ」では「の」が付いて名詞にかかる修飾語になりますよ。ここでは「うだうだ」の対義語として「ばりばり」について説明しましたが、「ばりばり」は他にも硬くて薄い物が連続して破壊される音や、物の表面に非常に強い張力が働いている様子を表す擬態語でもあります。

「うだうだ」の英訳は?

image by PIXTA / 64591222

「うだうだ」の英訳にはどのようなものがあるのでしょうか。英語で「うだうだ」と言い表す時の例をさっそく見ていきましょう。

\次のページで「「going on and on」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: